投稿日:

うさぎから教わったことまとめ

昨日のリバティーは部屋に出しても椅子の下とかでじっとしてた、とよもが他の部屋に行くと、なんか行動的になる感じもした。それと今朝のよろこびいっぱいのリバティーはまるで違ううさぎみたい。リバティーの飼い主の友だちが後で教えてくれたけど、飛び上がって回るのは、うさぎが一番ハッピーなときにすることで、英語ではBinkyというらしい。走って来て飛んで方向転換して走り去る、今朝のリバティーはこれを4回くらいつづけてた。そんなにうれしかったんかいな。

リバティーの変化にはとよもの気持ちが関係してるのかも。ケージにはいらないリバティーが難しいうさぎと想うことは自分勝手な考え方で、そんなとよもの気持ちがリバティーを敏感にさせていたのだとおもう。それで今朝は、ケージから出すの待たせたのでごめんごめんという気持ちで扉もこころも解放したからリバティーはありのままの自分でいられた。

見る側のとよもの想いが見られるリバティーのきもちを創り上げるともいえる。人間関係もすべてそうなのかもなーー、だからあの人はこんな人と、自分で思っていても、他の人から見たらまた違うだろうし、自分の他人への想いは自分の受け取り方で作り上げたことで、それは自分の考え方の癖とかにも左右されるなぁ。結局自分の考えがネガティブだったら他の人のこともネガティブに作り上げてしまうこともあるだろうな。でもそういう自分の想いがその人に影響するならちょっとかんがえたほうがいいな。これって新しい視点。ありがとうリバティーといいつつ写真は猫のジンジャー

とろけるアイコンタクト。
とろけるアイコンタクト。

コメントを残す