投稿日:

難しい猫は自分自身

難しい猫

いままでで一番難しい猫シッターは、今やってる4匹猫、そのなかでも黒豹みたいな猫は、すごい食べ物に執着しててとよものご飯をとりにくる、他の猫のご飯を奪う、なのでシッター中は落ち着いてご飯が食べれない。猫は全て、シドニー捨て猫保護協会から引き取った猫たち。きっと捨て猫時代にひもじいおもいしながら、必死で食べ物探してた時の想いがまだくっきり記憶にあるんやろね。

そんな黒豹にガラスの保存容器割られたりしてとよもはもう、やめてぇや!この猫悪い、嫌いとかいう感情をふりき、言葉にも出してた。うおりゃー

黒豹は寝る時もクッションとか箱のなかとかでなく、ゆかに倒れるように寝る。しブラッシングも大嫌い。抱くことはできるけどいつも他の猫ともパンチの応酬でおたがいに毛繕いとかしてるのみたこともない、孤高な黒豹。

それが今回シッター3回目で、黒豹がすこしおちついていて隣の猫のドライフードも皿から落ちたものをばしっ!と押さえて自分のところに持ってきてたべるくらいで、横から顔突っ込んで食べにいったりしなくなってた。なのでとよもも『おおええかんじやんか、成長したなぁ』といいなんだか黒豹が愛おしくなってきた。

そして今朝おきたら、ベットの端っこで黒豹が寝てるやんか!そのうえごはんのときも、とよもの足元にゴロンして足にじゃれるいてくるやんか!なにこの変化。

ははっーん

黒豹が大人になったからとよもの嫌い波動が出なくなった。なので黒豹も心が開いてきたんやな。

ははっーん

それってとよも自身の中で起こってることと一緒ちゃうん。

自分の嫌なところを、あからさまに嫌がり嫌い波動を自分に向けて出すと、自分が自分たいして閉じこもる。そのことを自分ではわからんままにそういうことが普通におこなわれててそれがほんまのじぶんやとおもて日々反省したり、ああやってしもたーとわかった瞬間するりとそれを他の何かのせいにする術つこたり、ほんでまた嫌われたなぁとかじゅくじゅく考え、自分を正当化してみたりそんなことの繰り返し。

じぶんのなかに黒豹つくっておりにいれたまま、悪いエネルギー自分に向けてだしてた、あかんやんそれ。

自分のことは悪かってもなんでも、それでええんやって受け止めてあげると不思議と、日々微妙に進化していくみたい。

そのようにしてとよもも自分の黒豹にそのままでええやんかと言い、嫌い波動消滅。

世の中に悪いものって考えたらみんな人間の考えできめる。動物には動物の本能があり、その動物と一緒に暮らしてる人間は動物の本能を理解せなあかんよね。

人間にもうもれてるけど本能あるし。

黒豹ありがとう。

投稿日:

タンポポの綿毛をふぅーってふくみたいに自由にほわほわ

二人展のオープニングは人でぎゅうぎゅう。

用意したワイン12本と黒パン、ホールミールパン、スモークサーモン、チーズ、クラッカー、ピクルス、人参とコリアンダーと昆布のサラダ、フルーツサラダ。きれいに無くなったー。

それというのも、もう一人のアーティストShigemi Nakamura-Simmsさんは大学で奈良美智さんが先輩で、よく一緒に飲みに行ってたという。その後ロンドンに留学し帰国後も有名雑誌社でとよももずっと読んでた雑誌のデザインをし、オーストラリアに移住。そこでとよもがシドニーで働いていたデザイン会社で出会ったのでした。なので彼女の人脈は有名な人多し。シドニーでの交友関係もひろーい。

会場として使わせてもらった Atelier by ReNCOUNTER  は、地球にじぶんにやさしいライフスタイルを探している人々の為の空間として創られ。その関係の日本の本や雑誌、雑貨をセレクト。お茶をのみながらゆっくり好きな本を読めそのうえヘアカットもできるという多目的空間。正面のおおきな半円の白い窓や、インテリアもほどよくおしゃれでいつも自然な空気が流れてる心地よく軽く日常からワープできる。こんなとこに住みたいなぁ〜

オープニングの日のお昼に始めて二人ともがお互いの作品を見て、すぐにどういう風にレイアウトするか決めて2時間もかからないうちに完成。一緒に並べた瞬間からなにやらほんわりした空気がかもしだされて、ごく自然になにもかもがながれて、終ってちょいはなれて見て、ええやんってよろこび合う二人。

二人共に、いままでもってて消化しきれなてかったことがらなどがあって、制作に没頭することで素のじぶんにもどってどんどん自分の中におりていってこびりついてた何かをかきだすような作業をしたような。それで完成したお互いの作品を同じ空間においた瞬間掻き出した物がタンポポの綿毛をふぅーってふくみたいに自由にほわほわ。

投稿日:

明日からシドニーで二人展

もう明日や。。

今回光を透過しやすい磁器粘土(そんなふうによぶのか?)で作品のなかにLEDライトをいれてほんわり光る動物を15個くらいつくるともりが、ライト入れたのは3つだけというしょぼい現実。陶芸は週一回教室に行って製作して、素焼きして、釉薬かけて、本焼きしてって時間がかかる。素焼きや本焼きは釜いっぱいになるまで焼かないからできてもすぐに焼きあがらないし。といういいわけとかしてもむなしい。

ほしいものおといあわせがあればコメントまたはメールでおしらせください。

明日売れてしまってたらごめんなさい。

白いバンビは身体が厚すぎて光を透過してないから足になってるクリスタルが光ってやけにめだつし。。

クリスタル足の鹿と蓋物の鹿は手の平サイズで$110

鳥は$60

 

 

青い鳥花瓶$90

親子の白熊$90

親子のシロクマと狛犬$90

白鳥ボウル30センチくらい。$90

鳥ボウル$90

鳥ボウルミディアム$90

小鳥つきボウル20センチくらい。$90

白鳥鉢手のひらサイズ$50

鳥ボウル$40

鳥ボウル2$40(白鳥鉢手のひらサイズよりおっきいけど、釉薬の色にムラができてるので)

コヨーテぐい呑$40内側は茶色の釉薬が変に流れてます。

きのこぐい呑$40お気に入りでもどうしてもきのこが、、おれやすい。。

水色シロクマ$30足短い

投稿日:

おおきくなって帰って来たやまちゃん

きのうから、庭に降りる階段の付近にマグパイをみかけてて、今朝もなにかカサカサ音がするので忍び足て庭にいってみつけたとたんに記憶がよみがえった。

『やまちゃん、帰ってきたんか!』

とよもはいつも、猫とか鳥とかに出会うとかってになまえが口から出てくる、バルメインの猫やまだくんや、しもじくん。からすのエレエレとか。

やまちゃんにマンゴーの皮さしだすと、階段のとこまで飛んで来て、とよものほうをじっとみてる。

憶えているんや。

12月3日のブログにもかいた、まだ羽もはええそろわなく自力生活訓練中で、ひーひーないてとよもにくっついてきたやまちゃん。水につけたミューズリーを必死で食べてたやまちゃん。

ちょっと立派になって、もうばんばん飛べるで!

あーすごいうれしい!ありがとうやまちゃん。

そういえば昨日拾ったマグパイのはねたばねて、枝にくくって自然の筆をつくってた。それで陶芸の釉薬とか塗ったら面白い模様になるかなとかおもって。黒い羽のもちぬし、それをひらうとよも、かえってきたやまちゃん。ループや循環やなんかのいりぐちかここれは。。。

投稿日:

雲にのっていくとこまで

今朝急に

2007年におかんから借りてた携帯を充電して見てみた。その時のメールと写真、そのなかにはとよもが日本でおかんの看病してるあいだ、シドニーできーつのお世話してくれたともだちが送ってくれたきーつの写真もあった。携帯一個で時間をワープした。

ここはどこ?見たいな気分。

2007年おかん、2010年おとん2011年きーつとみんな亡くなってその4年は特に回りの人たちに助けられてたんやなぁと今はおもう。

もっとさかのぼれは、1993年に始めてシドニーに仕事みつけて、グラフイックデザイナーとして働き始めた時に、ともだちがとよもの誕生日にきーつを連れて来てくれた。

これがその日撮影したものでプリントが残ってたのでそれをさっき複写した。

きーつってけっこういつも、何か悩んでるようなかおしてることおおかったけど、子供の時からそんなふうな表情してる。

そしてこれが、18年後病気になって寝ているきーつ。

元気だった頃バルメインの我が家で

このバックの絵は自分で描いて気に入ってたけどマウントクーリンガイに引っ越しのとき車に積みきれなくてすててきた。上にも黄色い鹿がいる。2匹が一個に重なってる。

今日マウントクーリンガイの家が売りに出された、家主のじいちゃんが去年7月に亡くなってばあちゃんは今ゴールドコーストのじいちゃんの姪の家で暮らしてるというか、ほとんどベッドで寝ている。ので母屋は空のままだったからね。すこしのあいだ、じいちゃんの親戚が住んでたけど。。

この家が誰かに買われたら、とよもはここから出て行かなあかんことにもなるかなぁ。

人生って流れる雲にのってるようなこと?

いったいどうなるがだれにもわからない。そんならそこからみえるものやら触れる物やらの出会いにはありがとうとおもいその今見えてることしてることだけに集中してたらええということかな。

3月19日から30日まで友達と二人展をニュートラルベイのそば屋さん新橋の2階の

Atelier by ReNCOUNTER

シドニー以外に人にも買えるようにします。

 

投稿日:

虹をみつけた猫

ダブルレインボー見た!ラッキーとかよくいわれるけど。朝に庭にシャワーみたいなので空に向かってみずまいてると、いつもそこには虹がある。水の反射がないとみえないけど虹はいつもそこにある。なんかすべてがそうなんちゃうんっておもった。みえないだけでそこにはすべてがある。おわり

おっ!うっすらと見えるで、虹。
投稿日:

犬のせいとちゃうちゃう

犬の散歩で迷子に

知らない街で犬に連れられるまま歩き続けて帰り道がわからなくなる、今朝も頭のなかでは記憶してるつもりが、うまくつながらず。あれっ違う街まできてしまった!とおもいながら歩いてると何か見覚えのあるような、あっ!いつもの知ってる街。

というのも、いつもはその道を例えば東西に行って帰るだけ、でも今日はいつもは行かない南の脇道からメインストリートにはいったから、違う街に見えた。

それはきっと、とよもの脳のなかにはいつも歩いてる方向からの画像しか記憶されてなくて反対の道から見た画像は同じ店でも違うとこですって脳が判断するんやって気がついた。

ほんま?これってとよもだけ?

最近、道以外でも、そういうことがいろいろおこる。

友達が、こうこうこうでとよもは何もせんでもいいでって書いてるのに。そうかとよもがせなあかんねんやっておもってそのともだちにそういぅたら、違うよわたしがしてるから大丈夫っていうやん。

これにはざーーってなったね。こりゃあやばいぞとよもの理解力。

文章読んでても、猫がと書いてたらあとは自分の記憶や過去の経験で考えでかわいいとか先回りして文章があたまのなかにでてきてて、本当の文章読んでるようで読んでない。

妄想文庫

会話でもそう、苦手な英語ではいつも自分の英語がまちがえて伝わるに違いないって思い込んでるから、相手が自分の思ってる答え方でない場合は即座に相手が自分の言ってること勘違いしてるとおもって、ちがうねん!っておもてしまう。。

こういうじぶんのからまわりがやっとわかった今日この頃。

単純に言えば人の言うこと全然聞いてないやんってこと。

今までなんとなくそう言われ続けてたけどやっとほんまに、そうや!ってわかってびっくり。

そんなとよものシッター先にあった本。

昔からよく読んでた、ホ・オポノポノというハワイに伝わる伝統問題解決方法。

記憶を手放してゼロの状態になるには

ありがとう、ごめんなさい、ゆるしてください、あいしていますって自分のなかのほんまの自分に呼びかける。

いつも読んでるブログほっこりとりーとの中の

youtube でその伝道者のひとりイハレアカラ・ヒューレンの動画で見ながらやってみたらなんか頭が締め付けられるような感じがした。

ホ・オポノポノ

それからシッターの犬の散歩に行く時いつも、首輪をつけるのに逃げ回るのに、今日は首輪をみせるとゆっくり匍匐前進して首輪をつけさせてくれた、これはとよもの記憶、この子はいつも首輪をつけるのを嫌がるっていう過去の記憶が消されたからかなぁ。

えええーっ

散歩迷子はいつも僕のせいになるねんけど、ちゃうで。

 

投稿日:

純粋なかたがたからのおぼし飯

新年あけましておめでとうでござる。

31日の花火をテレビで見ることもなくぐーぐー寝てしまい。

元旦には友達親子あそびにきてくれて、とよもの茶色い煮物とスモークサモン入り卵サラダ、大根とコリアンダー酢の物、オイルサーディン餃子をつくったけど、どれもお正月感なし。

それで昨日、シッターのおきゃくさーまからのお誘いてお家に行ったら。

なんとまぁ

お雑煮とちらし寿司がたっぷり盛られたお昼を用意してくれていて、あああーここ数年感じたことのないお正月気分をゆっくり食べなから味わせてもらいました。感謝感激ありがとうございます。手ずくりストロベリーウオッカもかっ!といただきました。

昔は家で白味噌のお雑煮だったけど、おすましも美味しい。

だいたいお餅苦手やったのに、なんのその完食。

去年クリスマスにもシッターのお客様にクリスマスランチのお呼ばれ2回あって仕事の関係でここまで親切にしてもらえる体験は初めてでなんかうれしい。

ということでペットシッターは3年越しで、とよものメインジョブに成長。

こういう純粋なかたがたの存在のおかげで、とよもの生活はちょっとらくになってきています。

投稿日:

ほそーくつづいてる pass me a smile

そっくり写真みたいにそのままでない、とよものフェルト猫。

毎回しっぱいしたり、目の位置は絶対3回くらいやりなおしてる。

だんだんわかってきたのは目と顔と鼻周りのバランスがかなり大切なポイントということ。ねこによって鼻というか口をふくめた部分がよくみるとバランスがそれぞれちがう。そこができてないと、他をいくら修正してもこころがはいらない。こころがはいるとフェルト猫はだんだん誇らしげな雰囲気をかもしだしてくる。毎回こんな効率悪い仕事はもうやめたい(自分に技術がないからやのに他のせいみたいに思い込む性格)とかいう気持ちがこころをよぎるけど、完成してオーダしてくれた人からの声が届いた時、なんともいえない気分になる。

2008年にpass me a smileを出版した時も、一人の男の人から親が亡くなってからもう5年笑うことがなかったけどあなたの作品のintrovert cat with guts をみて大笑いしました。というメールをもらったときのあたたかさ。今回もオーダーしてくれた人が、猫を亡くしてから心から笑えましたとメッセージをいただきとよももあたたかいきもちに。これがとよものやりたかった

pass me a smile.

ペットシッターの仕事も友達を通じてのネットワークがどんどん拡大してきて、今や一年の殆ど家に帰ることがないくらい。自分にできることで人の役に立てることはうれしいことだ。

勉強も運動もできなくて学校では透明人間人生がちょっとづついい方向にむいてきた。

投稿日:

うまくいけへんねん。

現地の陶芸教室3つ目のとこで、創った作品が好きなんやけど、首の下にガッツリヒビが入ってる。。。。

もう一回おんなじの作ってこんどは全体の厚みを統一しててみよかな。

そんなこんなでなかなかうまいこといけへんきょうこのごろ。

胸に穴開けたんはそこに花を生けれるかーもと思たけど、底にもがっつりヒビが入ってる。。。そんな今日この頃。