18年間の友達キーツ

さっき掃除してて昔の作品の額とか再利用するか、と思って綺麗にしてたら一個キーツの写真が入ったのが見つかった。上の写真がそれ。その写真をはがすとその下から、ガネーシャが出てきた。。。

このころはとよも今までの中でも最悪な時期で、仕事がなくなってから長い間就職できず、やばい恋を友達の力ですり抜け、もう安さだけで住むとこ決めて引っ越したところがまたまた最悪。

そこの家主さんはギリシャ系のおばあさんで、とよもはその家の庭の倉庫みたいなちっちゃい建物に住んでた。おばあさんの娘が離れに住んでてそこの小学生の子供が朝から学校も行かずビール飲んでて(まじびっくり)その飲みさしをとよもの部屋に投げ込んでくるような毎日。

シャワーは母屋の洗濯スペースみたいなとこにもう一人母屋に住んでる謎のインド人のおじさんと共有。洗濯ほ近所に住んでた友達ところでさせてもらってた。建物の屋根はトタン板で引っ越したのは夏、じわじわ上がる温度にキーツは耐え切れずに縁の下に避難。とよもも耐え切れず涙がボロボロ見たいな時期だった。。。

ああ〜こんな時もあった、その時はもうあらゆることを他の人や事柄のせいにして、自分を保護してた。そして友達に愚痴愚痴『そういうこと続けてると友達みんないなくなるけど、それでいいの?』と教えてもらい

えっ!

て感じで目が覚めた。

しかしながら今でも、何でも他のせいにする癖は残ってて、結構ダーークな日々(母屋に家賃を払いに行くことも難しいみたいな)を過ごすこともある。そんなこんな今、ぼんやりインドに住んでるakikoさんという人のyoutube見てた。何だかそれはとよもは耐えることが好きで、そのために自分で自分をダークにしてるよっていう話。

それを腑に落とせと

しかし、そういうあなたもう自分の嫌だという気持ちに気づいてるから、そこに入り込んでる自分を捨てる(嫌なことは考えないようにする)。それで安心、リラックス、ほっとするようなことする。

IMG_9315

幻想、妄想に入り込まず、そのことを受け入れて、そんなことしてる自分を認める。いいも悪いも考えない。

そういう時、ダークからの出口は写真。

今朝も朝の光でキラキラ輝くクリスタルの写真を撮ろうと夢中になる。気持ちが整う。波動が整う。らしい。

今は、まだシェアメイトのことでもいやだぁーと心が揺らいでる、昨日シェアメイトがスキーに行くらしく日曜の午後まで帰らないよと教えてくれて。うわぁあ〜誰もいない!その上母屋の家族もみんな出かけている。こういう時なんでかすごい解放感。

キーツ今でも色々助けてくれてありがとう。

キーツの写真の後ろにあったガネーシャはインドの象の顔して4本の手がある富の神様。出た出た。

みっしゅからの無償の愛

みっしゅのこと心配してくれたみなさまに、とよもがこの5年で撮ったミッシュのいい感じの写真アップしましたよ。初めの目付きの悪いところからねっ。

 

空いた穴に水が流れ込むように

自然はそうなってて、

人間も動物も石も木もみんな一緒やったんや

みっしゅが、手でミルク舐めてるの見て

すごい田舎のマウントクーリンガイに来ること決め

来てから数ヶ月できーつがなくなってから5年間

雨の日もずっと通い続けてくれたみっしゅ。

そのことについて考えたことなかったけど

いなくなってからわかった。

みっしゅはカスカスのとよものこと満たしてくれてたんやね。

その時は

みっしゅがお腹が空いてるから来るんやとかおもてたけど。

そうとちゃう

いかなっくちゃー

君に会いにいかなくっちゃー

君の街にいかなくっちゃー

やったんやね

ほんま

ありがとう

みっしゅからの無償の愛

 

 

みっしゅの今

2012年のきーつがなくなった次の日から一ヶ月まえまて5年間みっしゅは毎日うちに来てくれてたまーには泊まったりしてたけど、最近ぱったり来なくなった。いつもごはんくれてたばあちゃんも引っ越してしまい、今は母屋には誰も住んでなく、とよももほとんどシッターで家にいないからなぁ。

最近みっしゅは痩せてきてたし、ジャンプ力も弱くなってた。数ヶ月前からなぜか家の中に入ってこなくなっていつもベランダで寝てるだけ、しゃべりかけてもあまり反応もしないし、おとくいのゴロンもしない。ただ、卵の黄身とヨーグルトは食べてたけどね。

そんなこんなで、すごいみっしゅのことが気になって、迷い猫になったときのみっしゅのポスターをまだもってたとよもは、かいぬしさんにみっしゅがこないけどげんきですかとメッセージしてみた。

返事はすぐにかえってきて、

みっしゅはこの10月で16歳になり生活もきわめてゆっくりになりました。最近は外に出る回数も減って出て行ったとしても昔みたいに遠くまではいきません。みっしゅのこと心配してくれてありがとう。

あーよかった、家でしあわせにまったりしてたんや。9歳くらいかとおもてたけど16歳か。。。

写真はきーつがなくなってはじめてみっしゅが家の前まできた日のもの。薄目でみたらきーつと似てるっておもってた。

5年間とよもに元気をくれてありがとうな、みっしゅ。

金曜日はみっしゅの日

前回みっしゅが来たのは15日金曜、そしてきょうが22日金曜。いつも毎日来てたみっしゅは一週間に一回だけ来てくれる。今日は勢いよく卵の黄身をたべて、あーうみゃい〜。なんか口がおじいさんっぽくなってきた?

明日母屋に住んでるお母さんと21歳の双子がビーチサイドの家に引っ越すよって昨日聞いてびっくり。もともとビーチサイドに住んでたし、ここでは仕事が少ないから暮らしにくいらしい。そういえば子供達もほとんど家に帰って来ないで、友達の家に泊りに行ってた。隣の人がいなくなったら芝刈りまた一人ですることになりたいへんや。。しかし、いきなりすごい暑い。日曜は36度になるとかラジオでいいうてる。先週は寒い寒いとオイルヒーターにくっついてたのに。

朝6時過ぎから隣の21歳の大工さんが大っきい車で帰って来、8時過ぎに手伝いにいったらもうおわったよ〜と、引っ越し業者が7時ろ来たから素早い。皆が去って隣のデッキみたら戸めいっぱい開いたまま。。。下のガーデンスペースもちらかったままで、掃除して芝生の上のおいてたテーブルセットをおいた。ばあちゃんいてる時はタイルの隙間に生えてくる草が嫌いで、すぐに抜いてくれっていうてたので、スペードという道具で隙間の草を我がガーッととって綺麗にしておいたよ。ばあちゃん。

今日は猫のおじさんが亡くなって3年の命日。

よみがえる羊毛

ひさしぶりに、フェルト室内履きのオーダーが入り原毛を買いに行ってきた。今日やっと原毛を綺麗に同じ方向に揃えて友だちから借りてる、手作りのハンドカーターで原毛を一房づつブラッシングするとかたまってた原毛が花が開くみたいにふわふわに拡がる。これはけっこう地道な作業、でもなんか瞑想みたいでけっこうはまる。カーディングした羊毛を積み重ねたらなんかネズミの大群みたい。

今回はアメリカの聞いた事の無い場所できっと自然生活しているっぽい家族4人分の制作。どんなのができあがるのか、自分でもわからない。handmade style feltという本を師匠のindea flintとMURDOCH BOOKSから出版したのが2007年。

オーダーしてくれた人はそこに載ってるアルパカの毛ベースにニードルフェルトで作ったうさぎの頭がついてる室内履きを履いて暖かかいから(とよもは作品を東京のお店で販売してもらってた)、海外にいてる友だち家族に6月に赤ちゃんが産まれるから家族みんなのシューズを作ってねと注文が来た。10年前に制作した作品から注文くるのがなんだか不思議なきもち。

さいきんとんと寒い(まちがえの言い回し)のでオイルヒータを椅子のきわきわにおいて、その上からヒーターと自分の膝に小さめ毛布をかけると即席こたつになってぬくい。そこにひさしぶりにみっしゅが夜にあけてーコール開けてやると膝の上に乗りたいというのでもちあげてびっくり。以前のおもさの半分くらい、きーつより軽い感じ。でもぬくい膝&ヒーターのうえにねてごきげん。

今日は昼ご飯の時に来たのでちょうどスモークサーモンがあったので食べて頂きました。塩辛すぎるのでちょっとだけやけど。いとおしやみゅ田一郎さん。

8分休んで帰って行く男

今日やっとみっしゅが部屋にはいってきて、ベッドにいったので、卵の黄身をさしあげた。一個食べて8分くらい横になってふりむきもせず出て行った。。。ベランダに寝てる時もあんまりかまうと、すーっと隣のベランダにいってしまう。そこへいくには1mほどジャンプせなあかんねんけど、みてたらずりおちそうなところ必死で腕の力で登り切った。やっぱり体力おちてる。

なにかが変わったみっしゅ

ここ数ヶ月、みっしゅは家の中に入って来ない。ベランダの椅子の上ではよく寝ててヨーグルトや卵の黄身は食べてくれるけど。前みたいに部屋に入って来てゴロンしないし、ベッドの上で爆睡もしない。顔見ると一番最初みたいに細目になってる。。。喋りかけてもあんまり反応なし、喉撫でるとちょいごろごろいうけど。気持ちが通う糸が切れたみたいな感じ。なんでやろ、体調悪いのかな。数年かけて次第に細くなって、毛も芝生みたいに固い。

ヨーグルトも目の前に持っていって初めて食べる。

みっしゅのクリスマス

22日に用事があって家に帰った時にクリスマスプレゼントとしてみっしゅにツナ缶一個買うていきました。なんといっても最近のみっしゅはお腹がぺったんでなんか毛並みも年寄りになるとみんなそうなるのか毛がスムーズにそろってるのでなくかたまりになって割れてる感じになる。これはなかなか言葉で説明しにくい。

みっしゅはとよもがいない間も毎日うちのベランダに来て寝てるよって母屋のひとが教えてくれた。その日もぺったりねてたみっしゅはもう以前みたいなボリュームはなく背中ゴロゴロもなんだかゆっくりでだるそう。家に入ってツナ缶開けるなりガツガツ。ガツガツ。ガツガツ。

heymicyug
鼻にしわよせなから食べてるぞ!

そのあとベットにいって熟睡熟睡宿酔。

今日も暑かったけど元気かな、あした帰るからー

 

2009年に初めてみた猫村さんが

2009年10月11日にとよものぶろぐにちょろりと登場した猫村さん、当時は怖がりで近寄るとシュッと逃げてた。

今は、バルメインでとよもの住んでたどくだみそうも、取り壊されてすごいおしゃれなお家になってる、その近くで今シッターしていて今日かえってきたら、塀の陰に猫村さんが!。猫村さんとよぶとそーっとよってきて触らせてくれ、ごろんまでしてくれた。7年のうちにすごい人なっっこくなったなぁ。

nekomurasan

すっかりおしゃれになってた、もとどくだみそう(写真右)
すっかりおしゃれになってた、もとどくだみそう(写真右)

いつもいそこにいてくれる

最近はシッター続きで、家に帰るのは週に一回土曜日に仕事するときだけやけど、帰ったらいっつも3分以内にみっしゅははいってくる。きっといつも隣のうちの庭で寝ててとよもが帰って来たら、よっこらしょと起きて来てくれるんやとおもう。なんとなくみかけもすこしもとにもどって幸せそうな顔してる。

となりの池で遊ぶみっしゅを陶器でつくったけど、すぐに手が折れてしまった。
となりの池で遊ぶみっしゅを陶器でつくったけど、すぐに手が折れてしまった。

通いでシッターしてるところのヤムヤムは手酌で水をのんでるところを、さつえいすると、なんやねーん。みたいなおもしろい表情になった。恐がりでなかなかさわらせてくれない、ヤムヤム。
yamuyamu2yamuyamu3