投稿日:

信じていればええねん

猫シッターは、好きな猫と素敵な家で暮らせて(小さな自分の住処とくらべて)キッチンや冷蔵庫にあるものはなんでも食べてねといわれ、そのうえお金がもらえる素敵な仕事。でも今回病気のぽんちゃんがシッター中にもっと具合が悪くなり動物病院に走らなあかんことに(タクシーでいくけど。。)。

そんなとき、海外にいてる飼い主さんは心配マックスになる、そのあいだにはさまれて自己否定力が威力を増しとよももけっこうきゅうゆうになる、最初は飼い主さんに叱咤激励されなから指示に従うのがめいっぱいやったけど、これって信頼されてない証拠?むらむらそんな考えが起こってきた。

それで

安心してもらえる自分を目指してぽんちゃんが下痢になったとき飼い主さんにいわれなくても、獣医さんに治療後テキストメッセージで質問し、そのあとでぽんちゃんのこと飼い主さんに報告したら。

それは注射のせいかもしれないので獣医さんに聞いてみてくださいと言われた時に、いやすでに聞いてこういう返事をもらってるので大丈夫かととか今日言えた。

はじめは悔しさで相手を責めてたけど、その経験をもとに自分を変えたらええだけやった。いつもそのくやしさを感じなくするために相手を悪者にして安心してたんや。

 

毎日の現実はほんとうは映画で、自分は俳優で演技してるだけみたいなふうにかんがえれば、ほんとうの自分には心配も不安もない。台本の通りことが起こってセリフを本当みたいに言うてるだけ。そのなかで湧いてくる感情も演技の一部とおもえばいい。でも俳優の世界ではそのなかから台本にないはずの感情からの表情とか考えとかアドリブとかがマジカルにでてくるらしい。それはどこからでてくるん?それが演技のある意味?それともそれは別世界へのわーぷ?過去生の経験から?

現実劇場では言葉でのコミュニケーションは妄想から感情が発生したりしてみんなが自分の考え方が正しいと思うか、嫌われたくないがために本心を隠して言葉を出したり、自分のことしか考えられず喧嘩になったりするけど。そんなことにいちいちこころをわしづかみにされず。ただの演劇よのう〜と一歩離れたところでじぶんをみる練習するのがいいかも。

投稿日:

元気になる写真

シッター先のメロンはいつもここでこんなかっこうでこっちをみをろしてる。見ただけで笑えてくる。

下のまるみもなんともいえん。

今回のお客様は、若いメロンとちょっと年で皮膚病のぽんちゃんの二匹。メロンがいつもぽんちゃんにおそいかかるけど、ぽんちゃんはするりと逃げてしまう。

ぽんちゃんは、錠剤と液体の薬のませなければいけないけど、ご飯に混ぜてもそのままたべてくれるから楽。ねこによるときっちり錠剤だけのこしたり、くすりがはいってると絶対食べない猫もいるからね。

薬はステロイドともいっこは精神安定剤みたいな成分もはいってるみたいなので、くすりのいやなとよもはのませるのもいやだけど、しかたない。。飲ませなからもリラックスできるようにブラッシングしたり喉の下なでたり。1日目は2匹とも別々の部屋でねてたけど、昨夜は二匹ともとよものベッドで寝てた!

これからじんわりなかよくリラックス生活して、シャカシャカ掻くのかすくなくなるとええなぁぽんちゃん。・

投稿日:

9こめの住処

シドニーに来て9こめの住処に来て一週間、今やっとおちつきました。

住む場所が変わるということは、なんだかごっそり生活スペックが変わるのでしんどいけど、変化がおっくうなとよもには強制終了バーン!キャー!みたいでいいのかもね。

新しいとこは庭に新築された2部屋の小さな家で、ちゃんとしたキッチンオーブンやおっきな冷蔵庫に洗濯機乾燥機、家具類はすべてついてる。いまのところもう一個の部屋には誰も住んでないけどゆくゆくは誰かがきっと来る。それとリビングにでっかいテレビがあって母屋に住んでる家主さんのことも3人がそこでテレビ見たりゲームしたりしにくるらしいけど、とよもがきてから誰もこないので、やぬしさんにメッセージで『子供達が遊びに来ないのは私に気をつかってるからでしょうかね?』と聞いてみたらこんな返事が。

『子供達はあなたが落ち着けるまでまっているみたい』

なんとまぁ素敵で大人な対応。こどもは、16、13、10歳子供の方がとよもり心はおとなだ。

そのうえ2匹の猫もいて、裏には自分専用のちいさな庭に椅子とテーブルがあってそこでひとり陶芸もできる。

この前の二人展でオーダーのあった作品をつくったけど、誰がオーダしたのか書いた紙なくして分からない。。

投稿日:

繰り返す感情をいいふうにひっくり返す

去年に創ったりんさんのフェルト猫、摘みたての茶畑でなにやら誇らしげな感じ。フェルト猫の製作はいつもすごいこわい、うまくできない(今まで何回も失敗してる)、きっと似てないとかおもう心が立ち上がってくるから。集中して創ってると全体が見えなくなって、写真を撮ってみてからはじめて、えっ!似てないやんとかわかる。肉眼で見たのと写真を撮って見たのとではなんだか違う、いつも違う。毎回今回で山超えたとおもっても、次作る時はまた山の下になぜだかもどってる。。。それじゃあいつまでたっても自信がないままやん。おかしいなぁ。

りんさんをオーダーしてくれた方たちがとよもがつくったりんさんを毎日大切にしてくれていろんなところにも連れて行っていてくれているらしい。ふとおくられてくる丁寧な文章の中には、ほんとうに必要とされてるりんさんがいる。フェルトで創られたりんさんに家族のかたたちが寄り添っていくことでそこには何かが産まれている。そしてそのなにかがとよもにも送られてくる。いなくなってかなしいけど、すごく楽しい日々を思えばそれはいつもそこにある。

そういうことはやっぱりすばらしい経験。(ここから気分がかわる。。)

人も物もみんないっしょ。自分もとなりのおっちゃんも、木も、つくえもつきめれば粒子になるから、いっしょ。詳しいことはわからないけど色々違うかんがえもあるけど、とよもはなんだか最近そうおもう。

おこってることが、悪いことでもいいことでもなく、ただ経験としておこってる、それを受け入れていくだけ。これから電車に乗って家に帰るとかそういう計画はあっても、電車でなにがおこるか、道でなにを見て何をおもうのかは誰もわからない。電車に間に合わなかった人が、すごいちくしょう!とかいうかんじで怒ってるのを電車から見て、それは怒ってもどうしようもないからそんやなぁとおもう。変に心配したりし、後悔してもしょうがないこと。

悲しみもそうかな、

それならなんでも、うれしいことにしとこ。

家賃上がっても、なんかあたらしい場所でなにがあるかわからないことがうれしい。毎回悩むフェルト猫製作も悩むと思う心の癖で実際は100%仕事としてこなせてるし。なーんや。変に考える癖はながねんかけてつくったから、いつもでてくるけど、そのたびにちゃうちゃうっておもうことをくりかえす。

繰り返すをひっくり返す

2月に亡くなった友達が植えた木に昨日花が咲いてた、いつもおもいだすと苦しい気持ちになってたけど、その花みて、ああ生きてるんや、太陽浴びで成長して喜びを表してるんやってすごいかんじた。

 

投稿日:

なんと10年ひと昔

今、このブログの一番最初の日みたら2008年4月から始まってるから先月で10年も続けてる。すごい。

それで、10年まえにガラス工芸のコースに行っててそこの学校の陶芸クラスの人がつくったリアルな猫が描かれた壺を買ってる。その時は自分が陶芸始めるとはぜんぜんおもってなかった。その壺はちょい欠けてるけど今も持ってる。

マウントクーリンガイの家に引越しして7年目。で家主のじいちゃんばあちゃんはだいぶ前に親戚の家に引越ししてて、じいちやんがが去年亡くなり、空き家だった母屋が売りに出されてる。なので何時売れるかわからないのでとよもも引っ越すことに。引越し先はいろいろあったけどまた同じような庭にある小さな家をみつけた。でも家賃は週200ドル。いままでより月にして300ドルも上がるし、掃除の仕事はひとつ無くなって心細いけど、まぁシッターの仕事も定着しつつあるしでなんとかなるやろ。

昨日みつけて、かっこえええーとこうふんした陶芸家、塚崎愛https://www.megumitsukazaki.com/

この作品やウエッブサイトから川久保玲のようなストイックな人?

http://www.haconiwa-mag.com/magazine/2014/08/post_131/

まだたぶん20代でたぶん去年までは実家の自分の部屋に轆轤とちいさな電気釜で製作していたもようをみて、どんなふうにでも自分がやろうと思えばスタジオはできるんやなぁって。

またこの人の作品名とかインスタグラムに書いてる言葉もすごい好き。ジュエリーをおくリム皿に透明釉薬があつく入ってその上にちいさなring pillowがある作品が、一滴成海とか。

人にとって
生み出すことは
潤い満ちることなんだと
おもいました

とか

わかいのにすごいなぁ。。年って関係ないよな。。。

なじみ客シッター中のみみ

投稿日:

難しい猫は自分自身

難しい猫

いままでで一番難しい猫シッターは、今やってる4匹猫、そのなかでも黒豹みたいな猫は、すごい食べ物に執着しててとよものご飯をとりにくる、他の猫のご飯を奪う、なのでシッター中は落ち着いてご飯が食べれない。猫は全て、シドニー捨て猫保護協会から引き取った猫たち。きっと捨て猫時代にひもじいおもいしながら、必死で食べ物探してた時の想いがまだくっきり記憶にあるんやろね。

そんな黒豹にガラスの保存容器割られたりしてとよもはもう、やめてぇや!この猫悪い、嫌いとかいう感情をふりき、言葉にも出してた。うおりゃー

黒豹は寝る時もクッションとか箱のなかとかでなく、ゆかに倒れるように寝る。しブラッシングも大嫌い。抱くことはできるけどいつも他の猫ともパンチの応酬でおたがいに毛繕いとかしてるのみたこともない、孤高な黒豹。

それが今回シッター3回目で、黒豹がすこしおちついていて隣の猫のドライフードも皿から落ちたものをばしっ!と押さえて自分のところに持ってきてたべるくらいで、横から顔突っ込んで食べにいったりしなくなってた。なのでとよもも『おおええかんじやんか、成長したなぁ』といいなんだか黒豹が愛おしくなってきた。

そして今朝おきたら、ベットの端っこで黒豹が寝てるやんか!そのうえごはんのときも、とよもの足元にゴロンして足にじゃれるいてくるやんか!なにこの変化。

ははっーん

黒豹が大人になったからとよもの嫌い波動が出なくなった。なので黒豹も心が開いてきたんやな。

ははっーん

それってとよも自身の中で起こってることと一緒ちゃうん。

自分の嫌なところを、あからさまに嫌がり嫌い波動を自分に向けて出すと、自分が自分たいして閉じこもる。そのことを自分ではわからんままにそういうことが普通におこなわれててそれがほんまのじぶんやとおもて日々反省したり、ああやってしもたーとわかった瞬間するりとそれを他の何かのせいにする術つこたり、ほんでまた嫌われたなぁとかじゅくじゅく考え、自分を正当化してみたりそんなことの繰り返し。

じぶんのなかに黒豹つくっておりにいれたまま、悪いエネルギー自分に向けてだしてた、あかんやんそれ。

自分のことは悪かってもなんでも、それでええんやって受け止めてあげると不思議と、日々微妙に進化していくみたい。

そのようにしてとよもも自分の黒豹にそのままでええやんかと言い、嫌い波動消滅。

世の中に悪いものって考えたらみんな人間の考えできめる。動物には動物の本能があり、その動物と一緒に暮らしてる人間は動物の本能を理解せなあかんよね。

人間にもうもれてるけど本能あるし。

黒豹ありがとう。

投稿日:

タンポポの綿毛をふぅーってふくみたいに自由にほわほわ

二人展のオープニングは人でぎゅうぎゅう。

用意したワイン12本と黒パン、ホールミールパン、スモークサーモン、チーズ、クラッカー、ピクルス、人参とコリアンダーと昆布のサラダ、フルーツサラダ。きれいに無くなったー。

それというのも、もう一人のアーティストShigemi Nakamura-Simmsさんは大学で奈良美智さんが先輩で、よく一緒に飲みに行ってたという。その後ロンドンに留学し帰国後も有名雑誌社でとよももずっと読んでた雑誌のデザインをし、オーストラリアに移住。そこでとよもがシドニーで働いていたデザイン会社で出会ったのでした。なので彼女の人脈は有名な人多し。シドニーでの交友関係もひろーい。

会場として使わせてもらった Atelier by ReNCOUNTER  は、地球にじぶんにやさしいライフスタイルを探している人々の為の空間として創られ。その関係の日本の本や雑誌、雑貨をセレクト。お茶をのみながらゆっくり好きな本を読めそのうえヘアカットもできるという多目的空間。正面のおおきな半円の白い窓や、インテリアもほどよくおしゃれでいつも自然な空気が流れてる心地よく軽く日常からワープできる。こんなとこに住みたいなぁ〜

オープニングの日のお昼に始めて二人ともがお互いの作品を見て、すぐにどういう風にレイアウトするか決めて2時間もかからないうちに完成。一緒に並べた瞬間からなにやらほんわりした空気がかもしだされて、ごく自然になにもかもがながれて、終ってちょいはなれて見て、ええやんってよろこび合う二人。

二人共に、いままでもってて消化しきれなてかったことがらなどがあって、制作に没頭することで素のじぶんにもどってどんどん自分の中におりていってこびりついてた何かをかきだすような作業をしたような。それで完成したお互いの作品を同じ空間においた瞬間掻き出した物がタンポポの綿毛をふぅーってふくみたいに自由にほわほわ。

投稿日:

明日からシドニーで二人展

もう明日や。。

今回光を透過しやすい磁器粘土(そんなふうによぶのか?)で作品のなかにLEDライトをいれてほんわり光る動物を15個くらいつくるともりが、ライト入れたのは3つだけというしょぼい現実。陶芸は週一回教室に行って製作して、素焼きして、釉薬かけて、本焼きしてって時間がかかる。素焼きや本焼きは釜いっぱいになるまで焼かないからできてもすぐに焼きあがらないし。といういいわけとかしてもむなしい。

ほしいものおといあわせがあればコメントまたはメールでおしらせください。

明日売れてしまってたらごめんなさい。

白いバンビは身体が厚すぎて光を透過してないから足になってるクリスタルが光ってやけにめだつし。。

クリスタル足の鹿と蓋物の鹿は手の平サイズで$110

鳥は$60

 

 

青い鳥花瓶$90

親子の白熊$90

親子のシロクマと狛犬$90

白鳥ボウル30センチくらい。$90

鳥ボウル$90

鳥ボウルミディアム$90

小鳥つきボウル20センチくらい。$90

白鳥鉢手のひらサイズ$50

鳥ボウル$40

鳥ボウル2$40(白鳥鉢手のひらサイズよりおっきいけど、釉薬の色にムラができてるので)

コヨーテぐい呑$40内側は茶色の釉薬が変に流れてます。

きのこぐい呑$40お気に入りでもどうしてもきのこが、、おれやすい。。

水色シロクマ$30足短い

投稿日:

おおきくなって帰って来たやまちゃん

きのうから、庭に降りる階段の付近にマグパイをみかけてて、今朝もなにかカサカサ音がするので忍び足て庭にいってみつけたとたんに記憶がよみがえった。

『やまちゃん、帰ってきたんか!』

とよもはいつも、猫とか鳥とかに出会うとかってになまえが口から出てくる、バルメインの猫やまだくんや、しもじくん。からすのエレエレとか。

やまちゃんにマンゴーの皮さしだすと、階段のとこまで飛んで来て、とよものほうをじっとみてる。

憶えているんや。

12月3日のブログにもかいた、まだ羽もはええそろわなく自力生活訓練中で、ひーひーないてとよもにくっついてきたやまちゃん。水につけたミューズリーを必死で食べてたやまちゃん。

ちょっと立派になって、もうばんばん飛べるで!

あーすごいうれしい!ありがとうやまちゃん。

そういえば昨日拾ったマグパイのはねたばねて、枝にくくって自然の筆をつくってた。それで陶芸の釉薬とか塗ったら面白い模様になるかなとかおもって。黒い羽のもちぬし、それをひらうとよも、かえってきたやまちゃん。ループや循環やなんかのいりぐちかここれは。。。

投稿日:

雲にのっていくとこまで

今朝急に

2007年におかんから借りてた携帯を充電して見てみた。その時のメールと写真、そのなかにはとよもが日本でおかんの看病してるあいだ、シドニーできーつのお世話してくれたともだちが送ってくれたきーつの写真もあった。携帯一個で時間をワープした。

ここはどこ?見たいな気分。

2007年おかん、2010年おとん2011年きーつとみんな亡くなってその4年は特に回りの人たちに助けられてたんやなぁと今はおもう。

もっとさかのぼれは、1993年に始めてシドニーに仕事みつけて、グラフイックデザイナーとして働き始めた時に、ともだちがとよもの誕生日にきーつを連れて来てくれた。

これがその日撮影したものでプリントが残ってたのでそれをさっき複写した。

きーつってけっこういつも、何か悩んでるようなかおしてることおおかったけど、子供の時からそんなふうな表情してる。

そしてこれが、18年後病気になって寝ているきーつ。

元気だった頃バルメインの我が家で

このバックの絵は自分で描いて気に入ってたけどマウントクーリンガイに引っ越しのとき車に積みきれなくてすててきた。上にも黄色い鹿がいる。2匹が一個に重なってる。

今日マウントクーリンガイの家が売りに出された、家主のじいちゃんが去年7月に亡くなってばあちゃんは今ゴールドコーストのじいちゃんの姪の家で暮らしてるというか、ほとんどベッドで寝ている。ので母屋は空のままだったからね。すこしのあいだ、じいちゃんの親戚が住んでたけど。。

この家が誰かに買われたら、とよもはここから出て行かなあかんことにもなるかなぁ。

人生って流れる雲にのってるようなこと?

いったいどうなるがだれにもわからない。そんならそこからみえるものやら触れる物やらの出会いにはありがとうとおもいその今見えてることしてることだけに集中してたらええということかな。

3月19日から30日まで友達と二人展をニュートラルベイのそば屋さん新橋の2階の

Atelier by ReNCOUNTER

シドニー以外に人にも買えるようにします。