ほんまにそれでええんか?

とよものペットシッターレポートは毎日のご飯の食べた量とウンチの回数や下痢、嘔吐などを表にしてつけてる。犬の場合は散歩の回数とかも。それはかえってきた飼い主さんが安心できるように書いてた。

前回のはじめてシッターしたところに2回目に行った時に、あのレポートはもう描かなくていいからね!ウンチの回数とか!!あなたはここでリラックスしてくれるのが一番大切と、オージのパワフルばあちゃんに3回くらい念押しされた。。。

これもオーストラリア的な考え方、仕事より自分の人生エンジョイせなっていうことと、日本人的な何事もきっちり頑張るのが人生の成功の秘訣、石の上にも3年みたいな考え方の違い。

レポートはまだまだ日本人的考え方をもってるとよもが、こんだけキッチリ仕事してまっせー的なことをお客様に見せるためとそんな自分の仕事が素晴らしいとおもう自己満足的要素もあるある。

ということで、今回からレポートは無しにした。あらかじめ聞いて必要という人には書くけどね。

ストレスとなにかへのアレルギーが原因でひどい皮膚病猫のシッターの時もそういえば、あなたが猫のことでストレスになったら猫がまたそれを吸収してしまうからリラックスして。って言われそれはかなりとよもにとってはえっ!こんなにわたし頑張ってるのにそんなむちゃな!!?とおもった。

でも、ほんまに自分が心配してもどうにもならない、ほんとストレスパワーを他に振りまくだけ。治療は獣医に任せるしかない。余計なことに自分のパワーつかわない。

なのでもう、すべてはなるようになる。起こってくることはすべて自分になにかを教えるための修行みたいなことと考えるとええんかもね。

ということで、とよもは今までのいいシッターを生きる(それは評価されるように考えて行動したり)のでなく、ほんとの自分を生きる。自分がしてることがほんまにそれでええんか?シッターはとよもの一つの仕事なので、ほんまの自分に集中シーズンみたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です