投稿日:

ゴールドコースト満月ペリカンおいしいごはん&ワイン

姪の住んでいるゴールドコーストに移住してしまったとよもの部屋の家主さん夫婦のじいちゃんの体の具合が悪いといお知らせがあって、ちょうどシッターが途切れた先週に安い航空券が手に入り行って来たよGC5日間の旅。近ごろはもう航空券とかなくても携帯に航空券は送られ画面を見せればそれで搭乗出来る便利さぁ〜

94歳のじいちゃんは聞いていた情報とは真逆で元気やった。90歳のばあちゃんもフルメイクで登場!認知症がすすんでるといわれてたけど、ごく普通に話しが出来て『ほんまにこの姪はよく面倒見てくれてうれしいわ、食べさせられ過ぎやけどな』とおきまりの辛口コメントも健在。2時間くらい話しが出来てじゃあ帰るよといったらじいちゃんは、凄い悲しそうに『もうかえるの、はぁー、もういっかいくるか?こないのか、はぁ〜』はぁ〜はため息でほんまに悲しそうに下を向く。そんなに言われることなんか産れてこのかたなかったから、なんかもうすごい愛おしかった。その本気さが伝わってくるもん。はぁ〜

ゴールドコーストに行けたんは、そこに友達が住んでていつでも来てええで泊る部屋もあるからっていうてくれるから。料理上手の友だち二人はいつも気をつかわないようにしてくれるので、ついつい甘えてしまう。実家のなくなったとよもの新しい実家みたいに。

到着した夕方に迎えに来てくれてそこから夜のピクニック。先週土曜日ちょうど満月でそこについたらおおきなお月様がビルの間からみえた。

エーちゃんを思い出す、ゴールドコーストの高層ビル。

そこで、友だちの作って来てくれたいろいろな味巻寿司、サラダ、鳥の唐揚げ、冷えた白ワインぐびぐび、してたら、カイっ!痒い、もうじっとしてられんくらい蚊がくる。そんなこんなでおべんとう家にもちかえってゆっくり食べようとそそくさと店じまい。帰ってみたらみんなぶつぶつにやられてた。。それはいまでもかゆい。

次の日が日曜でゆっくりおきてビーチに、なんとそこでは1時半から魚屋さんがおろした魚の荒をごっそりためてペリカンにあげるらしい。凄い勢いで集まってくるペリカンはおっきな頭付きの荒をがんがんのみこんで、細い首の形が魚の頭で変形するくらい。あの嘴の下の袋もさかなの鰭とかで傷つくこももなく上手に呑み込むわぁ。凄い迫力で。魚の身がこっちまで飛んでくる!!

ペリカンと泳ぐとよも。

最後の日にチキンをまるごと買って来てくれたともだち、器用にさばいて梅ぼしと紫蘇をまきこんで串刺し、これがすごいぷりぷりでおいしかった。丸ごとなすびとか、サツマイモとかも柔らかく焼けてどんどん食べて、とよもは大好きな獺祭飲みすぎ〜な最終日。

ほんまのこと言えるともだちって宝。

投稿日:

ばるめいん今むかし

とよもがフェルト製作をサウスオーストラリアのアーティスト、india flintに教えてもらってからその時に住んでたバルメインの教会でやってるマーケットで作品売ってたのは2001年くらいかな?その時はいっぱいお店がでてた。今朝郵便局へ行った帰り道にちょっとそのマーケットにいってみると。

bmarkets
出店は8個くらいしかなかったよー

すごいたそがれてて、だーれも来てなかった。とよもは木陰で買ってきたベトナミーズロール、やさいをはさんだパンを食べてたらどんどん思い出が頭のなかで自動再生された。10年以上前出店料は30ドルだったけど、接客できなくて、ともだちに『自動販売機やないんやからしゃべらな』っていわれてた、そんなとよも最初数ヶ月たいてい売上0でとぼとぼ帰ってたけどだんだん売れてきてそれでも最高売上は150ドルくらいで、その時は一人の人が全部買ってくれた。オーダーとかうけて、フェルトブーツにビーズでインデアンジュエリーみたいな模様をちくちく時間かけて縫い付けたりしてるのに破格の50ドルとかで売ってたなぁ。

バルメインでの思い出の場所のもういっこは、密かにとよもの家と名前をつけてるちっちゃいサンドストーンのいえ。この家にははむかし大声で叫ぶ猫がいたので、その声に導かれてみつけた。今でも誰かが住んでるみたいで、そのと椅子の上にバスタオルがかかってたけど、もう猫は椅子の下にはいてなかった。

myhouse2

myhouse1

mushed

ねこみちがお腹の上に乗ってきた〜

nekomichionthetummy

投稿日:

一寸先は光。

バルメインで今日から猫のねこみちとふたり。

mixtucyan2017
先住猫のお墓のそばでくつろぐみっちゃん。

ここは元祖とよもの部屋であった場所の向かい。昔友達が住んでて、すごいええとこやでって聞いてから、へぇー一回見てみたいと思ってその友達に連れてきてもらったら一目でここに住む〜とおもった。

しかし、そこは部屋から海が見える岬の高級住宅街、いろんな店に歩いて行けてシドニー中心地までバスで15分くらいそのうえ家賃が安い!といいことづくめの場所なので絶対誰も出て行かないから無理やでといわれてた。

でもやで、そのあとだいぶしてからあの部屋が空いたという情報を友達が知らせてくれ。めでたくきーつとまったり暮らせるとよもの部屋になったのでした。今まで8回引っ越して一番好きなところ、ほんで今住んでるマウントクーリンガイは2番目にすきなところ。

レント生活はいつ出ていかなければいけないかわからない、不安あるけど

一寸先は光。※

※シッター先のパントリー開けた瞬間に黄金の神・紙に書かれたこの言葉が飛び込んできて瞬間すごいちからをもらった。よくみると焼酎の名前。でもすごいおつげや。

おまけ、生活の柄

投稿日:

野生の王国?

今外でバッサバッサという音とともに、巨大なオウムがベランダに来て、犬のドライフードを足てひょいとつまんでカリカリと美味しそうにたべてる!

cooktoo

そのあと犬が吠えてるのでベランダに出てみたら隣の庭にワラビーが。画面の真ん中の黒い点がワラビー。芝生むしって食べて、またぴょーんぴょーん森に帰っていった。まいにちすごい暑いけどそこらへんにあるユーカリの木とか雨無しでもぜんぜん元気。散歩してたら木に孵化したとことの蝉がじっとしてたりで自然ってすごいなぁ。

warabie

投稿日:

あっついシドニーのお正月。

あっという間にお正月になってしまった。みなさま新年あけましておめでとうございまする。

年末に一日家に帰ってすぐにまた次のシッター先にきています。さすが人気の家政婦じゃあないペットシッターとよも。しかしまた犬。股犬。

ここはみんなが車で移動する高級住宅街で車の運転できないとよもは駅から家まで30分散策しながら歩かなあかん、ねっとりあつく気温36度、おまけにワインなんかも購入したから両手に荷物でしんどすぎ。いっしょに暮らすのはまるっとマル刈りになってるマルチーズ。

お正月でもオーストラリアではそんな気分もなく、ともだちはおせちとかしっかり作ってたりするけど、シッターのとよもは、それもできず、まぁシッターでなくてもおせちなんか作ったことないけど。昔はおかあさんが31日に一生懸命つくるのの手伝いとかしていたなぁ。

おせちではとよもは、黒豆が一番好き、お雑煮は餅がきらいなので餅入れやんといてというたら、それ意味ないやんっておこられるけど、もちでちょっと濃度が濃くなった白味噌の味噌汁はおいしかったなぁ。

今日は近所の眺めのいいところまで犬と散歩。庭に放し飼いのマルチーズさんはあとはゆうごはんまで寝るだけ、ゆうごはんのあとは家の中でくつろぎ、部屋に連れてって寝る。部屋の中にある自分の小屋でちゃんと寝てくれる。猫はいい匂いやけど、犬のにおいはちょっと香ばしさがすぎる。。

年末から陶芸でろくろ始めたからね、ことしはいろいろ薄いものもつくれるかな。ろくろで集中力鍛えてとよもの人生もええかんじになるかもね。えいっ!(集中力の掛け声)

viewpoint

 

投稿日:

雨上がりの朝

みみちゃんが早起きだったので、みみちゃんがいなくなっても早起きになりました。1930

flowers

mannerhouse

それで昨日からまた違うところでシッターしてるので早朝散歩に。雨上がりで風がふんわりやわらかく植物たちも生き生きしてる。近所はこんな家とか1930年に植えられた思わず抱きつきに行った巨大なユーカリとか桜みたいな花とかも咲いてた。一駅あるいて、ソイラテとクロワッサン購入して、またあるいて帰ってきたよ。あーさわやか。

 

投稿日:

夜の12時雨の中訪ねてくる男

雨がしょぼふるさむーいよる、みっしゅが玄関のガラスに肉球をくっつけて、開けて〜と。雨降ってる夜に何でわざわざ来るのか、いや来てくれるのか?それももう12時すぎてるやん。そしてすぐオールヒータにくっつく。さいきんみっしゅといえばこの写真。ぬくいわ〜

DSCN6593

けさ、かっこちゃんのメルマガ からこんなブログにつながった。FISCHSUPPE さかなスープ ドイツに暮らす

そこにシュタイナーの「治療教育講義」というのが引用されてて、「この子を教育するには、何が必要でしょうか。重たい雰囲気ではなく、ユーモアです。本当のユーモア、生活のユーモアです。必要な生活のユーモアがなければ、どんな頭のいい手段を講じたとしても、こういう子どもを教育することはできません。ですから人智学運動においても、軽やかさの感覚を持つ必要があるのです。多すぎる必要はありません。しかし、少なくとも、どうしたらいいのかと問われたら、感激することが大切なのだ、と答えられるようでなければなりません。障害のある子には、感激することが大切なのです」第六講より

こっちでは、友だちの子供がシュタイナーで学んでるので一度シュタイナーの学校のマーケットに出たことがある、その時は卒業シーズンで学校には生徒の卒業作品展が開催されてて、その作品が日本で見た子供の作品とまったくちがう、すごい個性のある好きで創ってる!っていうことがその作品からばんばんでてて感動した。とよももシュタイナー行ってたら人生変わったかもなぁとひとりつぶやいてた。このブログの中にあった障害を持った人達のための大きな作業所の写真の中の絵もすごいいい。

そうだ、かろやかな笑いと感激が大切。

このブログの作者さんはドイツの街にすんでて、そこはピナ・バウシュが監督してた有名なダンスグループがあるらしい。ピナ・バウシュかっこよかったなぁ、ドイツにいつかいってみたいなぁ。ドイツではシュタイナーが公立の学校になってるそうだ、さすが地元。

 

投稿日:

氷のような床

ここ数日、床から氷の上にいてるみたいな冷気がしんしん。家の下がガレージで板一枚なのでねぇ。家に一個しか無いオールヒーターにみしゅいちとかじりついてる。バルメインに住んでいた頃は、あまり寒いとガスオーブンつけて扉を開いて即席暖炉してたけど、ここにはオーブンもない。山の方では雪らしい。ぷるぷる。DSCN6590

先週金曜日友だちと80年代ヒット歌謡曲大会でこどもみたいにおおさわぎ。みんなで買い物に行って自分の好きな物つくってシェアー、おいしいものいっぱい食べられてお得ですよ。おくさん。

image1