投稿日:

よみがえる羊毛

ひさしぶりに、フェルト室内履きのオーダーが入り原毛を買いに行ってきた。今日やっと原毛を綺麗に同じ方向に揃えて友だちから借りてる、手作りのハンドカーターで原毛を一房づつブラッシングするとかたまってた原毛が花が開くみたいにふわふわに拡がる。これはけっこう地道な作業、でもなんか瞑想みたいでけっこうはまる。カーディングした羊毛を積み重ねたらなんかネズミの大群みたい。

今回はアメリカの聞いた事の無い場所できっと自然生活しているっぽい家族4人分の制作。どんなのができあがるのか、自分でもわからない。handmade style feltという本を師匠のindea flintとMURDOCH BOOKSから出版したのが2007年。

オーダーしてくれた人はそこに載ってるアルパカの毛ベースにニードルフェルトで作ったうさぎの頭がついてる室内履きを履いて暖かかいから(とよもは作品を東京のお店で販売してもらってた)、海外にいてる友だち家族に6月に赤ちゃんが産まれるから家族みんなのシューズを作ってねと注文が来た。10年前に制作した作品から注文くるのがなんだか不思議なきもち。

さいきんとんと寒い(まちがえの言い回し)のでオイルヒータを椅子のきわきわにおいて、その上からヒーターと自分の膝に小さめ毛布をかけると即席こたつになってぬくい。そこにひさしぶりにみっしゅが夜にあけてーコール開けてやると膝の上に乗りたいというのでもちあげてびっくり。以前のおもさの半分くらい、きーつより軽い感じ。でもぬくい膝&ヒーターのうえにねてごきげん。

今日は昼ご飯の時に来たのでちょうどスモークサーモンがあったので食べて頂きました。塩辛すぎるのでちょっとだけやけど。いとおしやみゅ田一郎さん。

コメントを残す