投稿日:

インプットとアウトプットについて

前回書いたことを木皿泉さんという脚本家がおなじようなこと書いてた。

妻鹿さん 「河合隼雄さんが何かの本で、世界がどうやってできたかという、どこかの国の神話を引用されています。ワニが寝ている間に、ウサギが世界の半分をつくる。ワニは起きて『世界が半分できたね』って言って、また眠ってしまう。その間にウサギは残り半分を作り、世界ができたと」
和泉さん 「働いているのはウサギだけ」
妻鹿さん 「そう。でも、眠って夢を見ているワニがいるから、ウサギも世界を作れるんだということですよね。世界は現実的な部分だけで成り立ってはいない。世界を作るには、実際に働いているウサギだけではなく、夢を見ているワニの存在も不可欠なんだと。その夢というのを、私たちの言葉にすると、物語」

木皿 泉(きざら いずみ)は、日本の脚本家和泉 務(いずみ つとむ)と妻鹿 年季子(めが ときこ)夫妻の共作ペンネームである。代表作はテレビドラマすいか』、『野ブタ。をプロデュース』、『セクシーボイスアンドロボ』、『Q10』など。神戸市中央区在住。

投稿日:

創造は想像で不思議なこそどろ?

2012年に伊勢丹のウスタニミホさんのお店にとよもの作品も出させてもらった時に、ハグベアを購入してくれた人がただ一人だけとよもにありがとうメールをくれた。それから4年たってるけどわたしたちはたまーに情報交換したり、普段の生活についてメールでやりとりしてきた。とよもが陶芸始めてから作品をここに載せたりしていると、とよもが一番気に入っているシロクマ陶器をその人も好きだといってくれる。自分の思う好きなものが作れてそれを他の人も好きだといってもらえると単純にうれしい。今回も磁器でつくったシロクマ、鳥のオイルバーナーと鳥のちっちゃい器2つを購入してくれ写真を送ってくれたよ。

なんか鳥たちは親子みたいで希望の光みたいでいいなぁ。

とよもはいつも粘土触ってそのまま形にしていく、あんまりどんなもの作るとか絵に描いたりしない。ぼんやり陶器とフェルトの組み合わせとか、シロクマのおっきいからだとミルキーみたいな毛の色が好きとかは考えてるけど。模様つける時もなんか勝手にちびちび描いてるそれが何を表すかとかぜんぜん考えてない。でも変になるとこれはあかんわってすぐわかって消す。

それはもしかして大気中に存在するすごい量の意識のなかから勝手に選んでるものがあってそれがとよもの手から産まれるのかーもとかかんがえて、なのでその人があーこんな感じ好きとか思うたびにそれは大気中にはらはら散乱したらもうその瞬間にとよものセンサーがはたらいてキャッチしてる。外見ぼんやりしてるけどそういうところは高速回転。

だから、おもってるほしいものがとよものところにあるんかもとか、メールでやりとりしてた。

ということは、クリエイティブはその時必要な共通点のあるええ感じが集約されてでてくる。おもいがあっても形にする方法がない人の思いもいただく。感動のしゅんかんもいただく。

創造は不思議なこそどろ?

 

その鋭を挫き、その粉を解き、その光を和らげ、その塵に同ず、これを玄同と言う。
『老子道徳経』 第56章「知る者は言わず」から

今日仕入れた別の話題

土のなかにあるバクテリア マイコバクテリウム ハッカエ(Mycobacterium vaccae )がやる気をおこさせるセロトニンを活性化させることがわかったらしい、せやから陶芸してからなんだか生きやすくなったのかもな。It turns out that soil contains a bacterium called Mycobacterium vaccae which boosts the level of seratonin in our brains.

これはThe Big Book of Nature Activitiesからの抜粋。

想いもバクテリアも肉眼で見えないけどずっと人間のお役にたってきてる。人間も自然の一部なんやからね。。

投稿日:

造形専門学校カペラゴーデン

とよもが2007年にリンカランという雑誌の別冊で知った 、スェーデンのエーランド島にある小さ全寮制の造形専門学校カペラゴーデン。。
1957年に農家を改造してできたこの学校の創始者はスェーデン人の家具デザイナー、カール・マルムステン。自然の中で必要な物は自分達の手でつくり、生徒は家族のように一緒に暮らしお互いに影響しあい自分の制作に没頭する。木工科、陶芸科、テキスタイル科、園芸科があって入学試験はなく、年齢制限もない。履歴書と志望理由、自分作品の写真提出のみ。でも受かるのはほんの少人数なので倍率はかなりきびしいみたい。
その雑誌をずっともってて、いままた、カペラゴーデンにいきたい病が再発した。
こっちでも、日本人の先生の陶芸教室に行ってるとよもはまずそこから変えて行こうと決断、こっちの陶芸教室にいってみるぞ。
鳩の置きみやげ
投稿日:

注文の作品できた

このまえ載せた、ちっちゃいうつわ、鳥。注文があったのでまたつくったよ。蓋はすきまだらけや。。高い粘土に半透明っぽい白の釉薬がおきにいり。

昨日バスルームでふと窓見たら、羽がぼわっとした鳩が網戸の外に。ああーぽっさむにでもやられたのか。死体をつかむのはすごいにがてなとよも、隣の人におねがいして、埋めてやるかなぁとかかんがえてた。

でも『死んでるん?』って聞いてみたら、むくって頭が上がってつぶらなひとみをこっちにむけてきた。生きてるんやん。それならだいじょうぶやとシャワー浴びてねた。

朝になったら鳩はどこにいなくて、せんたくものほしてたら、とぼとぼ芝生の上を歩く鳩。おなかがすいてるのかと、パンをちぎってやったけどよけるばかりで全然食べない、でも凄い近くに寄っても逃げないし足見たらグリーンの輪っかが右足に、黄色になんか番号か描いてある輪っかが左足に、これは誰かの鳩なんや。となりのおばちゃんに相談したらおばちゃんもよってきたけど、その瞬間に鳩は塀の所まで飛んだ、あんまり高くは飛べないみたいで、おいかけていったら隣の屋根まで飛んで、でもそこには野性の鳩がいたので、また何処かに飛んで行ってしまった。

 

鳩のいてた窓枠をそとからみたらうんこがいっぱいやまになってた、ということはここに数日いてたんや。無事家に帰れるといいけど。。

投稿日:

うさぎの鼻つんつんと出戻り感動

うさぎマニアのともだちに、あげる野菜は3種以上がいいよ教えてもらってそうしてるよ。

初めて会ってからもう10日以上たつけど、いまだに触ろうとするとこわがってる。うさぎと心が通い合うのなかなかむつがしい。でもさっき走り寄ってきてとよもの膝をは鼻でつんつんと2回つついてまた離れていった。これは友情のしるしか?

大昔のはなし。大阪でグラフイックデザイナーとして働いてた時のその会社の社長が東京でアーティストの作品を販売するおしゃれなショップを(この言い方がなんか田舎っぽいけど。。)オープンした時に作品をたくさん買い上げてもらって、その作品がanannにも掲載されてびっくり喜んでいた。

そのご、社長とFacebookでも繋がってこのまえとよもの作品をあげますってお知らせがあり、思わず、これはほしい!と言ったらすぐに送ってくれた優しい社長。

かわいいいいいいいー。

送った時は普通のチェーンで、綺麗なクリスタルもつけてなかったとおもう。それを一個一個違うチェーンに付け替え、キラキラ太陽の光を受けて光るでっかいクリスタルをつけてすごい変身してた。いなかもののおんなのこが(素朴というほうがいいか。。。)、スタイリストのコーディネートで別人になったかんじ。

これはそのお店の店長していた人がしてくれたんだ、ありがとう店長。そのうえ買い上げてもらった商品をとよもにプレゼントしてくれる太っ腹な社長ありがとう。

そういえばその会社でデザイナーしてた時の印画紙も輸入物の高い印画紙やった。海外の雑誌もバンバン購入してくれたなぁ、そのうえとよもは2回もオーストラリアに仕事にいけて、それでオーストラリアに移住するチャンス!をつかんだのだった。

考えてみればとよもの人生そこで変わったもんね、すごいことだ。そんな人々に出会えたことにまこと感謝。

投稿日:

猫楽園

楽園生活も明日で終わりということろ、白猫さんがいっきに壁を崩してうっとり攻撃。行くとこ行くとこについてきてすごいリラックス。

長毛さんは最初から仲良くしてくれてたからね、長〜い雨もやんで、太陽がポカポカ風もきもちよし、ああしあわせ。

投稿日:

陶の芸

金曜日にシドニーのジャパンファウンデーションに青木良太と横山玄太郎のトークに行ってきた。それぞれの作品も展示されてて雨の中行ってよかった。

横山玄太郎さんは子供の頃からアメリカに住んでいたようで、ナーバスになることなく英語で自然体の面白いトークが絶妙で、ああみんなの前マイクで話すこともこんな風に自然に友達に話すみたいにできたらええなぁーと自分の興味あるところにぐぐっとつっこんでそれを作品にする本当に好きなもの作ってる他のことは頭の中にないっていうかんじのふっきれた作品。

日本のテレビ情熱大陸にも出ていた青木良太さんは、今時の金髪おしゃれな若い日本人を通過して、ふと出会った、かっこいいとおもう器に惹かれ陶芸教室にいった時から、何かすごい力にひっぱられたみたい。その後2年間陶芸の訓練校みたいなところにいって、卒業するときにはすでにはじめての個展開催で作品みんなsold out.

いまは世界中で個展して日本で有名なキュレーターからも注目されてるみたい、陶芸の釉薬作りとか粘土と釉薬まぜてみるとか釜の火の周り方とか温度とかすごい執拗に研究しつくしてそこからひとつぶの選りすぐられた作品ができるみたい。その好きなものにこだわる力は飛び抜けてるかんじかするし、若い子をあつめてた陶芸グループとかもつくって、なんか日本の若い子をぐぐっとひっぱってるかんじもありそんなボス的才能もあるのはすごいな。

ふたりとも、トークの後にすごい気さくに話ししてくれて、とよもどきどき。

とよもの陶芸なんかありものの釉薬つかって、窯入れは先生がしてくれて素人のとうげいや。まぁゆっくりやっていつかは釉薬もつくり、釜ももちとかまでいきたいと、ふんわり考えた。

これは青木良太さんが中学生でも買えるようにあんど美濃の陶芸を盛り上げること考え作った量産バージョン。でもなんか、繊細に考えつくされたものであることはくっきりわかる、手の温度のこってるいうか。さわったかんじもなんか手に吸い付くみたいなすべすべ感、お皿とかおちゃわんとかもあったよ。

これは注文されてつくったねこかっぷ。磁器。

すごい陶芸家二人の話しの後ではちょっとね。。

 

無理やりはいってぱつぱつ。

しろねこさんはあとでめりこんでくる長毛さんを舐めてあげるのに、ちょうもうさんは最後にはパンチでおいだす。

ちょうもうさん先住ねこでそこに子猫だった白猫さんがきて、そのときは長毛さんがお世話したらしいが。。。

投稿日:

男前の足の裏は真っ黒

昨日コンピュータに向かってて、ふとふりかえると、しろねこさんがちんまり待機してた。ピピって呼んだらごろーんしたのでやっと触れた。それからピピさん毛づくろいしてるのみてたら。

体は白いのに肉球全部極黒!肉球and足の裏全部靴底みたいに真っ黒でなんかすごい変なかんじ。

ピピの体の毛は白にグレーのシマシマ、これはアメリカンショートヘアー似にてて、調べてみるとその種類の肉球は黒が多いらしい。なーんや珍種でもなかった。

それと男前に見えるのは目の周り全てにくっきり黒いアイラインがはいってて目が大きくみえーる。

 

投稿日:

おりのなかの平和

今回新しいおきゃくさーま。ココ(長毛)あんどぴぴ(白っぽい方)。

庭のベランダに網が張ってあって、動物園みたいやけど猫たちにとっては草もたべれて日光浴もできてええかんじ。長毛さんは最初からすりよってきてくれたけど、しろっぽい男の子はすごいこわがって、とよものよこ通るときはダッシュ。でもなぜか寝るときココはベットにはいってきて、ぴぴも布団の上。今二日目やけどぴぴはさりげなくとよもの足元に近づいてきて素通りみたいに距離はちょっとずつせばまってきてる。