夏の始まり、BONDIスカルプチャー バイ ザ シー

こちらはきっかり夏になりました。
今日は観光案内をつとめますとよもです。
ボンダイビーチから隣のタマラマビーチまで海を見下ろしながら潮風に気持ちよくふかれて40分くらいかけて歩ける道があります。
そこに自然と一体になった彫刻がたくさん設置されるのがスカルプチャー バイ ザ シー、海沿いの彫刻展、とでも楽しめる無料のイベント。
作品の中で今回一番目立っていたのが巨大枝豆ようなグリーンの彫刻で、風が吹くと奇妙な動きでカタチがかわり、なんだかそれは生命体のようにみえる。もしくは風の言葉を通訳する彫刻?
風見えだまめ?
途中の休憩地点の、可愛い小屋はココナッツの実に穴をあけてストローさして中のジュースを飲めるようにしてくれるジュースバーでした。このゆるーい感じがええなぁー。
小屋の隣の写真は人の彫刻が岩の上にあるのだけど、そのさきにペンギンが嘴で毛繕いをしてるのがかわいかった。写真でみえるかなぁ
でもなんでボンダイビーチにペンギンが?
メルボルンのフイリップアイランドにはフェアリーペンギンがいるのは有名だけど、ボンダイでペンギンを見たのは初めて。
でもペンギンは幸せそうにそこでいつまでも毛繕いをしていたよ。
ボンダイビーチにいくといつでも、心が瞬間にぱっとはれて、すがすがしい気分になる。
他のビーチとは違うパワーがあるようにおもう。
シドニーに来たらボンダイビーチぜったいいってみてね。

“夏の始まり、BONDIスカルプチャー バイ ザ シー” への2件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です