投稿日:

2009年に初めてみた猫村さんが

2009年10月11日にとよものぶろぐにちょろりと登場した猫村さん、当時は怖がりで近寄るとシュッと逃げてた。

今は、バルメインでとよもの住んでたどくだみそうも、取り壊されてすごいおしゃれなお家になってる、その近くで今シッターしていて今日かえってきたら、塀の陰に猫村さんが!。猫村さんとよぶとそーっとよってきて触らせてくれ、ごろんまでしてくれた。7年のうちにすごい人なっっこくなったなぁ。

nekomurasan

すっかりおしゃれになってた、もとどくだみそう(写真右)
すっかりおしゃれになってた、もとどくだみそう(写真右)
投稿日:

猫の大福腹

この写真ではあんまりちゃんと見えてないけど、ごろんとしたときにあまり毛の生えてないおなかの皮?が大福みたいなかたちに。走ると左右にたぷたぷゆれるやつ。左下にモンスター。

monster

よく読んでるブログ、いばや通信にのってた詩

吉野弘の作品

奈々子に
赤い林檎の頬をして
眠っている 奈々子。
お前のお母さんの頬の赤さは
そっくり
奈々子の頬にいってしまって
ひところのお母さんの
つややかな頬は少し青ざめた
お父さんにも ちょっと
酸っぱい思いがふえた。
唐突だが
奈々子
お父さんは お前に
多くを期待しないだろう。
ひとが
ほかからの期待に応えようとして
どんなに
自分を駄目にしてしまうか
お父さんは はっきり
知ってしまったから。
お父さんが
お前にあげたいものは
健康と
自分を愛する心だ。
ひとが
ひとでなくなるのは
自分を愛することをやめるときだ。
自分を愛することをやめるとき
ひとは
他人を愛することをやめ
世界を見失ってしまう
自分があるとき
他人があり
世界がある。
お父さんにも
お母さんにも
酸っぱい苦労がふえた。
苦労は
今は
お前にあげられない。
お前にあげたいものは
香りのよい健康と
かちとるにむづかしく
はぐくむにむづかしい
自分を愛する心だ。