投稿日:

スランプ?かいな

この前スターデザイナーに表紙デザインを変更されでから、
頭スカスカで自信ソウシュツ。
ああーもうでざいんできんーそのうえ、いま!
友達が創った絵がいきなり壁からドンガラガッチャンとおちてきましたー
なんですか?エクソシスト?たすけてー
神様が怒っているのでしょうか。
ただいま,そのため(ドンガラガッチャン)よごれちまったラグ洗濯中。
こころおちつけ自信とりもどさなきゃね。
写真は借りたデジカメで撮った最後の写真ですぅー
ドンガラガッチャンとは’雰囲気ちがうけどどごめん。

投稿日:

猫のかぶり物ふぁんのみなさまへ

あみぐるみの、足をきーちゃんにかぶせてみました。
黄色いマイメロディ?
いつもこういうことばっかりして、ほんまとよもはひまやなぁー
といってるような顔のきーつ。
昨日は友達の誘いで、サウンドガーデンという、デジタル音とライブの楽器演奏をミックスさせた音のなかで、瞑想する、というか横になってリラックスするというのを、たいけん。
このごろずっと日常の些末なことにふりまわされたたから、昨日の瞑想で、
スピリチュアルな扉のなかにまたすこし入っていけた気がする。
日常を過ごすときも,もう一人の自分がいて、雲の上から見るような気持ちとで、うまくバランス撮ると良いような気がする。
気がするばっかりやん。。。

投稿日:

猫のティコジー

友達から『彼女の誕生日にプレゼントしたいので、彼女の猫をモデルにTEA COSY (ティーポットカバー) を創ってほしいというオーダー。
40ドルだよというと、『それは安過ぎる、僕は君の作品に十分な金額をはらう』といってくれたなんとも、うれしい素敵な友達。
そのモデルの猫は他の猫とけんかして、片目をなくしたチョック。
送られてきた写真を見るとなんとも神々しい表情。
色々制作したなかから、2点をみせてみた。友達はどちらも好きなので両方買って良い?という。これまた素敵だ。
誕生日に自分の猫のtea cosyプレゼントされた彼女は、それから毎日アンティークのティーポットにかぶせて,大切に使ってくれているという。うれしいやまもり。
なのでその作品を今度出版する本に載せようと思った。
それで今日撮影に行ってきましたよ。
猫の模様ってフェルトで創るのむつかしい。。。
ありがとう、友達あんど涙がでそうなくらい素敵なチョック

投稿日:

写真の勉強

やなことは、忘れて今しなければいけないことに集中しようとしてます。

デジカメかこわれたので、出版者から大きなカメラ借りて製作中の本の作品を撮影してます。
作品製作、デザイン、写真、文章、みんなひとりですることになった。

それには、いろんなボタンがついていてなにがどうなっているのやら。英語の説明書を読んだり、ネットでしらべたりし、印刷に対応出来るピクセル数と絞り2.4にあわせることができた(それが一番ちいさい、ほんとうは1.4が後ろボケるから好き)。家具を明るいところに移動したりしてがんばってたら、きーつがすましてぽーず。

投稿日:

デザインした本ができた

オーストラリアでの初めて、本一冊326ページデザインしました。
わたしが、こっちに来るきっかけをくれた写真家の写真日記。
制作途中でいろいろあって、仕事の難しさ素肌で感じたー
いたい、いたい。
もっと,紙質とか意見出したりサンプル持っていったりししたらよかったんだ。
この革の表紙も好きでなかったけど、押し切る説得力も、デザイン力もなかった。
ぷはーっ
とりあえず、ビール飲みました。
デジカメこわれたので、マックのカメラでとったら、反転写真ですねぇ。