投稿日:

タイの刺繍

友達がタイで買ってきた子供用のスカートをわけてもらった。上の方にオレンジ、黄緑、ピンクのラメなどなんともキッチュな色のライン、その下にピンクの糸でクロスステッチがびっしりとはいってる。上のゴムの部分をはずして、ひだをのばして素朴な綿の布と合わせてキッチンのカーテンをつくってみた。かわいいぞなもー

投稿日:

レース編みのミニミニくつ

妹に頼んで京都の恵文社から買ってもらったANANOさんの本2冊と刺繍や染め、織物で素敵なアートつくってる、森麗子さんの本が今朝届いた。ANANOさんの本みるなり、集中してレース編みの靴つくりましたよ。かわいいっ。
最初のが本のなかにある、編み方をみて自分で編んだ物、最後のがANANOさんの本のなかの写真。

投稿日:

ねこピタリアル版?

久しぶりに、華やかなパディントンまででかけてみた。かわいい店もセーター200ドルとかでとても買えないものばかりだねー
みるだけみるだけ、と見てたらディスプレイにでかい猫のシールがはってあった。これ貼ってるだけで注目度アップするとおもう。
隣の写真は、オーがニックの野菜や食品売ってる店ですごくかわいかった。
オーストラリアの良さはこういうなにげないかわいい店があるところ。

投稿日:

フェリー

今日は、仕事がするするすすまず、打ち合わせ座時間ぎりぎりまであたふたしてた。
普通はバスあんど、歩きで仕事場まで行く(3ドル)だけそうしてたら約束の時間に間に合いそうもないので、はりこんで5ドル20セント(520円よ5分で到着)のフェリーに乗りました!
それで30分節約。
フェリーに乗ると悩みとかみんな風に飛ばされてしまうみたいで好き。

投稿日:

くたねこシドニーに行く

ゴールデンウィークなのでけいと屋ニコルのくたねこもhttp://keitoya-nicole.com/?mode=cate&cbid=299562&csid=0&sort=n/ ちょっとシドニーにきました。ここはシドニーの港町バルメイン。シドニーの気温は朝6度とかですが、お日様がでてくれば暖かいので海辺でかわいい料理本を読んでいますよ。ちいさな波の音と、潮風のにおい、からだにしみ込む太陽のあたたかさ。くたねこ極楽ですー
ちなみにオーストラリアのほとんどの女子は旅行するとき、でかいマイ枕もってゆくのです、なぜか。

投稿日:

猫のポストカードつくりました

けいと屋ニコル、オリジナルポストカード二つ目のデザインできましたよ。
ねこぴたhttp://keitoya-nicole.com/?mode=cate&cbid=247607&csid=0&sort=n
のイラスト使ってデザインするシリーズです。
色々なやんだー一週間くらいでページにアップされるとおもいますよ。

投稿日:

内藤三重子さんのこと

日本から帰ってきた友達が本を買ってきてくれた。
内藤三重子さんのことというタイトル。
文章を書いているのは内藤三重子さんの息子さんのパートナー、村椿菜文さん。
お話の中に、机の角に足の小指をぶつけたとき、普通ならくそっ!とかいってしまいがちなのに、ママはそいうとき、痛みをこらえて机に謝ってしまう人。形ある物にはなんでも神様がいると思うという。
ああーそんなこと考えたこともなかったよー机ー。
内藤三重子さんは今73歳で1960〜70年代に『私の部屋』という雑誌で、イラストや手芸小物の作り方の記事を書いていたひと。90年代からは流木を使った家具や人形を作り始め現在も制作しつづけているらしい。
当時のわたしの愛読書でもあった『私の部屋』。
確か洋服についてるタグをパッチワークして作る小物入れの作り方を発見して感動し、家中の服のタグを外しまくって一気に制作したのを覚えている。その小物入れは今でも持ってる。たぶんそのタグ・パッチワークの記事が内藤三重子さんのものであった気がする。
彼女は今までの人生でたくさんの愛をさずかり今はそんな人々のために、最後の日まで『ありがとう』を作り続けていきたい。と書いてあった。
何かをづっと続けられるのは特別な才能だと思う。

日本でこの文章よんでくれている人のために、シドニーの青空うつしてみました。
まったりきーつ(顔こわい?)はおまけ。

投稿日:

うほうほな拾いもの

朝、パンを買いに行くのに、石の階段を上がっていると、電信柱に立てかけられた木箱ひとつ。
近づいてみてみるとちいさなドアの付いた棚。下にはアンティーク風のフックが二つついてる。
ラッキー!パンは後にしてすぐに家に持ち帰り洗ってキッチンにつけてみた。なかなかいいかんじ。なかに猫小物いれたみたよ。うほうほ。
家の付近は百年くらい前の家とかいっぱいあって、いま階段の上の家はリノベーションしているのです。きっとモダンな家になるんでしょうねぇーわたしは古い感じがすき。

投稿日:

アンディ・ウォーホルと猫

私の猫ものコレクション、日本の本屋でバーゲンになっててセットで2800円だった。一冊はアンディ・ウォーホルのおかんが書いた猫達で、いろんな帽子かぶってたりする。もう一冊はポストカードにもなってるアンディ・ウォーホルのカラフルな猫シリーズすべてsamと呼ばれてた猫らしいけどみんな顔がちがう。2冊セットでカバーに入ってる。装丁もかわいいとよも秘蔵の本でした。ちょっとフェルと作品といっしょに撮影してみました。

投稿日:

猫の仕事

仕事の資料を探すのに、オーストラリアンヴォーグ(お料理あんどトラベル版)をめくっていたらウエディング特集の写真の中に、ぐっすりくつろいだ表情の猫が。。。なぜにこのシーンでおまけに野外でわざわざ猫が必要なのか?かわいいけどねぇ。
もう一枚はマリークレールのカレン・ウォーカの別荘特集(ニュージーランドのファッションデザイナー)にでかい虎猫発見、なまえはチキン。
ご主人様と一緒に別荘につれてきてもらえるらしい。カラー写真のソファーらしきものは、オークションでゲットした古い電車のシート。大切にされてるのに、チキン目つき悪すぎじゃない。
カレン・ウォーカのつくるアクセサリーはドリーミィで可愛いよ。