みっちゃんとぶきみくんの思い出

ここ数日猛暑40度とおもったら次の日は豪雨で16度とかの天気がつづいてたシドニー。今日までは、むかし住んでたバルメインで子猫の時から知ってるみっちゃんと暮らしています。英語名フィガロ、日本名ねこみち(みっちゃん)。

michimichi

みっちゃんのごはんはオーガニックチキンやミンチ。二人で分けて食べてねと言われ久しぶりのチキンをそこにあった白菜と炒めて、そこにあったフィッシュソースで味付けしてすぐに食べた。ずっとシッターつづきで気つこてたし、朝も6時まえには起きて散歩とかしてたので、野菜と玄米だとなんか体が疲れてくる。たまにはがっつりチキンか魚。

バルメインはこじゃれた海辺の町でとよもがいままで9回引っ越しした中では一番好きな場所。昔住んでた、どくだみ荘はつぶされて、すごいオシャレな3階建てのタウンハウスになってて、庭もないのになんと一軒2億7千万円!とかすごい値段。いまのとこと一個しか売れてない。とよもが住んでた時は一軒の大きなうちが7個に分かれてて家賃週180ドルやったのになぁ。

どくだみ荘には変わった人が集まってた。とよもがかぼちゃの種食べ過ぎて強烈な嘔吐と下痢でトイレからでれないでこのまま死ぬのかなぁという状況の時、トイレとトイレが壁一つのとなりのにいちゃんが玄関ドアの下に、24時間営業の病院の広告マグネットをそっと置いといてくれたことがあった。その人は会っても、目もあわせず、ほとんどしゃべらなくて、部屋はビデオで満杯、バスタブにはうすよごれた空のシャンプーで満杯、キッチンはピザの空箱で満杯でおもいっきり汚くしてる。どくだみ荘一古い伝説の住人、ぶきみくん。

家主さんによると、ぶきみくんはどくだみ荘取り壊しのあと、以前の2倍の家賃のところにひっこして行ったらしいヘェ〜

 

 

きーつににてる?

ともだちが、路端でおなかすかしてる猫を保護して育ててると知って、その猫ポピーの写真を見た瞬間、きーつみたいっておもってて、でもなかなか会いに行けず。

今日そのともだちから、おひるごはんいかがですかーっておさそいが。

シッターで猫にはずっと接してるけど、ポピーを見た瞬間なんというかなよろこび?がこみあげてる?。ガラスについた肉球の跡見ただけでもなんかぐっとくる。ベランダで寝てるポピーをずっとみて、あっ!いまグーした、とか自分の手、枕にしてねてるとか一挙一動に感動してる自分。

なんやねんこれ。

それで一枚写真をとらせてもらったら。

すごいなんか伝えてることがある顔。こんな表情の猫みたことない。ほんま

POPPYこれはきーつ、似てる?20150621_647925

さみしげなみっしゅ

今日ちょっと仕事の帰りに家によってみたら、みっしゅが玄関で寝てた。

いつもはみっしゅって呼ぶと喜んでごろんっておなか見せるのに、きょうはじっと目をみつめるだけで、ドアを開けても入ってこない。

ツナ缶開けるとちょっと食べてまたどこかに。

ちょっとするとそろーりと家に入ってきてた、おなかがぺしゃんこやせてる。みっしゅはいつものようにベッドに寝たけどとよもはすぐにいかなければならない、しかしいま抱き上げるときっと噛まれる。

なのでマットレスをしたからもりあげて、みっしゅが寝られないようにしてたら、すーっと振り向きもせずでていった。ごめんよみっしゅ。

土曜日はもうちょいゆっくり帰れるので、美味しいもの持ってくるね。

MISSYU

猫事情

4週間のくれちゃんシッターも終わり火曜日までシッターは小休止。くれちゃんは最後の方ですごく甘えてくるようになってそこはかとなく言葉も通じてる気がした、猫って言葉分かっていても直ぐに動かないにゃ〜。くれちゃんのお母さんがキューバから帰って来てお土産くれたよ。猫のキーホルダーと木の実でできたネックレス。キューバ猫の顔がなんともかわいいのでネックレスにつけてみた。これつけてたらイライラしないなきっと。

家に帰ったら玄関の椅子でみっしゅが待っていて、ドアを開けるとベッドにはしって、凄い勢いで寝た!呼んでも起きない、疲れている模様。みっしゅも色々大変みたいですわ。DSCN6471 copy

無償の湯たんぽ猫

あーあかん、しあわせや。
家の中で一人でのびーしたり、ベッドのうえにジャンプしたり、机のうえに載って来て、動くディスクトップピクチャーを手でさわったり。今はひざのうえで無償の湯たんぽみたいにぐるぐる喉ならせてちんまりしてる。
みっしゅが来てものびーしたり、すり寄ってはくるけど、なんやろこの
特別幸せな気持ちはどこからくるんやろ。
子猫のエネルギーは大人の猫と全く違うなにかがあるのかなあ。
人間の赤ちゃんみても、無条件にはーーって優しい気持ちになるのと一緒。
一瞬にしてその場の空気をかえてしまう、純粋なエネルギー
こりゃすごい。

くれちゃん15歳

今日から一週間、おなじみさんくれちゃんのシッター。
くれちゃんは15歳、でも体は1さいちょいのみーちゃんと同じくらいの大きさ。
しかーし、抱き上げてみると紙のように軽い、たぶん、みーちゃんの半分くらいのかんじ。

2月から始めた陶芸、今日やっと釉薬かけをして、あとは焼いてもらうだけ。
わくわく
鉢6個、湯のみ6個、ティーポット2個が最初の課題でそれが終われば好きなものを作ってもいいというシステム。ゆっくりなとよもは課題で3ヶ月もかかってる。
今度できあがったら、写真のせる〜。
ああ、それからこのとよもの部屋は今月13日で7年つづいてる
妹の猫雑貨のウエッブショップ、けいと屋ニコルについてるブログスペースだけど、それが6月25日で終了するらしい。なので引っ越し先を考え中。
とよもの部屋10年までつづける!。

ありがとうきーつ祭り


祭りって
「祭り」は命・魂・霊・御霊(みたま)を慰めるもの(慰霊)である。ウィキペディアより
こういうことか。。。
今日28日(オーストラリアではもう12時すぎました)できーつが亡くなって3年、その語もみっしゅをはじめ猫にはめぐまれていまして、ほんまうれしいかぎり。

記憶が花咲く

朝早くに、にゃごーにゃごーの声でおきた。
みっしゅがガラス越しに入れてくださいよ〜と
6時55分
帰って来たのがわかるんかな、
布団のうえに乗ってまるくなるみっしゅ
そのまま、ぐっすり
起きたら玄関脇の木に黄色い花が満開。。。
すぐ、キーツの最後の事おもいだした、最後箱の中にこの花いれたよな
この花見た瞬間にその時の感情とともにくっきりと記憶がよみがえった
感動はビジュアルであざやかにまた再現されるのか、ふむふむ
朝一みっしゅがかわいい

こわがり猫

みっしゅは、男でおおきい。
でも、小心者
家にはいってきて、なにかしら新しいものがあると(ということは何があるか全部憶えとる?)、えっ!というかんじで
避けて通るか、およびごしで匂いを確認するか。
すごいびくびくしながら。
そのとき、わっ!とかいうと、ほんまに10センチくらい飛び上がってびっくりする!
今日は北欧風柄のちいさな毛布をおいてたら、およびごしで匂い確認。
ここに寝て!と,毛布をぽんぽんすると
みっしゅはわかってるみたいで毛布にのってきて、柔らかさを感じでいきなりふみふみ
写真でも、指が開いてるのが写ってる。
この小さな毛布は、ともだちがなんと
みっしゅにと、わざわざ日本から買って来てくれた。
ばあちゃん達も帰って来たので、ごはんももらえて
しあわせなみしゅいち。

なんか高貴な感じすらあるよこがお

みっちゃんとカーリーここまるとおわかれして
帰って来て,5時間。
しょぼふる雨の中、きてくれましたみっしゅ。
まずは、たまごの黄身でご歓迎。
そそくさと、ベッドのうえにくたねこさんとお並びに。
でかけるとき、口元がまた腫れてたので心配してたけど、治ってるよ!
男前ぶりあがってる、なんか高貴な感じすらあるよこがお。
たずねてきてくれてありがとう。みしゅいち。こころやすまる〜

好きな動物と一緒に暮らすのが仕事とは、何とラッキーなことか。
そのうえ、都会に暮らすと
友達とかと会う機会も増えて楽しいし
やっぱり、店が沢山あってそこ歩いてる人のなかにいると、その空気の高揚みたいなのを感じるよ〜。場所に命があって呼吸してるのが分かるみたいな感じ。
犬の散歩では,知らない人同士でもあいさつしたり、ちょっとした言葉をかけてもらったりすることもうれしい。都会で一人で歩いててもこんなことはないけど、動物と一緒だと普通にお互い垣根がなくなる。
帰る時にみっちゃんが膝のうえにのってきて、喉やほっぺを指でかりかりしてあげると、ぼたぼたとよだれがなみだのようにどんどんでてきて、びっくりした。
ここまるがいっしょだと、いつもここまるがとよもにくっついてくるので、猫のみっちゃんはなかなか、膝のうえにこれなかったからかな。
よだれって、うれしいわ〜の合図かなぁ?