投稿日:

猫のホストクラブ

なにかって、ペットシッターという仕事はお金もらいながらも、猫たちから癒され愛があふれる、それは無料じゃあなく、さらにそのうえ、お金がもらえるホストクラブ?お世話してるつもりが、接待されてたのかぁー

座ったら横に寄り添うように体を預けてくるホスト(接待猫)。

いきなり、高価なプレゼントの小鼠をとよもの部屋において、知らん顔してるホスト。

たまには本気で噛み付くホスト(それも接待のうち)。

高価なご飯をせがむホスト。

人間のホストよりそのままなぶんいいかも、猫ホスト。

いやなときは、どっかにいってしまうから猫ホスト。

男も女も関係ないけどホストと呼ぶ猫ホスト。

 

どんな経験も考えればすべて愛があふれでぇーぜ。

延長もなぜか無料にゃホストナンバーワン、もっぴー

 

 

投稿日:

猫からのプレゼントいただきました。

目の色一緒

猫シッターで猫とのコミニュケーションはどんどんよくできるようになってはきているけど、人間とのコミニュケーションはまだまだやー。

前回の病気のポンちゃんのときにはぽんちゃんのことには全力投球したけど飼い主さんが心配して1日早く帰ってきたとき、そんな飼い主さんの気持ちを察するこ言葉もかけられずにただ、大変だった自分のことばっかりだった自分。

ともだちに教えてもらってやっと気がついた。はぁー

しかしながらおそくても、気がつけてよかった。自分自分ばっかりでなく人の気持ちかんがえやなね。

いまのお客様は、まるがお細目のモッピー。

なんととよもの部屋に愛を込めてプレゼントをそっと置いていってくれたモッピー。

プレゼントは

 

死んだこねずみ!うっわーーっ

こねずみさんは庭に埋めて墓石つくった。

モッピーはよく、うさぎやポッサムを生きたままたくわえてきて、リビングルームで追いかけ回すから、そのときはうさぎをタオルでくるんで逃がしてあげてねとは聞いていたけど。

いやはや、人もいろいろ猫もいろいろ。

投稿日:

信じていればええねん

猫シッターは、好きな猫と素敵な家で暮らせて(小さな自分の住処とくらべて)キッチンや冷蔵庫にあるものはなんでも食べてねといわれ、そのうえお金がもらえる素敵な仕事。でも今回病気のぽんちゃんがシッター中にもっと具合が悪くなり動物病院に走らなあかんことに(タクシーでいくけど。。)。

そんなとき、海外にいてる飼い主さんは心配マックスになる、そのあいだにはさまれて自己否定力が威力を増しとよももけっこうきゅうゆうになる、最初は飼い主さんに叱咤激励されなから指示に従うのがめいっぱいやったけど、これって信頼されてない証拠?むらむらそんな考えが起こってきた。

それで

安心してもらえる自分を目指してぽんちゃんが下痢になったとき飼い主さんにいわれなくても、獣医さんに治療後テキストメッセージで質問し、そのあとでぽんちゃんのこと飼い主さんに報告したら。

それは注射のせいかもしれないので獣医さんに聞いてみてくださいと言われた時に、いやすでに聞いてこういう返事をもらってるので大丈夫かととか今日言えた。

はじめは悔しさで相手を責めてたけど、その経験をもとに自分を変えたらええだけやった。いつもそのくやしさを感じなくするために相手を悪者にして安心してたんや。

 

毎日の現実はほんとうは映画で、自分は俳優で演技してるだけみたいなふうにかんがえれば、ほんとうの自分には心配も不安もない。台本の通りことが起こってセリフを本当みたいに言うてるだけ。そのなかで湧いてくる感情も演技の一部とおもえばいい。でも俳優の世界ではそのなかから台本にないはずの感情からの表情とか考えとかアドリブとかがマジカルにでてくるらしい。それはどこからでてくるん?それが演技のある意味?それともそれは別世界へのわーぷ?過去生の経験から?

現実劇場では言葉でのコミュニケーションは妄想から感情が発生したりしてみんなが自分の考え方が正しいと思うか、嫌われたくないがために本心を隠して言葉を出したり、自分のことしか考えられず喧嘩になったりするけど。そんなことにいちいちこころをわしづかみにされず。ただの演劇よのう〜と一歩離れたところでじぶんをみる練習するのがいいかも。

投稿日:

元気になる写真

シッター先のメロンはいつもここでこんなかっこうでこっちをみをろしてる。見ただけで笑えてくる。

下のまるみもなんともいえん。

今回のお客様は、若いメロンとちょっと年で皮膚病のぽんちゃんの二匹。メロンがいつもぽんちゃんにおそいかかるけど、ぽんちゃんはするりと逃げてしまう。

ぽんちゃんは、錠剤と液体の薬のませなければいけないけど、ご飯に混ぜてもそのままたべてくれるから楽。ねこによるときっちり錠剤だけのこしたり、くすりがはいってると絶対食べない猫もいるからね。

薬はステロイドともいっこは精神安定剤みたいな成分もはいってるみたいなので、くすりのいやなとよもはのませるのもいやだけど、しかたない。。飲ませなからもリラックスできるようにブラッシングしたり喉の下なでたり。1日目は2匹とも別々の部屋でねてたけど、昨夜は二匹ともとよものベッドで寝てた!

これからじんわりなかよくリラックス生活して、シャカシャカ掻くのかすくなくなるとええなぁぽんちゃん。・

投稿日:

ふくろうとねこのカップ

シッター先で手ロクロもなく、粘土を皿の上に乗せて手で回しなから創ったカップ。そのままだとふくろうにみえて逆さにすると猫にみえるようにつくったつもり。

おしゃれなインんテリアのモッピーさんの家で撮った。もっぴーさんはこの方。

ポッサムやうさぎのあかちゃんをくわえて持って来るといわれてたけど、まだもってきていない。持ってきたらどうするか困る。。。
おっとりしているようで、生粋のハンター。高貴な感じがにじみでてるモッピーさん。
これが創ってもほしくないやんって思いながら創ってて途中でなげだしたら、先生に諭されたなやめる裸婦。
一番上の写真暗すぎで見えへんやんっておもった人に。
投稿日:

奪いまくる黒豹

4匹の若い雄猫、そのなかでも黒豹のように大きく食べることについては半端ない情熱でぶちあたってくるおとこがいる。

ごはんを炊飯器からおちゃわんに入れてる時も、一瞬で炊飯器のよこに来てがぶっ!って熱々ごはんおもいきり頬張って逃げるけどほとんどのごはんは逃げる途中で床にばらまかれ回収される。

ピクルスなら盗まれないだろうとちょっとテーブル離れるともうがぶりとくわえてるやん。

コラーーーッ

と言った瞬間びっくりして器を蹴って床に落とし人参ピクルスは床に散乱、器はバリバリに割れる。。。はぁ〜まいにちが緊張の連続。

かりかりあげてても、ちょっと目をはなしたら自分のはまだあるのに隣のうつわから瞬間にほおばりうばう。隣でたべてる猫がぽろっと口からかりかり落とすと、すばやいカルタ取りみたいに黒い手がしゅわっ!とのび瞬間にバシッ!おちたかりかりを押さえる、食べながらも他の猫を観察し行動できるとよもよりすごい才能!!

自分が食べるときは、黒豹をケージにいれるといいよといわれて最初そうしてたけど、ケージのなかでずっとにゃーにゃーいうの聞きながら食べるのも落ち着かないので、最近とよもは食べ物はみんなタッパに入れて、おかず食べたらすぐふた閉めて、ごはんふたあけて、みたいにしてたべている。せわしない。。。

唯一黒豹が目をつぶって顔をそむける食べ物がある

それはキムチ

なのでキムチがあるのときはテーブルにのってこない。ありがとうキムチ!

 

黒豹はごはん以外のときはおとなしい。いまのとよもの横で静かに寝てる。黒豹がとよものそばにいると他の誰も寄ってこない。かといって黒豹がいちばん喧嘩につよく皆んなをおびやかしてるわけでもない。いちばんおとなしい猫は黒豹と強烈なパンチの応酬をし互角に戦う、二匹が後ろ足でたってお互いイカ耳の必死な顔でパンチし合ってる姿をみたら、わらえてくる。

喧嘩はするけど、怪我するようなひどい喧嘩はしないし、おたがい毛づくろいもし合っているので平和は保たれている。こんなすごい経験でまたシッター技術がみがかれてるとよもでした。

 

投稿日:

うさぎの鼻つんつんと出戻り感動

うさぎマニアのともだちに、あげる野菜は3種以上がいいよ教えてもらってそうしてるよ。

初めて会ってからもう10日以上たつけど、いまだに触ろうとするとこわがってる。うさぎと心が通い合うのなかなかむつがしい。でもさっき走り寄ってきてとよもの膝をは鼻でつんつんと2回つついてまた離れていった。これは友情のしるしか?

大昔のはなし。大阪でグラフイックデザイナーとして働いてた時のその会社の社長が東京でアーティストの作品を販売するおしゃれなショップを(この言い方がなんか田舎っぽいけど。。)オープンした時に作品をたくさん買い上げてもらって、その作品がanannにも掲載されてびっくり喜んでいた。

そのご、社長とFacebookでも繋がってこのまえとよもの作品をあげますってお知らせがあり、思わず、これはほしい!と言ったらすぐに送ってくれた優しい社長。

かわいいいいいいいー。

送った時は普通のチェーンで、綺麗なクリスタルもつけてなかったとおもう。それを一個一個違うチェーンに付け替え、キラキラ太陽の光を受けて光るでっかいクリスタルをつけてすごい変身してた。いなかもののおんなのこが(素朴というほうがいいか。。。)、スタイリストのコーディネートで別人になったかんじ。

これはそのお店の店長していた人がしてくれたんだ、ありがとう店長。そのうえ買い上げてもらった商品をとよもにプレゼントしてくれる太っ腹な社長ありがとう。

そういえばその会社でデザイナーしてた時の印画紙も輸入物の高い印画紙やった。海外の雑誌もバンバン購入してくれたなぁ、そのうえとよもは2回もオーストラリアに仕事にいけて、それでオーストラリアに移住するチャンス!をつかんだのだった。

考えてみればとよもの人生そこで変わったもんね、すごいことだ。そんな人々に出会えたことにまこと感謝。

投稿日:

猫楽園

楽園生活も明日で終わりということろ、白猫さんがいっきに壁を崩してうっとり攻撃。行くとこ行くとこについてきてすごいリラックス。

長毛さんは最初から仲良くしてくれてたからね、長〜い雨もやんで、太陽がポカポカ風もきもちよし、ああしあわせ。

投稿日:

男前の足の裏は真っ黒

昨日コンピュータに向かってて、ふとふりかえると、しろねこさんがちんまり待機してた。ピピって呼んだらごろーんしたのでやっと触れた。それからピピさん毛づくろいしてるのみてたら。

体は白いのに肉球全部極黒!肉球and足の裏全部靴底みたいに真っ黒でなんかすごい変なかんじ。

ピピの体の毛は白にグレーのシマシマ、これはアメリカンショートヘアー似にてて、調べてみるとその種類の肉球は黒が多いらしい。なーんや珍種でもなかった。

それと男前に見えるのは目の周り全てにくっきり黒いアイラインがはいってて目が大きくみえーる。

 

投稿日:

おりのなかの平和

今回新しいおきゃくさーま。ココ(長毛)あんどぴぴ(白っぽい方)。

庭のベランダに網が張ってあって、動物園みたいやけど猫たちにとっては草もたべれて日光浴もできてええかんじ。長毛さんは最初からすりよってきてくれたけど、しろっぽい男の子はすごいこわがって、とよものよこ通るときはダッシュ。でもなぜか寝るときココはベットにはいってきて、ぴぴも布団の上。今二日目やけどぴぴはさりげなくとよもの足元に近づいてきて素通りみたいに距離はちょっとずつせばまってきてる。