投稿日:

インプットとアウトプットについて

前回書いたことを木皿泉さんという脚本家がおなじようなこと書いてた。

妻鹿さん 「河合隼雄さんが何かの本で、世界がどうやってできたかという、どこかの国の神話を引用されています。ワニが寝ている間に、ウサギが世界の半分をつくる。ワニは起きて『世界が半分できたね』って言って、また眠ってしまう。その間にウサギは残り半分を作り、世界ができたと」
和泉さん 「働いているのはウサギだけ」
妻鹿さん 「そう。でも、眠って夢を見ているワニがいるから、ウサギも世界を作れるんだということですよね。世界は現実的な部分だけで成り立ってはいない。世界を作るには、実際に働いているウサギだけではなく、夢を見ているワニの存在も不可欠なんだと。その夢というのを、私たちの言葉にすると、物語」

木皿 泉(きざら いずみ)は、日本の脚本家和泉 務(いずみ つとむ)と妻鹿 年季子(めが ときこ)夫妻の共作ペンネームである。代表作はテレビドラマすいか』、『野ブタ。をプロデュース』、『セクシーボイスアンドロボ』、『Q10』など。神戸市中央区在住。

コメントを残す