投稿日:

うまくいけへんねん。

現地の陶芸教室3つ目のとこで、創った作品が好きなんやけど、首の下にガッツリヒビが入ってる。。。。

もう一回おんなじの作ってこんどは全体の厚みを統一しててみよかな。

そんなこんなでなかなかうまいこといけへんきょうこのごろ。

胸に穴開けたんはそこに花を生けれるかーもと思たけど、底にもがっつりヒビが入ってる。。。そんな今日この頃。

投稿日:

変化の瞬間

緑がこゆい庭とみみちゃん

おおむかし、LPレコード買ったのは、ビングクロスビーのホワイトクリスマス(母へクリスマスプレゼント、あっ!でもこれ売り切れで買えなかったんや、でも家にかえったらそのLPがそこにあった、母が先に購入してた!)と森田童子のGOOD-BY

なんでか今日YOUTUBEで森田童子を聞きまくり、大昔どうやってこの人を知ったのかも思い出せず(1970年ごろ?)、でもやっぱり森田童子の音楽にすごい影響されてる感がふつふつとわいてきた。井上陽水や荒井由美のレコードはともだちに借りたのにこれだけは友達もきっともってなかったんやとおもう。

たぶん森田童子の歌詞の中に太宰治という名前をみつけて、読みはじめたのかも。

その瞬間にぎゅーって湧いてくる、感情があってそれがなんかちからになって自分のなかに吸収されてとよものどっかにつみかさなってて、ふとした拍子にぽろんとでてくる、きっとそのタイミングも完全完璧なもののような気もする。

昨日来年2月ごろにともだちと二人展するカフェ本屋、ヘアサロンをみてきた。ATELIER by RENCOUNTER

ちっちゃいスペースでギャラリーとちがい本やヘアカット用の鏡や椅子がおいてある。

もらったカードには、

Design 空間 本

人の手によって作られた雑貨を通じて

地球に 自分に やさしいライフスタイルを

みなさんと一緒に探し続けたいと思っています。

とかいてある。

自分の作品を展示販売するだけでなくその空間をおとずれたひとたちに何か変化をもたらす今、瞬間をつくりたいなぁ。。。森田童子がわたしにくれた瞬間みたいに。

 

 

投稿日:

すべては自然にきまってることのなかでただすぎてゆく

今はマロンの家に来ています。クリスマスツリーが家にあるのを見るって何十年ぶりやろ。ちょっとこころがわくわくする。

わたしはとよもなんか信じてませんから!

さて今年も終わりということで、今年は日本人が多く日本語で教えてくれる陶芸クラスから、現地オーストラリアの陶芸クラス3つをはしごしました。

最初はみんなに馴染むのに苦労したけど、よくよく掘り下げてみると壁をつくってたのは自分やで。むかしから銀行の防御ガラスみたいに瞬間に下からあがってくる壁をつくるのは得意で、つくったはいいけど下げるということがよくわからないままけっこうな壁を人との間に残したまま時が過ぎていってたなぁ。その時はすべて相手が悪いっておもてたからね。

いまやっとわかった。

すべては自分や、自分で壁作って自分で取扱注意人物になって、どんな人も自分の思いをひっつけてそれを正しい評価とおもい、自分の考えと違う人は攻め、かわいそうな自分を製造してた。

あーこわい。

でもカサブタを無理に取るようなとよもなので、怪しい自分をはっけんしてからは、どんどんじゅずつなぎにほんまの自分が出てきた。

いままでと、真逆

繊細で傷つきやすく人見知りとおもてたのが、ほんまはこころは強く人に認められたいきもちがあった。なんでもできないといってたほうが、今のままで変わらないでいいからやったんや、できない自分を演じてた。それはほんまはできるとかいう意味でなく、ただその地点から動くのが、変化がこわかったというか習慣になってた。

まぁね、そのままの自分を受け入れたらあとはなんにもすることはない。

ついでに、そのままの他の人もうけいれる。

それでも、ながねんの枠はなかなか壊れへんから、自動反応でまたまた相手のせいにしたりもするけど、ちゃうちゃうってわかる、ちょっとあとで。

瞑想クラスに行って何事もジャッジすることやめること教わってから3年以上してやっとほんまにその意味が自分の体験からわかってきたんかな。

 

おとといの朝、庭に降りたら向こうから羽をひろげた鳥が駆け寄ってきて、おっきな口あけてついてくる、こりゃあなにかあげやなっておもい、ミューズリーに水をいれてやわらかくして、葉っぱで口の中に入れるとはむはむと飲み込んだよ。そのあと、土掘ったら細〜いみみずがでてきて、鳥はすぐに見つけて上手にくちばしでつかんでたべたよ。何回かミューズリあげてたら満足したのか鳥の子供は羽をもんわりふくらませたり、くちばしで羽を梳いたり、片一方の羽を足とともにキューっとひろげたりしてから、暗いところにいってちんまり休んでた。

そのあいだに動物好きなともだちにメッセージして、『鳥の子供落ちてるのどうすればい?』ときいたら自然動物保護団体のこと教えてくれてそのサイトをしらべてみた。

鳥はマグパイでそのサイトによれば、親がある程度育った小鳥を巣からおとして自立の道を歩ませる、でもそのあいだ親はずっと小鳥のことみていて、餌も運んでくるから大丈夫。ぜったい人間の食べ物をあたえないように。

ってあげてしもた。。。

とよもが二階の自分の部屋にもどってると、その鳥もついてきて玄関でまたぴーぴー羽をひろげてる。コンピュータにかくれて潜むとよも。一時間もしないうちにおっきなマグパイがベランダの柵におりてきた。おかあさんがきたよーすごいな。ごはんをあげてるのはみなかったけど、自立できるまでちゃんと守ってるんや。

すべては自然にきまってることのなかでただすぎてゆくんや。

首を傾げてとよもの顔みるしぐさがかわいい。触っても怖がらなーい。

 

投稿日:

みっしゅからの無償の愛

みっしゅのこと心配してくれたみなさまに、とよもがこの5年で撮ったミッシュのいい感じの写真アップしましたよ。初めの目付きの悪いところからねっ。

 

空いた穴に水が流れ込むように

自然はそうなってて、

人間も動物も石も木もみんな一緒やったんや

みっしゅが、手でミルク舐めてるの見て

すごい田舎のマウントクーリンガイに来ること決め

来てから数ヶ月できーつがなくなってから5年間

雨の日もずっと通い続けてくれたみっしゅ。

そのことについて考えたことなかったけど

いなくなってからわかった。

みっしゅはカスカスのとよものこと満たしてくれてたんやね。

その時は

みっしゅがお腹が空いてるから来るんやとかおもてたけど。

そうとちゃう

いかなっくちゃー

君に会いにいかなくっちゃー

君の街にいかなくっちゃー

やったんやね

ほんま

ありがとう

みっしゅからの無償の愛

 

 

投稿日:

みっしゅの今

2012年のきーつがなくなった次の日から一ヶ月まえまて5年間みっしゅは毎日うちに来てくれてたまーには泊まったりしてたけど、最近ぱったり来なくなった。いつもごはんくれてたばあちゃんも引っ越してしまい、今は母屋には誰も住んでなく、とよももほとんどシッターで家にいないからなぁ。

最近みっしゅは痩せてきてたし、ジャンプ力も弱くなってた。数ヶ月前からなぜか家の中に入ってこなくなっていつもベランダで寝てるだけ、しゃべりかけてもあまり反応もしないし、おとくいのゴロンもしない。ただ、卵の黄身とヨーグルトは食べてたけどね。

そんなこんなで、すごいみっしゅのことが気になって、迷い猫になったときのみっしゅのポスターをまだもってたとよもは、かいぬしさんにみっしゅがこないけどげんきですかとメッセージしてみた。

返事はすぐにかえってきて、

みっしゅはこの10月で16歳になり生活もきわめてゆっくりになりました。最近は外に出る回数も減って出て行ったとしても昔みたいに遠くまではいきません。みっしゅのこと心配してくれてありがとう。

あーよかった、家でしあわせにまったりしてたんや。9歳くらいかとおもてたけど16歳か。。。

写真はきーつがなくなってはじめてみっしゅが家の前まできた日のもの。薄目でみたらきーつと似てるっておもってた。

5年間とよもに元気をくれてありがとうな、みっしゅ。

投稿日:

猫に人気の羊毛もふもふラグ

芝刈り機でぶんぶん芝を刈ってたら、目の端になにか動くちいさなものが、よくみると鶏かブッシュターキーのあかちゃんが刈った芝の上で、一生懸命何かを食べてる。ミミズ?他の鳥も下りて来てみんなで食べてる食べてる。タンポポは芝刈り機できられてしまうけど、鳥達は芝刈りがすきみたい。

引っ越して行ったおとなりさんの猫に羊毛もふもふラグをプレゼントしたら写真がおくられてきたよ。

この猫はすごいこわがりで、庭で会ったりしでもしたらすごいスピードで逃げて行ったからよく見れなかったけどかわいいな。

投稿日:

自然の循環

2階建ての母屋が空家になってから、夜になるとポッサムやバンデクーが庭やベランダで走り回って野生動物の天下。芝生の庭もタンポポだらけになってたので今朝芝刈りしようと庭にでてみたら蜜蜂がいっぱい来ててタンポポの蜜をあつめてる、もんしろちょうもひらひら。なので草刈りは花がおわってからにしよう。先週もすごい庭仕事してフェンスに絡まったすごい量のツタのような雑草をぬいてたら、ちぎれた茎から出た汁が腕についてかゆかゆで真っ赤になってしまった。。

フェルトの骨壺カバー今回もサイズが小さくなってしまい、作りなおしてやっとできたで。小さい方は来週のマーケットで売る〜

胸のもふもふは植毛の仕方をネットで検索してそのとおりにしてみた。

投稿日:

みっしゅの気配がきえた。

先週水曜日に家に帰って来たけど、みっしゅは全然姿みせない。こわごわ空になった母屋の鍵を開けて閉じ込められてないか今確認したけど、いない。もう会えない気もする。。。

NSW州の職業専門学校に9週間行った時の作品を今朝取りに行って来た。これが今まで作った中で一番大っきい作品かな。

しっぽに見えるとこにも目がついてる、子供の頃好きだったドリトル先生のおしつおされつ(4ツ足の胴体の後ろと前に頭がある一角獣)を思い出してつくった。

下に色を塗ったけど上の釉薬が白で透けるはずが全然透けなくほんとに微妙にしか色がでてない。

投稿日:

キングスクロスオーガニックマーケット

昔からのともだちがやってるsoramame

マクロビオティックをベースにしたクッキングクラスや手づくりの麹、食事とライフスタイルのコンサステーションなど一人で何年もかけてこつこつ作り上げてきたともだち、好きなことを仕事にできてるからか彼女自身も自然体でやさしいいいかんじの人。毎週土曜日にキングスクロス駅の近所でオーガニックマーケットがあってそこの野菜屋さんの一角でマクロビ弁当を売ってる。今朝は早起きして買いに行ってきた。

今、シッター先に帰ってきて食べてみた。人参と思ってたのはさつまいものレモン煮、サラダのドレッシングはタヒニ(白ごまのペースト)ベース。メインのハンバーグは豆腐とオーツ野菜を刻んだものに青海苔、塩胡椒でしっかり味かついててその上に甘酢のソースがかかってる、にんじんサラダにはレモンピールがまざってた。いっこいっこ丁寧に味付けされてるなぁ。玄米もなんだかもっちりしてておいしい。おかずの下にも玄米があって豆腐ハンバーグを食べる下には青海苔がまぶしてあり、サラダのしたには黒ごまがまぶしてあった。なんかこういう日本的小技にじんわるくる。

弁当をいれてる紙のような容器は biopak は、さとうきびの繊維でできていて、そのままオーブンにも入れられるらしいし、食べたあとコンポスト(生ゴミや庭の枯れ木などを集めて土にすること)そいれれば土に還ると書いてある。ドレッシングのちっちゃいカップまで紙でできてて、フィークも木。

きのう海辺にうちあげられたクジラのお腹の中から大量のプラスティックや電化製品の部品やらが出てきたというニュースを見たから、全部土に還る容器をつかうということもすばらしい。

たまにいつも行かない街に行くのもいいな。