マジックワード

仕やる気がぜんぜんでないきーつととよも今日この頃。
きのうガイアシンフォニーのサイトで監督の奥さんのブログのマジックワードという項目に、『ありがとうございます、感謝します』と毎日10回言葉にして言うと、どんどんいいことが起こってきた書いてあったので、それはいいわーと今朝から初めてみた。
その後クロワッサンを買いにいったら、いつも2ドル40セントなのに、おばちゃんは2ドル20セントといい、いつもはしないのに、暖めてあげるわねとレンジにいれて、ほかほかにしてくれた。なんで?
その後電話が久しぶりに鳴って、友達がミシンをくれるという。今仕事するのに、ミシン必要で近所の友達に借りにいこうとおもってたところ。すごくうれしーありがとう友達よ。
マジックワードきくよーやってみて。

透け猫のれん

ベットルームのガラスドアにはカーテンが無くずっと友達がくれたインドのスカーフを目隠しにしてる。でもスカーフ一枚だけなので左から、ベット丸見え。
昨日けいと屋ニコルのサイトで、白にオーガンジーっぽい猫のシルエットが透けてるのれんをみつけた。サイズが85x150でドアの横幅ぴったりで長さもガラスのしたまでくるみたい。
http://www.keitoya-nicole.com/?pid=8000721&csid=0&sort=n/
こののれんかけたら、ちょいエレガント気分になるかなぁ。のれんでエレガントっうのなんかおかしいけど。

猫のキーツのかわいいキッチン

こぬか雨ふる御堂筋〜
やっとキーツのキッチンの撮影が終了45かっと撮りました。掲載がたのしみです。きーつは隣人がくれた犬用のベッドに羊毛いれてたら、今週からそこを昼間のベットにきめたみたいです。羊毛に埋もれ昼寝してます。何も知らないような顔で実はつぶさに日常を観察して気持ちのいい場所をきっちりみつけます。新しい手芸本の骨組みもやっとできあがりつつあり、うだうだしてた心もすこし光が。。。

とよも作品ananに載る

去年、東京の中目黒のgod dog bless youというお店にたくさんの作品を買い上げてもらいました。そのなかの一点が4月2日発売されたアンアンに掲載された!
昨日お店の方が雑誌を送ってくださいました。
むかーしから読んでいたアンアンに自分の作品が載ってるってうそみたい。
でも残念ながらgod dog bless youは今年になってから一旦閉店することになったらしいです。
今後お店で扱っていた雑貨は、ネットショップで展開するそうなので、決まったらお知らせするねー。うほうほ

タイの刺繍

友達がタイで買ってきた子供用のスカートをわけてもらった。上の方にオレンジ、黄緑、ピンクのラメなどなんともキッチュな色のライン、その下にピンクの糸でクロスステッチがびっしりとはいってる。上のゴムの部分をはずして、ひだをのばして素朴な綿の布と合わせてキッチンのカーテンをつくってみた。かわいいぞなもー

レース編みのミニミニくつ

妹に頼んで京都の恵文社から買ってもらったANANOさんの本2冊と刺繍や染め、織物で素敵なアートつくってる、森麗子さんの本が今朝届いた。ANANOさんの本みるなり、集中してレース編みの靴つくりましたよ。かわいいっ。
最初のが本のなかにある、編み方をみて自分で編んだ物、最後のがANANOさんの本のなかの写真。

ねこピタリアル版?

久しぶりに、華やかなパディントンまででかけてみた。かわいい店もセーター200ドルとかでとても買えないものばかりだねー
みるだけみるだけ、と見てたらディスプレイにでかい猫のシールがはってあった。これ貼ってるだけで注目度アップするとおもう。
隣の写真は、オーがニックの野菜や食品売ってる店ですごくかわいかった。
オーストラリアの良さはこういうなにげないかわいい店があるところ。

フェリー

今日は、仕事がするするすすまず、打ち合わせ座時間ぎりぎりまであたふたしてた。
普通はバスあんど、歩きで仕事場まで行く(3ドル)だけそうしてたら約束の時間に間に合いそうもないので、はりこんで5ドル20セント(520円よ5分で到着)のフェリーに乗りました!
それで30分節約。
フェリーに乗ると悩みとかみんな風に飛ばされてしまうみたいで好き。

くたねこシドニーに行く

ゴールデンウィークなのでけいと屋ニコルのくたねこもhttp://keitoya-nicole.com/?mode=cate&cbid=299562&csid=0&sort=n/ ちょっとシドニーにきました。ここはシドニーの港町バルメイン。シドニーの気温は朝6度とかですが、お日様がでてくれば暖かいので海辺でかわいい料理本を読んでいますよ。ちいさな波の音と、潮風のにおい、からだにしみ込む太陽のあたたかさ。くたねこ極楽ですー
ちなみにオーストラリアのほとんどの女子は旅行するとき、でかいマイ枕もってゆくのです、なぜか。