投稿日:

こげこげ

それでは、全体像を載せるで。

みてみみてみ、やっぱりこげこげのとこは中もくろくろになってる。ここが黒いですよねって先生に言うたら、それもまたおもむきがあって私は好きよって、ほんまかいな。とよもはぜったい全体が綺麗なひびひびのほうがいい。

そのうえ

ひび割れたガラスの釉薬を竹串でちまちまとってたら、水に流してブラシでこするといいよと他の生徒が教えてくれたのでごしごししてたら、ぽろっ!

子グマがとれた!

ほんま、しょんぼりやわ。

それで今日家に帰って来て、陶器用瞬間接着剤を塗って撮影しました。

昨日の撮影では子グマがいないことに気がついてた?

 

なにはともあれ、皆で協力しながら楽焼き体験できてすごいよかった。先生も色々教えてくれて次のタームも行きたいとおもたけど。先生izette felthumは今タームでここで教えるの辞めるっていうので皆でプレゼント買た。みんなは先生と長く一緒にやってたからすごいなごりおしそうにしてた。とよもも最初はなかなかみんなと交わるの難しくカペラゴーデンにいったらこんなじゃああかんでとおもいながら、勇気出して話しかけたりしたらみんなすごい親切でびっくり。まぁ自分で壁つくるのはすごい得意やからそれをこわしていかなあかんということですわぁ〜

 

ぼくもゃんと立ったまま焼いてほしかったわ。。シロクマやからな。。。
投稿日:

しょんぼり

あー。こげこげやんか。

Mount kuring gai art centreというところで9週間陶芸今日終わった。今日は楽焼で初体験。先生が自分で作ったという釜にガスバナーでどんどん温度あげていって、670度で止め、あつあつの作品を取り出して木の粉がはいってる缶の仲に入れそのうえからまた木の粉入れてぼっ!と火がついたら蓋を閉め煙が出なくなるまで待つ。とりだしたとこがこれ

素焼きしてから、釉薬がくっつかないようにする薬品につけて、それからガラス質の釉薬をつける、そして焼いてから煙でいぶすことによって上のガラス質の釉薬のヒビのところから炭の粒子はいりこんで作品にくろいヒビの後が残るしくみみたい。先生が作品を木のクズのところにいれるときに寝かしていれたので右のところが黒くなったやんかぁ〜立てていてると足の裏にあけた空気穴がふさがって爆発するかもやからね、寝かしたのよといってたけど。。。そうなんか?

これがさめてから上のガラスをぱりぱりはがしてゆく、とよものシロクマは表面がぎざぎざしてたのでガラスの釉薬がなかなか取れずくろうした。これが最終。ヒビのあとがでてるね。またあとで全体像の写真のせるね。それでタイトルの意味がわかることになる。

投稿日:

よみがえる羊毛

ひさしぶりに、フェルト室内履きのオーダーが入り原毛を買いに行ってきた。今日やっと原毛を綺麗に同じ方向に揃えて友だちから借りてる、手作りのハンドカーターで原毛を一房づつブラッシングするとかたまってた原毛が花が開くみたいにふわふわに拡がる。これはけっこう地道な作業、でもなんか瞑想みたいでけっこうはまる。カーディングした羊毛を積み重ねたらなんかネズミの大群みたい。

今回はアメリカの聞いた事の無い場所できっと自然生活しているっぽい家族4人分の制作。どんなのができあがるのか、自分でもわからない。handmade style feltという本を師匠のindea flintとMURDOCH BOOKSから出版したのが2007年。

オーダーしてくれた人はそこに載ってるアルパカの毛ベースにニードルフェルトで作ったうさぎの頭がついてる室内履きを履いて暖かかいから(とよもは作品を東京のお店で販売してもらってた)、海外にいてる友だち家族に6月に赤ちゃんが産まれるから家族みんなのシューズを作ってねと注文が来た。10年前に制作した作品から注文くるのがなんだか不思議なきもち。

さいきんとんと寒い(まちがえの言い回し)のでオイルヒータを椅子のきわきわにおいて、その上からヒーターと自分の膝に小さめ毛布をかけると即席こたつになってぬくい。そこにひさしぶりにみっしゅが夜にあけてーコール開けてやると膝の上に乗りたいというのでもちあげてびっくり。以前のおもさの半分くらい、きーつより軽い感じ。でもぬくい膝&ヒーターのうえにねてごきげん。

今日は昼ご飯の時に来たのでちょうどスモークサーモンがあったので食べて頂きました。塩辛すぎるのでちょっとだけやけど。いとおしやみゅ田一郎さん。

投稿日:

高い粘土と魔法の粉

陶芸友達がくれた魔法の粉、100gの粘土に1g混ぜるだけでこんな色がでる。混ざりきっていなくて近くでみたら白と水色のマーブルみたいになってる。シッター先の大理石のキッチントップで木漏れ日の中撮影。ええですわ。

さっき用事あってちょっと家にかえってたらどこからもなくふわーっとみっしゅが現れて、ぺったんこの体でひさしぶりのごろんして、何か食べ物はないか探したけどなにもなく、そのあいだにみっしゅも消えていた。ほんもののみっしゅやったんやろか。。。

投稿日:

注文の作品できた

このまえ載せた、ちっちゃいうつわ、鳥。注文があったのでまたつくったよ。蓋はすきまだらけや。。高い粘土に半透明っぽい白の釉薬がおきにいり。

昨日バスルームでふと窓見たら、羽がぼわっとした鳩が網戸の外に。ああーぽっさむにでもやられたのか。死体をつかむのはすごいにがてなとよも、隣の人におねがいして、埋めてやるかなぁとかかんがえてた。

でも『死んでるん?』って聞いてみたら、むくって頭が上がってつぶらなひとみをこっちにむけてきた。生きてるんやん。それならだいじょうぶやとシャワー浴びてねた。

朝になったら鳩はどこにいなくて、せんたくものほしてたら、とぼとぼ芝生の上を歩く鳩。おなかがすいてるのかと、パンをちぎってやったけどよけるばかりで全然食べない、でも凄い近くに寄っても逃げないし足見たらグリーンの輪っかが右足に、黄色になんか番号か描いてある輪っかが左足に、これは誰かの鳩なんや。となりのおばちゃんに相談したらおばちゃんもよってきたけど、その瞬間に鳩は塀の所まで飛んだ、あんまり高くは飛べないみたいで、おいかけていったら隣の屋根まで飛んで、でもそこには野性の鳩がいたので、また何処かに飛んで行ってしまった。

 

鳩のいてた窓枠をそとからみたらうんこがいっぱいやまになってた、ということはここに数日いてたんや。無事家に帰れるといいけど。。

投稿日:

陶の芸

金曜日にシドニーのジャパンファウンデーションに青木良太と横山玄太郎のトークに行ってきた。それぞれの作品も展示されてて雨の中行ってよかった。

横山玄太郎さんは子供の頃からアメリカに住んでいたようで、ナーバスになることなく英語で自然体の面白いトークが絶妙で、ああみんなの前マイクで話すこともこんな風に自然に友達に話すみたいにできたらええなぁーと自分の興味あるところにぐぐっとつっこんでそれを作品にする本当に好きなもの作ってる他のことは頭の中にないっていうかんじのふっきれた作品。

日本のテレビ情熱大陸にも出ていた青木良太さんは、今時の金髪おしゃれな若い日本人を通過して、ふと出会った、かっこいいとおもう器に惹かれ陶芸教室にいった時から、何かすごい力にひっぱられたみたい。その後2年間陶芸の訓練校みたいなところにいって、卒業するときにはすでにはじめての個展開催で作品みんなsold out.

いまは世界中で個展して日本で有名なキュレーターからも注目されてるみたい、陶芸の釉薬作りとか粘土と釉薬まぜてみるとか釜の火の周り方とか温度とかすごい執拗に研究しつくしてそこからひとつぶの選りすぐられた作品ができるみたい。その好きなものにこだわる力は飛び抜けてるかんじかするし、若い子をあつめてた陶芸グループとかもつくって、なんか日本の若い子をぐぐっとひっぱってるかんじもありそんなボス的才能もあるのはすごいな。

ふたりとも、トークの後にすごい気さくに話ししてくれて、とよもどきどき。

とよもの陶芸なんかありものの釉薬つかって、窯入れは先生がしてくれて素人のとうげいや。まぁゆっくりやっていつかは釉薬もつくり、釜ももちとかまでいきたいと、ふんわり考えた。

これは青木良太さんが中学生でも買えるようにあんど美濃の陶芸を盛り上げること考え作った量産バージョン。でもなんか、繊細に考えつくされたものであることはくっきりわかる、手の温度のこってるいうか。さわったかんじもなんか手に吸い付くみたいなすべすべ感、お皿とかおちゃわんとかもあったよ。

これは注文されてつくったねこかっぷ。磁器。

すごい陶芸家二人の話しの後ではちょっとね。。

 

無理やりはいってぱつぱつ。

しろねこさんはあとでめりこんでくる長毛さんを舐めてあげるのに、ちょうもうさんは最後にはパンチでおいだす。

ちょうもうさん先住ねこでそこに子猫だった白猫さんがきて、そのときは長毛さんがお世話したらしいが。。。

投稿日:

高い粘土はやっぱりええなぁ。。

初めてつかった真っ白で薄くつくると光を通す磁器粘土。今までの粘土の倍の値段。でもしかし、まったりした質感が何とも言えず大好き

鳥のオイルバーナーちっちゃい方が磁器で、おっきい方は陶器。磁器は石の粉などほとんと無機物で出来てて陶器は粘土の割合がおおいらしいよ。

ちびちびがいちばんかわいい
投稿日:

今年初めての陶芸作品

去年12月からろくろをやりはじめ、先生にとよもさんはゆっくりだねー、運動神経わるいでしょ?とか指摘され、そのとおりやけど。。。小学校の50メートル走は12秒くらい、ドッチボールでは始まって1秒でボールあてられるし、逆上がりも、跳び箱もでけへんから、わるいね運動神経。

もひとつ16歳でバイクの中型免許とりにいってて教習所で教官を後ろに乗せて走ってる時、カーブで『スピードおとせ!』と後ろから叫ばれ思いっきり踏んだ

アクセル!

カーブで凄いスピードで45度くらいに傾きながらわぁああああーと曲がり切って『止まれ!』。『おまえは俺を殺す気か!』とどすこい怒られ、怖すぎてそれ以降教習所には行けなかった。第一段階で3回くらいやり直ししてたし。免許とれなくてよかったと今はおもう。危険すぎるとよも。

そんなとよもも、ろくろ課題同じサイズの湯呑み6個作るを昨日コンプリート。ろくろはやるのおもしろいけど、出来た作品はなんか魂がはいってないような。。綺麗すぎて人造人間みたいなかんじ?

これはてびねり。

死んだように寝る男

投稿日:

ああ、日々修行。

つかの間の我が家やせてるみっしゅ。とよもとはんぶんこしたツナ缶をキッチンシンクの上に上がって全部たべた男。。。

misyu12-2016

去年から一年のほとんどをシッター先で暮らすジプシー。たまに家に帰ってくるとほっとする。

ここ数が月、陶芸ではあたらしいい粘土を使って形成が上手くいかず失敗続きで、そうしてやっと出来た作品二つ共には底の方に凄いひび割れてた。

ずっと練習してた菊練(陶芸の粘土の練り方)りができてロクロを教えてもらったけど、ロクロするならずっとロクロしなければ上達しないということで、それやったら好きな手捻り作品つくれなくなるのであきらめた。

陶芸教室は10時から3時までなので、午前中ロクロしてごごから手捻りしたらええやんって考えて3回目やっと、粘土をロクロの中心に置いてぐるぐる高速回転しても真ん中の粘土が動いてるように見えないようになるように粘土を上に伸ばして、また下げる動作をする芯だしというのがなんとなーくできるようになった。

この芯だしというのは人で言う背骨みたいなかんじで、ここがしっかりしてなかったらいい作品はできないらしい。ぶれてたらあかん。芯だしだけでもすごい集中力いる、ちょっと気ぬけたら、即座にのばしてる途中の粘土がきれてしまう。切れたらすぐあかんっていう気持ちがわいてきてもっとできなくなるね。起ってくる事にいちいち心を動かしてたらあかん。起る事はただ起るだけで瞬間で終るから、今はなにもない平和やんって分かるように練習してる。いやなことも、たのしいこともなにごとも自分の心が作ってる。何にも自分では操作出来ない。

ということで、とよもは日々修行ですわ。

firebird

割れた底にガラスを入れて再度窯の中にonsiefirebirdfutabear toribigcuptwocup

投稿日:

飲み会にいくのをやめて頑張った

一年に一個くらいオーダーが来る、フェルト猫の骨壺カバー。今回は一人の人が2匹オーダーしてくれた。複雑な模様は出来てからちくちくとフェルティングニードルで植毛していく。目も色々つくって試行錯誤してたら、ほんまにどれがええのんかわからなくなーる。。

DSCN6609