田舎に来たんだと実感する出来事ふたつ。

マウントクーリンガイの家には広い庭があって、その一部を野菜畑にしてもいいかと、家主さんに聞いたら、好きなようにしなさいっていわれたので、さっそく芝をはがして、ラディッシュ、人参を植えた。そのあと野菜作り大好きな友達が遠くからわざわざ自分で育てた苗をもってきてくれた。
かぼちゃ、しそ、チリ、カフィアライム、ほうれん草など。

毎朝水やりしてる。
きのう、腕の太さ位あるトカゲ?が畑の側にいて私の足音にびっくりしてそばにあったパイプに頭つっこんだ。でもどうみても体の方がパイプより太い。みっしり肉がはみ出してるけど、キューって息を吸って(瞬間体がほそくなった)手足入れこんですこしづつなかにはいって、ほぼ全身(しっぽのさきだけ見えてた)入ったところでぴったっりと、動きが止まった。中で動けなくなってこのまま出られないのでは?とかなり長い間見守ってたけど、さわるのもこわいしで(しっぽひっぱって、切れたら怖い)、そのままにしてた。今朝パイプみるとそこには大トカゲの姿はなかったので、無事脱出したんだろう。
昨日の夜はキーツが外に出たとおもったらポッサムがぎゃーぎゃーという声とともに玄関先をするするのぼって屋根に上がるのも目撃した。ポッサムはキーツくらいでかかった。
田舎ならではのエキサイティング?な体験。
枯れた木を切ってキャンドルホルダー作ろうと思う。
どうして中をティーキャンドルがはいるくらい削ったらいいのだろう。
彫刻刀しかもってない。。。

5 Replies to “田舎に来たんだと実感する出来事ふたつ。”

  1. 彫刻刀で彫ったよ!
    ポッサムって、かわいくない大型リスって感じ、木の上で暮らしててたぶん有袋類。木の上のミニカンガルーともいえるかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です