投稿日:

どうぶつぽーち

土曜日のマーケットの為に、はりねずみとうさぎのポーチつくった。今回は裏地もつけたど。
でもうさぎ用ファスナー買いにいかな、それでい今日が終わる。。。マウントクーリンガイ

投稿日:

ポッサムにあかちゃんできてた

去年の4月頃にポッサムにぱんあげてて、あんまり最近みかけないなぁとおもってたら3日くらい前になんと、背中にあかちゃん、といってもけっこうおおきいこどもを背負っていた。
それからまた、毎日ぱんをあげてたけど、私が近づいても逃げずにその場でたべるのはぽっさんだけ(名前をつけてみた)こども背負うその姿、なんとか写真にとりたいと毎日挑戦して、やっと撮れた。
手に持ってるぱんが黒パンやからあんまりわからないけど、両手でしっかりつかんで、もくもぐたべてます。今回はフラッシュで撮影してみたよ。ほんまにかわいいわぁ〜

土曜日にウィロビーにあるハミングカフェの前の広場で小さなマーケットがひらかれるのですが、そこにとよもも、すこしシルク羊毛のスカーフ出します。
北欧小物とかのお店もでるみたいですよ、音楽もあるみたいですよ、ハミングカフェはランチもドリンクもおいしいよー。
9−3時
Shop 4, 217 Eastern Valley Way

投稿日:

おりじなるな手編みのセーター、一枚から556枚まで

日本に帰った時には絶対に行く、京都の恵分社一乗寺店、その店長さんのブログでみつけた、なんだか勇気がわいてくる、話し。
LOES VEENSTRAニットの仕事
彼女は1955年から全く自己流でサイズも色も柄も違うセーターを編み続け、誰のためでもなくすべて、段ボール箱にいれていたという。それを美術館が発見して一冊の本にした。
その作品を556枚、一年に10枚づつくらい編み続け57年。アイデアはどんどんでてくるものなのだなぁ、すごいな。すごいな。すごいな。
最後にあるビデオみてね。
なにごとやねんって屋根からこわごわ見てる猫もかわいい。
誰のために作ったでもない、セーターをみんなが着て、たのしそうにパフォーマンスしてるのを女王様みたいに、微笑みながらみている彼女がいとおしいな。
本もデザインが粋。
http://keibunsha.jpn.org/?p=6177