夜のねこばぁあ

ごぶさたしてしまいました。
すっとデジカメがマックにつながらなくて、写真取り込めなかったけど、きょうは根性で力一杯入れたらつながった!
おふらんすのモヘアで松編みすかーふ、つくった。
きーつおばぁはじゃらじゃらしい物が好きだから(うそ)パールのチェーンもまいてみた。このままでいやがりもせず、ふらふら部屋をあるくきーつはなんだかもうなにかをのりこえた猫のようなきがした。
ともだちが、あなたの本がフランキー(こっちの若い女のコが読む雑誌)に載ってるわよ!とめーるくれた。すぐに本屋に行って、道ばたの階段に座って読んだ。
PASS ME A SMILE This little craft book really couldn’t have been named any better because just about everything in it makes you want grin with joy and hug passers by.
パスミーアスマイル。このちっちゃな手芸本にはこれ以上の表現はありえないくらい素敵な名前がついています。この本のなかにあるものはくすくす笑い、ハグ、喜びなどをもたらすでしょう。意訳(最後のpassers by 通りすぎる?という意味か?というのが文の中にどういれていいのかわからなかった)
そのあとのも、本のなかのクラフトについての考え方の表現が今まで私たちにはできなかったものだとかいてある。つたない英語もそういうふうに解釈されるとうれしいなぁ。

“夜のねこばぁあ” への2件の返信

  1. passers byは通りがかりの人たち、
    「通りがかりの人達にハグしたくなる」
    記事はウェブに載せるのとよちゃん

  2. おもわず通りがかりの人にハグしたくなる気分ということか。ふむふむ。でもあぶないよなぁそれ。
    ウエッブには英語のブログがあるから、そこにも記事のことのせた。私が英語書くとほとんど意味不明な文章ですがねえ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です