楽しめるアート

以前に紹介した,ダニエルのエキシビジョンパート2
今回は、娘のアヌとその友達姉妹(12歳くらい?)の4人で2日だけのグループ展をしました。
海岸でひろった漂流物で自由を勝ち取るのにいる武器などをつくってるようです。
ごみだいよこれ、とおもってるひとと、素敵な才能とおもってるひとがいりまじってかなりおもしろかった(ゴミだ!と思ってる人は絶対そういう風にはいわないで、素敵だねぇとかいってるから、でも子供におとうさん一つ買ってーといわれて、まじいやな顔してた)。
子供達は全員ギャラリーにはいるなり(海岸の砂がひきつめてあって、小屋がある)、おおよろこびではしゃいでなかなか帰ろうとしなかった。
自分で集めたお気に入りもので、何かを創る、それが誰かによって買われる。
そういう体験は貴重だと思う。
まさに、オーストラリアらしいエキシビジョンです。
またもや、ほとんどの作品が売れてました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です