投稿日:

女が髪を手櫛でエロく整えるしぐさ、うさぎバージョン

なんとなくうさぎまみれの生活にも慣れてきた。

前回はうさぎと猫を交代にリビングにいれてくつろいでもらうようになってたけど、今回猫は外猫の友達が出来てずっと夜も外で寝ている。そして猫の代わりに病気のロジャーといううさぎが新しく住んでて、おかあさんに溺愛されてるリバティーとこんどは交代で1−2時間づつケージから出してリビングで走れるようにすることもシッターの仕事。

前回リバティーをケージから出すのはいいけど、なかなか時間になってもケージに入ってくれなくて苦労して、入れーという念を出している自分の勝手さがわかって、うさぎの気持ちになってみた。そんで、そりゃあ部屋で走り回るほうが嬉しいよなって思った瞬間リバティーは、奇妙なジャンプをみせてくれたなぁ。

そうやねん!って言うてるみたいに体からうれしい!なんかがでてた。そんで今回とよもは、入れーオーラを出さずに、ウクレレとか弾きながら歌ってたりしてた。そしたらリバティーはだいたい遊んだら一人でケージに行くようになったよ、ケージには一番好きなウサギビスケットおいとくのがコツ。あー苦労がきえた。

かたや、病気のロジャーは抗生物質が効いているのか、野菜もかみきれてるし、動きもどんどん機敏になってきた。もう月曜で抗生物質注射は終わったのでこのまま自己免疫力でがんばれー。

今朝ロジャーをリビングに出して本読んでて、あれっいてないなぁと探しに行ったら、とよものベッドの上でくつろいでた。ロジャーが自力でベッドにジャンプできるくらい元気になってる。そこで霊気をやってみたら、手のひらに顔をぴったりくっつけてきて、猫みたいにとよもの手をなめてくれた。

かわいいわぁー

rojer1rojer3そのうえ、とよもが一番すきな、女が髪を手櫛でエロく整えるしぐさをしてくれた。耳掃除してるだけやけど。rojer2

投稿日:

ひかちゅうしゃ

昨日から、いつものうさぎ、猫シッターやけど、今回は事情が違う。ひとつにうさぎが一匹増えてる、もう一つジンジャー(雄猫)が、野良の雄猫と仲良くなってずっと一緒にいる。

ふえたうさぎは、歯茎が悪くなって草も噛み切れない状態から、いまやっと食欲も出てガシガシかめるようになってるけど、毎日抗生物質の皮下注射をしなければいけない。オーナさんがいるときに一度練習させてもらったけど、何回もトライしたあげく、怖くて腰が引けてるとよもは、針ちゃんと入ってないのに、入ったと思うといい、シリンジを押して、ウサギが薬でぬれただけになってしまった。

なさけない。

帰ってから皮下注射のコツとかで検索して動画とかも見て勉強。そのうえ昨日の夜おもいだした、動物病院で看護師の経験のある友達がいてる!彼女にメールしてコツをおそえてもらった。

3本の指で皮膚をつまんで持ち上げて、つまんだ親指と人差し指のすぐ下に針の穴を上に向けてき皮膚に対して45度の角度で針を入れる。

やるぞと刺してシリンジを押すと針のついてる部分から薬が小さな爆発みたいに飛び出した。きっと針がちゃんとささってなかったんだ。

貴重な薬をむだにしてしまった。。そしてもういっかい。

針のキャップが固くてとれない、力を入れて引くとぱかってキャップ取れた瞬間に、いたっ!

自分に刺しってどうすんねん。

注射針がとよもの中指の腹につきささって流血、どんどん血がでてくる。。。しばらくまって。ここであきらめたらあかん!と心を新たに、友達からきいたコツを携帯見て読み返しながら、刺したらウサギが痛かったのかきゃっと動いたけど、体をもう一回タオルで包みなおして固定してから毛をかきわけて刺さってること確認。慎重に薬をいれたら、指先に皮膚がぽっこり盛り上がる感覚がわかった。液漏れなし。完了!

ひとやまこえましたな。

リバティーは病気じゃないほうの家の中にいるうさぎ。冬のコートを脱ぎ捨て~てる途中。
リバティーは病気じゃないほうの家の中にいるうさぎ。冬のコートを脱ぎ捨て~てる途中。
投稿日:

みっちゃんとぶきみくんの思い出

ここ数日猛暑40度とおもったら次の日は豪雨で16度とかの天気がつづいてたシドニー。今日までは、むかし住んでたバルメインで子猫の時から知ってるみっちゃんと暮らしています。英語名フィガロ、日本名ねこみち(みっちゃん)。

michimichi

みっちゃんのごはんはオーガニックチキンやミンチ。二人で分けて食べてねと言われ久しぶりのチキンをそこにあった白菜と炒めて、そこにあったフィッシュソースで味付けしてすぐに食べた。ずっとシッターつづきで気つこてたし、朝も6時まえには起きて散歩とかしてたので、野菜と玄米だとなんか体が疲れてくる。たまにはがっつりチキンか魚。

バルメインはこじゃれた海辺の町でとよもがいままで9回引っ越しした中では一番好きな場所。昔住んでた、どくだみ荘はつぶされて、すごいオシャレな3階建てのタウンハウスになってて、庭もないのになんと一軒2億7千万円!とかすごい値段。いまのとこと一個しか売れてない。とよもが住んでた時は一軒の大きなうちが7個に分かれてて家賃週180ドルやったのになぁ。

どくだみ荘には変わった人が集まってた。とよもがかぼちゃの種食べ過ぎて強烈な嘔吐と下痢でトイレからでれないでこのまま死ぬのかなぁという状況の時、トイレとトイレが壁一つのとなりのにいちゃんが玄関ドアの下に、24時間営業の病院の広告マグネットをそっと置いといてくれたことがあった。その人は会っても、目もあわせず、ほとんどしゃべらなくて、部屋はビデオで満杯、バスタブにはうすよごれた空のシャンプーで満杯、キッチンはピザの空箱で満杯でおもいっきり汚くしてる。どくだみ荘一古い伝説の住人、ぶきみくん。

家主さんによると、ぶきみくんはどくだみ荘取り壊しのあと、以前の2倍の家賃のところにひっこして行ったらしいヘェ〜

 

 

投稿日:

きーつににてる?

ともだちが、路端でおなかすかしてる猫を保護して育ててると知って、その猫ポピーの写真を見た瞬間、きーつみたいっておもってて、でもなかなか会いに行けず。

今日そのともだちから、おひるごはんいかがですかーっておさそいが。

シッターで猫にはずっと接してるけど、ポピーを見た瞬間なんというかなよろこび?がこみあげてる?。ガラスについた肉球の跡見ただけでもなんかぐっとくる。ベランダで寝てるポピーをずっとみて、あっ!いまグーした、とか自分の手、枕にしてねてるとか一挙一動に感動してる自分。

なんやねんこれ。

それで一枚写真をとらせてもらったら。

すごいなんか伝えてることがある顔。こんな表情の猫みたことない。ほんま

POPPYこれはきーつ、似てる?20150621_647925

投稿日:

なさけないなぁ

意志の強い仔犬ロッキーのお世話もあしたの朝でおわり。

とちゅうでフェンスの下掘って脱走騒ぎもあり、交通事故にでもあってたらえらいことであり、何もなくてよかったよ。逃げ出してとなりのおばちゃんところにいってたからね、ロッキーはとよもが帰るまでおばちゃんがあずかってくれてた。

そんな脱走が2回あって2回目の土曜日昨日のこと、ロッキーみてくれてたおばちゃんが

『10どるかしてくれる?』

『えっ!なんでお金ないんですか』

『昨日使こてしもた』

『今持ってないけど、家にかえってお金さがしてきます』

と、小銭集めて10ドル渡した、

20分後ドアチャイムがなり

『スカートのポケットからお金でてきたから、これ返すよ』

と裸で渡した小銭を紙に包んでもってきたおばちゃん

『犬がお世話になったお礼にとっておいてください』

『ほんま?』

おばちゃんは、満面の笑顔で帰って行った。

大きなうちに住んでるおばちゃんがなんでお金ないんやろ。

ロッキーはいまだ、散歩に行く時に首輪つけようとすると逃げるからつけるまで大変やし相変わらず散歩で動かないようになる、それを見てたとおりがかりのおっちゃんが『君の人生、犬のためにあるのかい?』と笑われる。1時間ぐらい闇雲に歩いて二人で迷子になって、あげくのはてロッキーは座り込んでしまうので、抱いて家をアイフォンのマップで探す、

なさけない。

家の中ではとよもがいくとろどころについてくるし、この暑いのに寝る時は布団の中に入って来る。布団の上で寝る時もあって、とよもがちょっと体うごかすと、ガバって起きて睨む仔犬に、そくざに『すんません』とあやまるとよも、

なさけない。

でもかわいいわ。

rockey3
ぬいぐるみの綿を出して破壊する、わるいやつ。
投稿日:

さみしげなみっしゅ

今日ちょっと仕事の帰りに家によってみたら、みっしゅが玄関で寝てた。

いつもはみっしゅって呼ぶと喜んでごろんっておなか見せるのに、きょうはじっと目をみつめるだけで、ドアを開けても入ってこない。

ツナ缶開けるとちょっと食べてまたどこかに。

ちょっとするとそろーりと家に入ってきてた、おなかがぺしゃんこやせてる。みっしゅはいつものようにベッドに寝たけどとよもはすぐにいかなければならない、しかしいま抱き上げるときっと噛まれる。

なのでマットレスをしたからもりあげて、みっしゅが寝られないようにしてたら、すーっと振り向きもせずでていった。ごめんよみっしゅ。

土曜日はもうちょいゆっくり帰れるので、美味しいもの持ってくるね。

MISSYU

投稿日:

去年からそのまま続く新年

明けましておめでとうござりまする。

とよもは去年からシッター続きでクリスマスも新年もずっと仕事よ。それで昨日から新しいお客様ジャックラッセのこわがり仔犬ロッキー。家に入った途端吠えてこわがって庭の隅っこで雨にぬれ仔犬。でもとよもがしゃがんで大丈夫やでというとじりじり寄ってきてやっと家のなかに入り、またもやしゃがんで呼ぶと匍匐前進でへびのようにちかづいて、おやつを食べる。

今朝の初めての散歩がこれまた大変で、オーナーさんから最初は動かないかもコツはロッキーより前に出ないことと教わり。動くのをまつ、老人のようにロッキーは、一歩一歩すすむ。じりじりするなぁー

そこにとなりのあばあちゃんが、おはようと挨拶してくれた瞬間にロッキーはおばあちゃんのとこまで一目散に走って飛びつく。

それから近所の公園までは普通に歩いたけど、道の真ん中でうごかないようになったりでけっこう大変。帰りも違う方に行こうとするのでしかたなく抱いて途中まで帰ってきたよ、散歩しめて2時間。。。

でもまぁすぐになれてくれるよ。ねぇrockey2