投稿日:

ちっちゃい動物達

マウントクーリンガイの家の家主さん達が高齢のためゴールドコーストの姪の家に引っ越して、そのあとに母屋には家主さんの義理の娘?家族が住んでいたけれど、その人達もひっこしてしまい、とよも一人でガレージの上に住んでいたけれどとうとう家が売りに出されて5月に売れてしまいましたー

ということでとよもは、引っ越ししてカンタベリーという街にきました。ここはなんときーつが子猫の時に捨て猫協会にたすけられて、住んでいた街、きーつの里。

庭に新築された小さな2ベッドルームの家の一つの部屋に住んでいてもう一つの部屋には18歳の看護学校に通ってるオーストラリア人の女の子は住んでいる。女の子はティーンと言われるお年頃なので、始終友達やお母さんと携帯で話していて、ご飯も自分の部屋でたべてるけど会えば明るく挨拶してくれる。

オーストラリアに来て最初の6年はシェアーしていてうまくやってたけど(男女混合)、その次のシェアーでは、冷蔵庫にいれてるもの勝手に食べられたり(女性同士)、きーつがなぜか、シェアメイトの足にかみついたり(そんなこといまだかってしたことなかったのに)で、上手くいかずその次もシェアーしたけど(女性同士)、またいろんな問題が起こって、もうシェアー無理ーとおもい、それからずっと一人で住んでたので、シェアーなんてなんねんぶりやろ?

まぁ、今はシッターで家にいることもあまりないし、とよもも大人になって来たのでまぁだいじょうぶかなぁ。

俯瞰して自分を見るとほんまに、なんでも悪い方に取るというか、じぶんが嫌われてるのでは?見たいな妄想がどんどんでてくるんや自分ってわかった。でもこれからは。もうそんなことでかんがえこまないぞぉーー

オーストラリア人の中に混じって陶芸習ってはや一年、いまだに帰るときみんなみたいに『ばーいえぶりわん』とか大声で声かけて帰れないけどまぁちょとずつなじんできて、ふとした拍子に色々教えてくれる人がいたり、とよもの作品褒めてくれる人がいてたり(こっちの人は何でもほめまくる)でそんなときはひとりでにんまりしている今日この頃。

作品はなかなかそこでは、まだ緊張してていいものができなかったけど、最近家でちいさな動物作ってそれを教室でつくった器などにつけてみようと考えてる。

つくってて、かわいいーって自分で満足してる時がしあわせやわ。

投稿日:

9こめの住処

シドニーに来て9こめの住処に来て一週間、今やっとおちつきました。

住む場所が変わるということは、なんだかごっそり生活スペックが変わるのでしんどいけど、変化がおっくうなとよもには強制終了バーン!キャー!みたいでいいのかもね。

新しいとこは庭に新築された2部屋の小さな家で、ちゃんとしたキッチンオーブンやおっきな冷蔵庫に洗濯機乾燥機、家具類はすべてついてる。いまのところもう一個の部屋には誰も住んでないけどゆくゆくは誰かがきっと来る。それとリビングにでっかいテレビがあって母屋に住んでる家主さんのことも3人がそこでテレビ見たりゲームしたりしにくるらしいけど、とよもがきてから誰もこないので、やぬしさんにメッセージで『子供達が遊びに来ないのは私に気をつかってるからでしょうかね?』と聞いてみたらこんな返事が。

『子供達はあなたが落ち着けるまでまっているみたい』

なんとまぁ素敵で大人な対応。こどもは、16、13、10歳子供の方がとよもり心はおとなだ。

そのうえ2匹の猫もいて、裏には自分専用のちいさな庭に椅子とテーブルがあってそこでひとり陶芸もできる。

この前の二人展でオーダーのあった作品をつくったけど、誰がオーダしたのか書いた紙なくして分からない。。

投稿日:

自然の循環

2階建ての母屋が空家になってから、夜になるとポッサムやバンデクーが庭やベランダで走り回って野生動物の天下。芝生の庭もタンポポだらけになってたので今朝芝刈りしようと庭にでてみたら蜜蜂がいっぱい来ててタンポポの蜜をあつめてる、もんしろちょうもひらひら。なので草刈りは花がおわってからにしよう。先週もすごい庭仕事してフェンスに絡まったすごい量のツタのような雑草をぬいてたら、ちぎれた茎から出た汁が腕についてかゆかゆで真っ赤になってしまった。。

フェルトの骨壺カバー今回もサイズが小さくなってしまい、作りなおしてやっとできたで。小さい方は来週のマーケットで売る〜

胸のもふもふは植毛の仕方をネットで検索してそのとおりにしてみた。

投稿日:

みっしゅの気配がきえた。

先週水曜日に家に帰って来たけど、みっしゅは全然姿みせない。こわごわ空になった母屋の鍵を開けて閉じ込められてないか今確認したけど、いない。もう会えない気もする。。。

NSW州の職業専門学校に9週間行った時の作品を今朝取りに行って来た。これが今まで作った中で一番大っきい作品かな。

しっぽに見えるとこにも目がついてる、子供の頃好きだったドリトル先生のおしつおされつ(4ツ足の胴体の後ろと前に頭がある一角獣)を思い出してつくった。

下に色を塗ったけど上の釉薬が白で透けるはずが全然透けなくほんとに微妙にしか色がでてない。

投稿日:

stand by me-そこにいてて

昨日焼きあがった作品とりにいってきた。

釉薬が濃すぎるとはおもてたけどそのまま焼いたらあんのじょう小さなあわができてそのあわが多分焼いてる間にわれてところどころ穴が空いてる。子供の方はなんとなく綺麗にできてるのはたぶん、サッと付けてさっとあげたからかな。でもなんか釉薬失敗してもかわいいとおもえるのは親子で作ったからかな。

おかあちゃんお腹すいたわ お腹すいたとおもうからすくんや
投稿日:

うまいかへたか

上手いのか、下手かなんてものはね、
小学校の学習進度の問題であって、
書そのものの問題ではありません。
みんなが書道の教育で嫌になるのも、
上手い、下手を気にして、
「下手だから、もうやめた」となってしまうから。
あのね、書は上手いか、下手かなんていう、
そんな粗っぽい網の目に
掛かるようなものではありませんから。

これはほぼ日http://www.1101.com/kyuyoh/2017-07-13.htmlで

知ったこと

粗っぽい網の目?というのは既成概念みたいなことかな。

フェルト骨壺カバーぶちさんできた。次は制作したけど骨壺が入らなかった!姫子さん一番難しいさび猫。後一息やぁ。

姪が送ってくれた昭和なデザインがかわいい、自然派おかし。臼引き小麦胚芽入り、砂糖が入ってないけどうっすらあまくてやめられない味。岐阜の山本佐太郎商店

投稿日:

オーダーフェルトシューズできた〜

家族4人分のフェルトシューズやっこらさできた。サイズが合わなく作り直したの2つで合計6個つくった〜。寒いところと聞いていたので4レイヤーで分厚くしといた。いちばんきにいったのがあかちゃんの。

ぷーどるみたいなあかちゃんのくつ。

1タームだけ行ってみた彫刻と陶芸コースでシロクマの次に気に入ったしろねこ。素敵なインテリアのシッター先のテーブルにおいてみた。

 

投稿日:

ふくろうとねこのカップ

シッター先で手ロクロもなく、粘土を皿の上に乗せて手で回しなから創ったカップ。そのままだとふくろうにみえて逆さにすると猫にみえるようにつくったつもり。

おしゃれなインんテリアのモッピーさんの家で撮った。もっぴーさんはこの方。

ポッサムやうさぎのあかちゃんをくわえて持って来るといわれてたけど、まだもってきていない。持ってきたらどうするか困る。。。
おっとりしているようで、生粋のハンター。高貴な感じがにじみでてるモッピーさん。
これが創ってもほしくないやんって思いながら創ってて途中でなげだしたら、先生に諭されたなやめる裸婦。
一番上の写真暗すぎで見えへんやんっておもった人に。
投稿日:

こげこげ

それでは、全体像を載せるで。

みてみみてみ、やっぱりこげこげのとこは中もくろくろになってる。ここが黒いですよねって先生に言うたら、それもまたおもむきがあって私は好きよって、ほんまかいな。とよもはぜったい全体が綺麗なひびひびのほうがいい。

そのうえ

ひび割れたガラスの釉薬を竹串でちまちまとってたら、水に流してブラシでこするといいよと他の生徒が教えてくれたのでごしごししてたら、ぽろっ!

子グマがとれた!

ほんま、しょんぼりやわ。

それで今日家に帰って来て、陶器用瞬間接着剤を塗って撮影しました。

昨日の撮影では子グマがいないことに気がついてた?

 

なにはともあれ、皆で協力しながら楽焼き体験できてすごいよかった。先生も色々教えてくれて次のタームも行きたいとおもたけど。先生izette felthumは今タームでここで教えるの辞めるっていうので皆でプレゼント買た。みんなは先生と長く一緒にやってたからすごいなごりおしそうにしてた。とよもも最初はなかなかみんなと交わるの難しくカペラゴーデンにいったらこんなじゃああかんでとおもいながら、勇気出して話しかけたりしたらみんなすごい親切でびっくり。まぁ自分で壁つくるのはすごい得意やからそれをこわしていかなあかんということですわぁ〜

 

ぼくもゃんと立ったまま焼いてほしかったわ。。シロクマやからな。。。
投稿日:

しょんぼり

あー。こげこげやんか。

Mount kuring gai art centreというところで9週間陶芸今日終わった。今日は楽焼で初体験。先生が自分で作ったという釜にガスバナーでどんどん温度あげていって、670度で止め、あつあつの作品を取り出して木の粉がはいってる缶の仲に入れそのうえからまた木の粉入れてぼっ!と火がついたら蓋を閉め煙が出なくなるまで待つ。とりだしたとこがこれ

素焼きしてから、釉薬がくっつかないようにする薬品につけて、それからガラス質の釉薬をつける、そして焼いてから煙でいぶすことによって上のガラス質の釉薬のヒビのところから炭の粒子はいりこんで作品にくろいヒビの後が残るしくみみたい。先生が作品を木のクズのところにいれるときに寝かしていれたので右のところが黒くなったやんかぁ〜立てていてると足の裏にあけた空気穴がふさがって爆発するかもやからね、寝かしたのよといってたけど。。。そうなんか?

これがさめてから上のガラスをぱりぱりはがしてゆく、とよものシロクマは表面がぎざぎざしてたのでガラスの釉薬がなかなか取れずくろうした。これが最終。ヒビのあとがでてるね。またあとで全体像の写真のせるね。それでタイトルの意味がわかることになる。