めがさめた音楽

ここ2年くらい、いろんな本読んだり、ブログ見たりしてすごく悟りみたいなことに引かれてた。
ずっと見てたブログで、ネットサンガ(サンガとは「集団」や「組合」を意味するサンスクリット語)というのを企画して悟りのためのヘルプをします。6ヶ月で9万円。申し込むと15だったか?のdvdが送られてくると同時に、たぶんいろいろネット上でレクチャーみたいなことも展開するような感じ。それでたくさんの人が参加表明したところで、予想以上に参加者が多かったらしく、一旦白紙にというなんともびっくりの結末でなんじゃこれ?
そのあとすぐに、伊勢丹のクリスマスキャンペーンのサイトでクリスマスは全ての存在にに感謝する日という文章のバックに北欧の先住民族サーミーに受け継がれて来た伝統音楽、ヨイクが流れてきて
http://christmas-journey.com/#index
日本のアーティストミロコマチコが力一杯描いた動物達とサーミーの暮らし。それみてて、悟りとかにあこがれていろいろブログを読みあさってたた自分がなんかおかしくおもえた。
ミロコマチコとヨイクに心をわしづかみにされて。こういうすごく突き抜けたアプローチでこころをひっくりかえすことができるんだ、それはなにか自分の元の方からわきあがるよろこび?冷たい空気の中、空を飛ぶような感覚?
ほんで、今日ニュータウンのコミュニティガーデンで音楽があるよと友達が教えてくれたのでいってみた。緑がもりもりそだってて、すごい聖域みたいな気もして,木陰にぽつぽつ楽器を演奏するひとがいで、小さな静かな音が緑とからまってすごいきもちよかー空間になってた。ヨイクといい今日の音楽いい、なんか神様からのおくりもの?
自然やでしぜんのままでって声が聞こえたような。