投稿日:

インプットとアウトプットについて

前回書いたことを木皿泉さんという脚本家がおなじようなこと書いてた。

妻鹿さん 「河合隼雄さんが何かの本で、世界がどうやってできたかという、どこかの国の神話を引用されています。ワニが寝ている間に、ウサギが世界の半分をつくる。ワニは起きて『世界が半分できたね』って言って、また眠ってしまう。その間にウサギは残り半分を作り、世界ができたと」
和泉さん 「働いているのはウサギだけ」
妻鹿さん 「そう。でも、眠って夢を見ているワニがいるから、ウサギも世界を作れるんだということですよね。世界は現実的な部分だけで成り立ってはいない。世界を作るには、実際に働いているウサギだけではなく、夢を見ているワニの存在も不可欠なんだと。その夢というのを、私たちの言葉にすると、物語」

木皿 泉(きざら いずみ)は、日本の脚本家和泉 務(いずみ つとむ)と妻鹿 年季子(めが ときこ)夫妻の共作ペンネームである。代表作はテレビドラマすいか』、『野ブタ。をプロデュース』、『セクシーボイスアンドロボ』、『Q10』など。神戸市中央区在住。

投稿日:

創造は想像で不思議なこそどろ?

2012年に伊勢丹のウスタニミホさんのお店にとよもの作品も出させてもらった時に、ハグベアを購入してくれた人がただ一人だけとよもにありがとうメールをくれた。それから4年たってるけどわたしたちはたまーに情報交換したり、普段の生活についてメールでやりとりしてきた。とよもが陶芸始めてから作品をここに載せたりしていると、とよもが一番気に入っているシロクマ陶器をその人も好きだといってくれる。自分の思う好きなものが作れてそれを他の人も好きだといってもらえると単純にうれしい。今回も磁器でつくったシロクマ、鳥のオイルバーナーと鳥のちっちゃい器2つを購入してくれ写真を送ってくれたよ。

なんか鳥たちは親子みたいで希望の光みたいでいいなぁ。

とよもはいつも粘土触ってそのまま形にしていく、あんまりどんなもの作るとか絵に描いたりしない。ぼんやり陶器とフェルトの組み合わせとか、シロクマのおっきいからだとミルキーみたいな毛の色が好きとかは考えてるけど。模様つける時もなんか勝手にちびちび描いてるそれが何を表すかとかぜんぜん考えてない。でも変になるとこれはあかんわってすぐわかって消す。

それはもしかして大気中に存在するすごい量の意識のなかから勝手に選んでるものがあってそれがとよもの手から産まれるのかーもとかかんがえて、なのでその人があーこんな感じ好きとか思うたびにそれは大気中にはらはら散乱したらもうその瞬間にとよものセンサーがはたらいてキャッチしてる。外見ぼんやりしてるけどそういうところは高速回転。

だから、おもってるほしいものがとよものところにあるんかもとか、メールでやりとりしてた。

ということは、クリエイティブはその時必要な共通点のあるええ感じが集約されてでてくる。おもいがあっても形にする方法がない人の思いもいただく。感動のしゅんかんもいただく。

創造は不思議なこそどろ?

 

その鋭を挫き、その粉を解き、その光を和らげ、その塵に同ず、これを玄同と言う。
『老子道徳経』 第56章「知る者は言わず」から

今日仕入れた別の話題

土のなかにあるバクテリア マイコバクテリウム ハッカエ(Mycobacterium vaccae )がやる気をおこさせるセロトニンを活性化させることがわかったらしい、せやから陶芸してからなんだか生きやすくなったのかもな。It turns out that soil contains a bacterium called Mycobacterium vaccae which boosts the level of seratonin in our brains.

これはThe Big Book of Nature Activitiesからの抜粋。

想いもバクテリアも肉眼で見えないけどずっと人間のお役にたってきてる。人間も自然の一部なんやからね。。

投稿日:

ぽろぽろ出てくる知らなかった自分の正体?

今日友達とカフェでご飯を食べ帰りがけに友だちがそこで飲んだコーヒーがおいしかったので、コーヒー豆を購入した。お金払った後、お店の人が『ごめんなさいいね、この豆が最後のひとつなんですが賞味期限が今日なので、申訳ありませんが返金しますね』。それで店を出た後とよもがともだちに、『賞味期限切れて売れないの無料でくれるのかとおもった』というと『あら、とよもさんは要求が高いのね』と。

そのときに、はっ!と気がついた。

うわぁ。そうか欲張りやったんやとよもーーー。

くれるのが普通みたいに考えてたからあの言葉がごく普通に口からするり。

それを機会に、じぶんの機嫌が悪くなったり、イラッとしてるときはすべて、よくばりのせいやったんや。そう考えればすごいよくわかるよ。なんで機嫌が悪くなるのか。欲張りの意味は、物をもらいたいという他に、人にすごい自分の理想の行動をする事を期待してるということ。そのうえ自分にも理想の人をおしつけて仕事で失敗したりすると、もう仕事やめたいとかおもてたなぁ。それから仕事で自信もなくしてたなぁ。

今あるそのままの自分が自分やから、理想の自分はもうすてる。

そこにいてるともだちも、そのままがそのともだちやから、自分の理想をその友だちに期待するのはおかしい。やっとわかりましたがな。

そしてさっき、メール見たら他の友だちが「とよもさんこのまえ、朝日が昇り始める数秒だけ、ほんとうに綺麗な光が出る時間があるよ」って言っていたでしょう。このあいだ翻訳で「false dawn」という表現が出てきて、それが朝日が昇る前にうっすらと空が輝く「黄道光」というものだと知りました。と

それでfalse dawnの意味調べたら黄道光のほかに。a promising situation that comes to nothing.とあって。選挙で約束した事が実際にははたされないような事の意味にも使われるらしい。期待してた事がおこらない。これってさっき見つけた。理想の事を勝手に期待して起らないと機嫌が悪くなるとよもにぴったりのことやん。falseって嘘とか偽物という意味やもんねぇ。

偽物こしらえて一人でダウンしてたとよも、ごくろうさんでした。これってけっこうおっきな目覚めかーも。ありあがとうともだちたち。

投稿日:

うさぎから教わったことまとめ

昨日のリバティーは部屋に出しても椅子の下とかでじっとしてた、とよもが他の部屋に行くと、なんか行動的になる感じもした。それと今朝のよろこびいっぱいのリバティーはまるで違ううさぎみたい。リバティーの飼い主の友だちが後で教えてくれたけど、飛び上がって回るのは、うさぎが一番ハッピーなときにすることで、英語ではBinkyというらしい。走って来て飛んで方向転換して走り去る、今朝のリバティーはこれを4回くらいつづけてた。そんなにうれしかったんかいな。

リバティーの変化にはとよもの気持ちが関係してるのかも。ケージにはいらないリバティーが難しいうさぎと想うことは自分勝手な考え方で、そんなとよもの気持ちがリバティーを敏感にさせていたのだとおもう。それで今朝は、ケージから出すの待たせたのでごめんごめんという気持ちで扉もこころも解放したからリバティーはありのままの自分でいられた。

見る側のとよもの想いが見られるリバティーのきもちを創り上げるともいえる。人間関係もすべてそうなのかもなーー、だからあの人はこんな人と、自分で思っていても、他の人から見たらまた違うだろうし、自分の他人への想いは自分の受け取り方で作り上げたことで、それは自分の考え方の癖とかにも左右されるなぁ。結局自分の考えがネガティブだったら他の人のこともネガティブに作り上げてしまうこともあるだろうな。でもそういう自分の想いがその人に影響するならちょっとかんがえたほうがいいな。これって新しい視点。ありがとうリバティーといいつつ写真は猫のジンジャー

とろけるアイコンタクト。
とろけるアイコンタクト。

投稿日:

ほんまのばあちゃん

家主のばあちゃんはいつもいっぱいやることありすぎて、毎日けっこうその事に付いて,心配してる。忙しい忙しいが口癖。今はクリスマスカードの返事が滞ってて大変で、物がいっぱいあるガレージを見ると、いらいらするらしい心配すぎて泣き出す事もある。
そんなばあちゃんみてると、何でも自分の考え方しだいやなーっておもう。
大変と思うと大変、できるときにやっていけばいいとおもえば別に大変でなくなる。
なんか、ここにきたときから、ばあちゃんは、とよもの鏡みたいにいくつかの悪い習慣や心の中の柵みたいなものを映し出してくれてる。最初の頃はそれに気がつかす、正面衝突してたけど、最近そのことに気がつくようになって来た〜。そして今は仲良くなれて来た。
去年から92才と87才の二人の所には、一日中ケアラーの人が来るようになった。4人ぐらいの人がローテーションで来るけど、そのなかにも、以前のとよもとばあちゃんみたいに、お互い自分を主張しあってもめるひともいる。
自分の考えからはみ出るばあちゃんの言語行動を、本当に大変だわ!といつも、不満を言う人もいる。
でもそのなかに、いつもやんわりした態度でなにがあっても、その態度は変わらない人がいる。
ひとつの考えから抜け出れなくて、イラつくばあちゃんを『あなたはとってもゴージャスよ』と抱きしめる。その人はもう一目見た感じからも、いい人感がただよってる。庭にミントや、バジルを植えてみたり、お料理も冷凍ちん!ではなくいろいろ作ってくれてたり、凄い自然にばあちゃんじいちゃんと楽しく時間をすごしてるように見える。
そのケアラーの人こと、みてからとよももなんとなくばあちゃんの、不器用なとことか、言葉はきついけど、寂しがりやなんだなとか、完璧主義だから、人の事も自分の事みたいに気になるんだとか本当のばあちゃんが分かって来た気がする。
愛のあるケアラー
そのままのばあちゃんを受け入れてる、そのひとといるとばあちゃんもおちついて、笑ってる。
みっしゅの空中もみもみ
後ろの猫のクッションはばあちゃんが、パームツリーばさばさを片付けたお礼にくれた。
以前くれた、着物の女二人のクッションより断然ええわ〜

投稿日:

よっこらしょっと

長い間のごぶさたでした。みなさま。
とよもいままで病気になったことなかったけど、ここ3週間下痢、頭痛、発熱38度、震え、でげっそり、食欲もなく熱で頭がもうろうとなって同じ画像が頭の中で繰りかえされて、もうこのまま、おかしくなってしまうのでは?とまじでこわかった。最初は鍼と漢方でだんだんよくなってきたけど、発熱、震えが止まらないので医者に行ったら、尿感染といわれ、尿の中に大腸菌がうようよいたらしい。。。
それで、大嫌いな抗生物質を毎日飲んで、やっと熱もおさまり、食欲もでてきた今日この頃。
あーーこわかった。途中でともだちがかくまってくれて、ごはんつくってくれたのでそれからすこし食べられるようになったのでした。ありがとうともだち。
病気の時に、とよもはあることで怒りを発したらその怒りがばーんって帰って来て怒りのパワーと一緒にずっともうろうとしてた。
そんなとき、いつもメルマガを読んでるかっこちゃんが彼女のドキュメンタリー映画とともに、シドニーにやってくるというので、ふらふらしながらも会場に行き、映画と講演を聴いて最後にかっこちゃんに、フェルトのうさぎプレゼントしてハグしたら、なんだかすぐおれてしまいそうな不思議な感じで透明人間とはぐしてるような、いままでにない感じでなんだかびっくり。
でもそのあともかっこちゃんから、うさぎ一生の宝物にしますってメールが来て、何だか自分の創ったものをこんなにも喜んでくれる人がいてるんやって、素直に感動した。
その優しい心につつまれたなかで、怒りのパワーをみつめてみたら怒りは悲しみの結晶だとわかった。私は悲しかったんだ、怒りを投げ返した人もそうとう悲しかったんだとわかった。
なので怒りをだしあえたのは必然、出せて良かった本当の自分。
優しさが、こんなふうに同じものを違う風にもみれるようになるこころを
あたえてくれたって、なんだかすごいなぁ。
そして、よっこらしょっと布団からたちあがるとよも
やりたいことやりたいなぁっておもった。
陰でしんぱいしてくれたあなたに、ありがとう。

投稿日:

ぎりぎりがすき

あさおきて、三つ葉に水をあげてたとき。
そこには、かわいい妖精ふち子さんがッ!

もうすこしちかくで、じっくりみてみましょう。
おやおや肘のところにどろがついてるね
こっぷにのぼるまでに、転げ落ちたんだ。
でもいまは、太陽の光をうけて、素敵な笑顔。

ふち子さんが、こんなしんどいぽーずにあるにもかかわらず
こころから、微笑んでいるのは
そう、ふち子さんは
ぎりぎりが好きなんです!
ふち子さんをみてやっと
自分が分かった
とよも、ぎりぎりが好きなんや〜
それですべて、今の生活に納得がいく
コップのふち子さんは、日本で売ってるがちゃがちゃの一種で
6種類となかなか当たらない、シークレットバージョンがあるらしい。
わたしのふちこさんは、最近新発売のピーチ。
いままでのふちこさんは、紺色の制服でそれもいいけど、ピーチもいいなぁ
とよもが、ふち子いいなぁとつぶやいてたこと、覚えてて
日本からおくってくれた、姪よありがとう。
実はシークレットもおくってもらった。。。
いいのかわるいのかわからないような、納得で今日も一日がはじる。

投稿日:

重い槍

tickにかまれた毒が少しこしのこっていたのか、あれからなんだか体がだるくてバイト以外はずっと家にいて、ぼーっとしてた。なんだか関節もいたいような、あたまもふんわりしてるような。
昨日友達家族がご飯つくってくれたのでひさしぶりの、バイト以外の外出。
友達2家族なので、会ったことの無い人もいてちょっと緊張もしたけど(ほんまかいな)、話題がとよもの興味のあった映画スライブのこととかそこからつながるいろんなこととか、田舎で農作業しなからうまいものつくることとか、人との出会い方、こどもとのつきあいかたなどなどだったのですごいうれしかった。おいしい手作り料理たべて、いっぱい飲んで、みんなのエネルギーが空間でみつあみみたいにダンスするみたいに喜んでたかんじがした。
帰りにサーモンのマリネとチーズスフレまでいただき、さっきおひるごはんにサーモンマリネ食べたとき、じんわりおかんのつくってくれた弁当をおもいだした。なんかおもいやりがこもってるもののあじ。もれないようにビニールに袋3枚かさねてあって、やっぱりそれはちゃんと効果為しててそんなことにもなんかぐっときた。
思いがこもったものの力を体で感じてちょっと力がわいてきた。
チーズスフレもふんわりあまい淡雪みたいなとけていくときにふーっと
なにかが体にはいっていくような
いっぱいの時間使って台所を洗物の山にしなから
こころこめた料理をつくってくれたともだち
表現方法はいろいろあるけど
一心にじぶんのやりたいことそのまま
自然に手を動かかしなにかを創り上げる
そしてそれが、他の人の心をみっしりうごかす
そんなことしてるときがアーティストとよばれる時なのかもねぇ
こころのなかにいままでつきささってた
重い槍を
ふーっとぬいて
そこに
すかさずはいってくる新しい空気
それがおもいやりかもなぁ
ありがとうともだちよ。
最近ぐっとかわいくなってきたみっしゅ