投稿日:

思いはあるで

ちょい昔の話、家で犬を預かっててその犬が自力でドアを開けて外に出てしまい、

追いかけるとよも、

嬉しくて逃げまくる犬。

すごい責任感で焦燥するとよも、ここぞとばかり走る犬。。。そんな時。

おっきな黒い犬連れてたおじさんが助けてくれた。

そのおじさんと今日マウントクーリンガイの駅で会った。

おっきな黒い犬は電車が来るたびに電車に吠えまくる。

 

この子は電車をつかまえたいんだよ、

つかまえようとすることが好きなんだよ。

っておじさん。

電車をつかまえたい。

でも永久につかまえられへん、わんわん!!

なんなんやろね、つかまえたい興奮を再現することが黒い犬にとっていいことなのか。

かなわないことわかってて犬が興奮することがいいのか?

興奮は嬉しいこと?

よくわからんまま、

そのおじさんは一日3回散歩にいってる、お互いの健康のためにねって。

今日は暑く、その犬がアスファルトの上に寝てた時。

とよもが、地面暑いじゃあないですかっていうと

おじさん

暑かったら寝ないよ、地面が暑かったらここで、寝ないよ。って

そうやんよね

日本で、夏に道が暑いから靴はかして散歩するとかいうこと

聞いてたからついつい。。。

そうやんね裸足でずっと歩いてんねんし人間の裸足とはちがうよね。

 

電車に向かって吠える犬は、

電車がつかまえられる、あるいは遊べるものとおもう

ずっとそのままそれを繰り返す

おっちゃんはそれができるように毎日駅に犬を連れてくる。

そういう関係。。

うーんこれは新しい関係や。

なんていうか対等、人間と犬。

猫やけど意志あるで。

 

 

投稿日:

ナッツのはちみつづけとくま

最近ナッツのはちみつづけにはまってる。このはちみつはシッター先の友達からのプレゼントで、その友達のともだちがわりと都会で収穫するはちみつで、小規模なのでお店にも出さず注文した人にだけ売ってくれるみたい。これがいままで食べたはちみつのなかでは、杉若國太郎(とよものおじいちゃん、甥も一緒の名前)のはちみつのつぎにおいしかった。おいしさのひみつは、さりげないあまさと独特な香り。紅茶キノコを作る時に砂糖半分にしてこのはちみついれるとすごいいい香りが醗酵しても残っててすごいおいしい。はちみつナッツは箸でつまんでたべる。おーおしいい。

おととい高砂淳二という写真家のブログ

大阪ニコンでの写真展「LIGHT on LIFE」の

クマの写真を見た瞬間感動して発作的に粘土でつくったくまくん。写真とは全然違うけど。

投稿日:

醗酵おばさん

なにかしら、白いお酒マッコリにひかれてつくってみた。意外と簡単。レシピは

餅米2合を1号の水加減で炊くこのときおさけをすこしいれると水が少なくても芯が残らないらしい。

炊けたら煮沸消毒した容器にうつし、浄水器で漉した水を700mlくらい入れ、そこに乾燥した麹をばらばらにしなから200グラム、プレーンヨーグルトおおさじ1、乾燥イーストおおさじ1お酒ちょっとあれば入れる。

最初は乾燥麹が水をすってしまいカチカチの米?とおもうけど、次の日混ぜると上だけ乾燥して固まっていて下はしゃぶしゃぶになってた。

これで冬なら5日くらい、夏なら3日くらいで醗酵がすすみ最初は甘酒でどんどん甘みが少なく少し酸味が出てくる。

毎日混ぜて味見して好きな味になったら煮沸消毒したふきんでしぼって、マッコリと綺麗な酒粕できあがり。

冷蔵庫で冷やすとしゅわしゅわしてくる。でも早く飲んでしまわなければどんどん醗酵が進んですっぱくなるみたい。

参考にしたマッコリ作り方のサイト

菌が生きてる醗酵飲料。

醗酵おばさんが餅米醗酵させてる時、友達の子供は産れてた。抱いて来たよーちっちゃ!

こんにちは地球にうまれおちた天使です。、右目がはれてるのは、器具で頭はさまれたからなのよ。。
投稿日:

おぼん

昨日がお盆の迎え火の日だったらしいけど、知らなかったのでさっき迎え火焚きました。家主のじいちゃんの初盆だ。じいちゃんを紹介してくれた以前の家主さんももどってきたかな。おかあさんやおとうさん、きーつや、ばななも帰って来たかな。考えてみたらシッターした猫ももう3匹も亡くなってる。ということで16日夕方まではここは満員。

夏のなつかしいおかし、うちわ。去年妹が送ってくれてそのままやったので食べてみた、ちょっとしめってた。。。

ひさしぶりに、手でヨーグルトたべてたみっしゅ。

友達に子供が産まれる予定日が20日。すべてはつづいてゆくのかな。

投稿日:

こけのやすらぎ

今日はとくに用事もない日なので朝から庭の手入れ。まずぐんぐんのびてすごい大きな花が咲くこの方。

花はバニラみたいないい香りがするけど開いたら25センチ位あるので生け花にはむかない。この木に時計草の蔓がおおいかぶさり大変なことになってた。誰も歩かない庭。かげになるところには苔がいっぱいでふかふかなので靴下を脱いでアーシング。足がしずみこんできもちいいー。でも足あげてみたら足の裏にこけがびっしり!この写真はカメラを取りに行ってから撮影したので半分以上取れた所やけど最初は足の裏全体に靴底みたいに分厚く苔が。。。苔って根が無いからこんなことになってしまうのだ。ごめん苔。

木陰でいいかんじに寝転べる場所も発見このまわりはふかふかの苔まみれ。まったり苔セラピーできます。いつでもどうぞ。

ふくらんだ鳩の胸毛みたいなツバキ?
投稿日:

うまいかへたか

上手いのか、下手かなんてものはね、
小学校の学習進度の問題であって、
書そのものの問題ではありません。
みんなが書道の教育で嫌になるのも、
上手い、下手を気にして、
「下手だから、もうやめた」となってしまうから。
あのね、書は上手いか、下手かなんていう、
そんな粗っぽい網の目に
掛かるようなものではありませんから。

これはほぼ日http://www.1101.com/kyuyoh/2017-07-13.htmlで

知ったこと

粗っぽい網の目?というのは既成概念みたいなことかな。

フェルト骨壺カバーぶちさんできた。次は制作したけど骨壺が入らなかった!姫子さん一番難しいさび猫。後一息やぁ。

姪が送ってくれた昭和なデザインがかわいい、自然派おかし。臼引き小麦胚芽入り、砂糖が入ってないけどうっすらあまくてやめられない味。岐阜の山本佐太郎商店

投稿日:

ゴールドコースト満月ペリカンおいしいごはん&ワイン

姪の住んでいるゴールドコーストに移住してしまったとよもの部屋の家主さん夫婦のじいちゃんの体の具合が悪いといお知らせがあって、ちょうどシッターが途切れた先週に安い航空券が手に入り行って来たよGC5日間の旅。近ごろはもう航空券とかなくても携帯に航空券は送られ画面を見せればそれで搭乗出来る便利さぁ〜

94歳のじいちゃんは聞いていた情報とは真逆で元気やった。90歳のばあちゃんもフルメイクで登場!認知症がすすんでるといわれてたけど、ごく普通に話しが出来て『ほんまにこの姪はよく面倒見てくれてうれしいわ、食べさせられ過ぎやけどな』とおきまりの辛口コメントも健在。2時間くらい話しが出来てじゃあ帰るよといったらじいちゃんは、凄い悲しそうに『もうかえるの、はぁー、もういっかいくるか?こないのか、はぁ〜』はぁ〜はため息でほんまに悲しそうに下を向く。そんなに言われることなんか産れてこのかたなかったから、なんかもうすごい愛おしかった。その本気さが伝わってくるもん。はぁ〜

ゴールドコーストに行けたんは、そこに友達が住んでていつでも来てええで泊る部屋もあるからっていうてくれるから。料理上手の友だち二人はいつも気をつかわないようにしてくれるので、ついつい甘えてしまう。実家のなくなったとよもの新しい実家みたいに。

到着した夕方に迎えに来てくれてそこから夜のピクニック。先週土曜日ちょうど満月でそこについたらおおきなお月様がビルの間からみえた。

エーちゃんを思い出す、ゴールドコーストの高層ビル。

そこで、友だちの作って来てくれたいろいろな味巻寿司、サラダ、鳥の唐揚げ、冷えた白ワインぐびぐび、してたら、カイっ!痒い、もうじっとしてられんくらい蚊がくる。そんなこんなでおべんとう家にもちかえってゆっくり食べようとそそくさと店じまい。帰ってみたらみんなぶつぶつにやられてた。。それはいまでもかゆい。

次の日が日曜でゆっくりおきてビーチに、なんとそこでは1時半から魚屋さんがおろした魚の荒をごっそりためてペリカンにあげるらしい。凄い勢いで集まってくるペリカンはおっきな頭付きの荒をがんがんのみこんで、細い首の形が魚の頭で変形するくらい。あの嘴の下の袋もさかなの鰭とかで傷つくこももなく上手に呑み込むわぁ。凄い迫力で。魚の身がこっちまで飛んでくる!!

ペリカンと泳ぐとよも。

最後の日にチキンをまるごと買って来てくれたともだち、器用にさばいて梅ぼしと紫蘇をまきこんで串刺し、これがすごいぷりぷりでおいしかった。丸ごとなすびとか、サツマイモとかも柔らかく焼けてどんどん食べて、とよもは大好きな獺祭飲みすぎ〜な最終日。

ほんまのこと言えるともだちって宝。