英語で根性をひくとnature

何かを創るには根性がいるということがわかった。
いままで、好きな事するんには根性(泣きながらも頑張ること理解してたから)なんかいらんと自然にできるとおもてた。
いままでは、それでできてた。
根性って仏教用語で「その人間が持って生まれた性質」であり、より深くは衆生(生命あるものすべて)が仏の教えを受け入れられる能力や器の浅深のことと言われる。
らしい
根性って異常なまでの努力とでなく、受け入れる力やったんや。
英語で根性をひくとnature
そうやったんや
フェルト制作はけっこう肉体労働で、気を抜くとというか、めんどうやなとか思うと失敗する。
失敗したらそれでおじゃん、作り直しなし
なので、失敗しないようにするにはずっと気はってないとね
プラスたのしんでないとね
そうして制作しつづけると根性って育ってくるそして器が大きくなってくるんや
ほんで、根性は自信につながってる。
それがわかった。
こんなに失敗してたくさんの羊毛をすてたのはじめて。

2 Replies to “英語で根性をひくとnature”

  1. わしにはわかるのだ。本当に力といえるもので、持つに値するものは、たったひとつしかないことが。それは何かを獲得する力ではなくて、受け入れる力だ。ゲド『さいはての島へ』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です