投稿日:

ほんまのばあちゃん

家主のばあちゃんはいつもいっぱいやることありすぎて、毎日けっこうその事に付いて,心配してる。忙しい忙しいが口癖。今はクリスマスカードの返事が滞ってて大変で、物がいっぱいあるガレージを見ると、いらいらするらしい心配すぎて泣き出す事もある。
そんなばあちゃんみてると、何でも自分の考え方しだいやなーっておもう。
大変と思うと大変、できるときにやっていけばいいとおもえば別に大変でなくなる。
なんか、ここにきたときから、ばあちゃんは、とよもの鏡みたいにいくつかの悪い習慣や心の中の柵みたいなものを映し出してくれてる。最初の頃はそれに気がつかす、正面衝突してたけど、最近そのことに気がつくようになって来た〜。そして今は仲良くなれて来た。
去年から92才と87才の二人の所には、一日中ケアラーの人が来るようになった。4人ぐらいの人がローテーションで来るけど、そのなかにも、以前のとよもとばあちゃんみたいに、お互い自分を主張しあってもめるひともいる。
自分の考えからはみ出るばあちゃんの言語行動を、本当に大変だわ!といつも、不満を言う人もいる。
でもそのなかに、いつもやんわりした態度でなにがあっても、その態度は変わらない人がいる。
ひとつの考えから抜け出れなくて、イラつくばあちゃんを『あなたはとってもゴージャスよ』と抱きしめる。その人はもう一目見た感じからも、いい人感がただよってる。庭にミントや、バジルを植えてみたり、お料理も冷凍ちん!ではなくいろいろ作ってくれてたり、凄い自然にばあちゃんじいちゃんと楽しく時間をすごしてるように見える。
そのケアラーの人こと、みてからとよももなんとなくばあちゃんの、不器用なとことか、言葉はきついけど、寂しがりやなんだなとか、完璧主義だから、人の事も自分の事みたいに気になるんだとか本当のばあちゃんが分かって来た気がする。
愛のあるケアラー
そのままのばあちゃんを受け入れてる、そのひとといるとばあちゃんもおちついて、笑ってる。
みっしゅの空中もみもみ
後ろの猫のクッションはばあちゃんが、パームツリーばさばさを片付けたお礼にくれた。
以前くれた、着物の女二人のクッションより断然ええわ〜

コメントを残す