投稿日:

醗酵おばさん

なにかしら、白いお酒マッコリにひかれてつくってみた。意外と簡単。レシピは

餅米2合を1号の水加減で炊くこのときおさけをすこしいれると水が少なくても芯が残らないらしい。

炊けたら煮沸消毒した容器にうつし、浄水器で漉した水を700mlくらい入れ、そこに乾燥した麹をばらばらにしなから200グラム、プレーンヨーグルトおおさじ1、乾燥イーストおおさじ1お酒ちょっとあれば入れる。

最初は乾燥麹が水をすってしまいカチカチの米?とおもうけど、次の日混ぜると上だけ乾燥して固まっていて下はしゃぶしゃぶになってた。

これで冬なら5日くらい、夏なら3日くらいで醗酵がすすみ最初は甘酒でどんどん甘みが少なく少し酸味が出てくる。

毎日混ぜて味見して好きな味になったら煮沸消毒したふきんでしぼって、マッコリと綺麗な酒粕できあがり。

冷蔵庫で冷やすとしゅわしゅわしてくる。でも早く飲んでしまわなければどんどん醗酵が進んですっぱくなるみたい。

参考にしたマッコリ作り方のサイト

菌が生きてる醗酵飲料。

醗酵おばさんが餅米醗酵させてる時、友達の子供は産れてた。抱いて来たよーちっちゃ!

こんにちは地球にうまれおちた天使です。、右目がはれてるのは、器具で頭はさまれたからなのよ。。
投稿日:

おぼん

昨日がお盆の迎え火の日だったらしいけど、知らなかったのでさっき迎え火焚きました。家主のじいちゃんの初盆だ。じいちゃんを紹介してくれた以前の家主さんももどってきたかな。おかあさんやおとうさん、きーつや、ばななも帰って来たかな。考えてみたらシッターした猫ももう3匹も亡くなってる。ということで16日夕方まではここは満員。

夏のなつかしいおかし、うちわ。去年妹が送ってくれてそのままやったので食べてみた、ちょっとしめってた。。。

ひさしぶりに、手でヨーグルトたべてたみっしゅ。

友達に子供が産まれる予定日が20日。すべてはつづいてゆくのかな。

投稿日:

こけのやすらぎ

今日はとくに用事もない日なので朝から庭の手入れ。まずぐんぐんのびてすごい大きな花が咲くこの方。

花はバニラみたいないい香りがするけど開いたら25センチ位あるので生け花にはむかない。この木に時計草の蔓がおおいかぶさり大変なことになってた。誰も歩かない庭。かげになるところには苔がいっぱいでふかふかなので靴下を脱いでアーシング。足がしずみこんできもちいいー。でも足あげてみたら足の裏にこけがびっしり!この写真はカメラを取りに行ってから撮影したので半分以上取れた所やけど最初は足の裏全体に靴底みたいに分厚く苔が。。。苔って根が無いからこんなことになってしまうのだ。ごめん苔。

木陰でいいかんじに寝転べる場所も発見このまわりはふかふかの苔まみれ。まったり苔セラピーできます。いつでもどうぞ。

ふくらんだ鳩の胸毛みたいなツバキ?
投稿日:

I’ve Everywhere’ Men…Jeoff Mack

家主のじいちゃんが7月20日に亡くなった。

とよもはじいちゃん達の家のガレージの上のに2011年から住んでる。じいちゃん夫婦は2015年に二人ともが高齢になってお互いにケアできなくなったということで、姪がクィーンズランドの自分の家に二人の住める小さな部屋をつくって、ずっとそこで暮らしてた。

じいちゃん94歳、1994年から作詞作曲しててオーストラリア初のヒットソング早口でオーストラリアの街の名前をどんどん言う歌 I’ve been everywhereを作って、それが全国で大ヒット。イギリス行ってたときに、ラインダンスしてたばあちゃんと出会い結婚したらしい。1965年に二人でオーストラリアに帰ってきてからも、ずっと音楽をつづけて、おっきなバンに機材をつみこんでいろんなところを回ってツアーしてたらしい。2013年にはオーストラリアカントリーミュージック協会からLifetime Achivement Golden Guiter賞で金色のギターのトロフィーをもらっていたなぁ。

二人には子供がいなく、ばあちゃんの友達で夫を亡くしてキャラバンパークで3人の子供と暮らしていた人の子供達を養子縁組みをしてずっと大人になるまでお世話してたみたい。

じいちゃんが亡くなって荒れ地の魔女みたいなばあちゃんはひとりになってしまった。

ばあちゃんに会って来た人によると、ばあちゃんは普段ほとんど寝ていて、起きてても回りの人はじいちゃんのこととか話さないでるようにしてるらしい。とよもはここに来た当時はおせわがはげしいばあちゃんとけんかばっかりしてたけど、大げんかの末ほんとのばあちゃんがわかって、それからはばちゃんのことよくわかるようになり家族の一員としてすごいやさしくしてもらってた(以前とばあちゃんはかわらないけど、とよもの壁がこわれたからよくなった)。とよもが日本に1ヶ月帰ると言えば、もうきっと帰って来ないつもりだねとかいって泣き出したり、でもそのあと車を走らせてとよもがすきなエビを一杯買って来てご馳走してくれたりしたなぁ。

いまでも、『お元気ですか』ってじいちゃんの声が聞こえてきそう。

庭みたら、日向で本読んでるじいちゃんがそこにいてそう。

猫が君をここにつれてきてくれたんだね。(当時住む所がとりこわしになって、猫と一緒に暮らせる賃貸はほとんどなかったから、当時の家主さんが田舎に住んでるじいちゃん達をしょうかいしてくれた)そんなこというてくれるたやさしいじいちゃん。”この世界の片隅で” っていう呉の映画を見せてあげたいとずっと、おもいながら間にあわなかったよ。ごめん。

投稿日:

うまいかへたか

上手いのか、下手かなんてものはね、
小学校の学習進度の問題であって、
書そのものの問題ではありません。
みんなが書道の教育で嫌になるのも、
上手い、下手を気にして、
「下手だから、もうやめた」となってしまうから。
あのね、書は上手いか、下手かなんていう、
そんな粗っぽい網の目に
掛かるようなものではありませんから。

これはほぼ日http://www.1101.com/kyuyoh/2017-07-13.htmlで

知ったこと

粗っぽい網の目?というのは既成概念みたいなことかな。

フェルト骨壺カバーぶちさんできた。次は制作したけど骨壺が入らなかった!姫子さん一番難しいさび猫。後一息やぁ。

姪が送ってくれた昭和なデザインがかわいい、自然派おかし。臼引き小麦胚芽入り、砂糖が入ってないけどうっすらあまくてやめられない味。岐阜の山本佐太郎商店

投稿日:

オーダーフェルトシューズできた〜

家族4人分のフェルトシューズやっこらさできた。サイズが合わなく作り直したの2つで合計6個つくった〜。寒いところと聞いていたので4レイヤーで分厚くしといた。いちばんきにいったのがあかちゃんの。

ぷーどるみたいなあかちゃんのくつ。

1タームだけ行ってみた彫刻と陶芸コースでシロクマの次に気に入ったしろねこ。素敵なインテリアのシッター先のテーブルにおいてみた。

 

投稿日:

ふくろうとねこのカップ

シッター先で手ロクロもなく、粘土を皿の上に乗せて手で回しなから創ったカップ。そのままだとふくろうにみえて逆さにすると猫にみえるようにつくったつもり。

おしゃれなインんテリアのモッピーさんの家で撮った。もっぴーさんはこの方。

ポッサムやうさぎのあかちゃんをくわえて持って来るといわれてたけど、まだもってきていない。持ってきたらどうするか困る。。。
おっとりしているようで、生粋のハンター。高貴な感じがにじみでてるモッピーさん。
これが創ってもほしくないやんって思いながら創ってて途中でなげだしたら、先生に諭されたなやめる裸婦。
一番上の写真暗すぎで見えへんやんっておもった人に。
投稿日:

こげこげ

それでは、全体像を載せるで。

みてみみてみ、やっぱりこげこげのとこは中もくろくろになってる。ここが黒いですよねって先生に言うたら、それもまたおもむきがあって私は好きよって、ほんまかいな。とよもはぜったい全体が綺麗なひびひびのほうがいい。

そのうえ

ひび割れたガラスの釉薬を竹串でちまちまとってたら、水に流してブラシでこするといいよと他の生徒が教えてくれたのでごしごししてたら、ぽろっ!

子グマがとれた!

ほんま、しょんぼりやわ。

それで今日家に帰って来て、陶器用瞬間接着剤を塗って撮影しました。

昨日の撮影では子グマがいないことに気がついてた?

 

なにはともあれ、皆で協力しながら楽焼き体験できてすごいよかった。先生も色々教えてくれて次のタームも行きたいとおもたけど。先生izette felthumは今タームでここで教えるの辞めるっていうので皆でプレゼント買た。みんなは先生と長く一緒にやってたからすごいなごりおしそうにしてた。とよもも最初はなかなかみんなと交わるの難しくカペラゴーデンにいったらこんなじゃああかんでとおもいながら、勇気出して話しかけたりしたらみんなすごい親切でびっくり。まぁ自分で壁つくるのはすごい得意やからそれをこわしていかなあかんということですわぁ〜

 

ぼくもゃんと立ったまま焼いてほしかったわ。。シロクマやからな。。。
投稿日:

しょんぼり

あー。こげこげやんか。

Mount kuring gai art centreというところで9週間陶芸今日終わった。今日は楽焼で初体験。先生が自分で作ったという釜にガスバナーでどんどん温度あげていって、670度で止め、あつあつの作品を取り出して木の粉がはいってる缶の仲に入れそのうえからまた木の粉入れてぼっ!と火がついたら蓋を閉め煙が出なくなるまで待つ。とりだしたとこがこれ

素焼きしてから、釉薬がくっつかないようにする薬品につけて、それからガラス質の釉薬をつける、そして焼いてから煙でいぶすことによって上のガラス質の釉薬のヒビのところから炭の粒子はいりこんで作品にくろいヒビの後が残るしくみみたい。先生が作品を木のクズのところにいれるときに寝かしていれたので右のところが黒くなったやんかぁ〜立てていてると足の裏にあけた空気穴がふさがって爆発するかもやからね、寝かしたのよといってたけど。。。そうなんか?

これがさめてから上のガラスをぱりぱりはがしてゆく、とよものシロクマは表面がぎざぎざしてたのでガラスの釉薬がなかなか取れずくろうした。これが最終。ヒビのあとがでてるね。またあとで全体像の写真のせるね。それでタイトルの意味がわかることになる。

投稿日:

よみがえる羊毛

ひさしぶりに、フェルト室内履きのオーダーが入り原毛を買いに行ってきた。今日やっと原毛を綺麗に同じ方向に揃えて友だちから借りてる、手作りのハンドカーターで原毛を一房づつブラッシングするとかたまってた原毛が花が開くみたいにふわふわに拡がる。これはけっこう地道な作業、でもなんか瞑想みたいでけっこうはまる。カーディングした羊毛を積み重ねたらなんかネズミの大群みたい。

今回はアメリカの聞いた事の無い場所できっと自然生活しているっぽい家族4人分の制作。どんなのができあがるのか、自分でもわからない。handmade style feltという本を師匠のindea flintとMURDOCH BOOKSから出版したのが2007年。

オーダーしてくれた人はそこに載ってるアルパカの毛ベースにニードルフェルトで作ったうさぎの頭がついてる室内履きを履いて暖かかいから(とよもは作品を東京のお店で販売してもらってた)、海外にいてる友だち家族に6月に赤ちゃんが産まれるから家族みんなのシューズを作ってねと注文が来た。10年前に制作した作品から注文くるのがなんだか不思議なきもち。

さいきんとんと寒い(まちがえの言い回し)のでオイルヒータを椅子のきわきわにおいて、その上からヒーターと自分の膝に小さめ毛布をかけると即席こたつになってぬくい。そこにひさしぶりにみっしゅが夜にあけてーコール開けてやると膝の上に乗りたいというのでもちあげてびっくり。以前のおもさの半分くらい、きーつより軽い感じ。でもぬくい膝&ヒーターのうえにねてごきげん。

今日は昼ご飯の時に来たのでちょうどスモークサーモンがあったので食べて頂きました。塩辛すぎるのでちょっとだけやけど。いとおしやみゅ田一郎さん。