猫の額のサンシャイン農場

ひさしぶりに、昔アシスタントをしていたイタリアンクッキングの先生からメールが来て、食品のラベルデザインの仕事をもらったよ。
それで、ここ一週間まじめに仕事してたけど、なにしろずっと仕事してなかったから、頭が錆び付いててなかなか思うようにすすまず、集中力は1時間でブツブツきれる。これも老化現象なのかとおもいながら、ちょっとずつすすめてやっと今日提出したよ。
実は仕事中『みんながすごいと思うようなデザイン。。。』とかいきまいてたけど、それでは自分の事しか考えてないよなとおもい、
使う人が笑顔になれるような、それがあるとその場がふわっと明るくなるような感じの物をめざした、けど頭でおもうのと手からでてくるデザインがピッタリ一致するまでには、長い道のりがある。ひぃーひぃー
家の前には猫の額くらいの庭があって、友達がくれたコンポスト(みみずがいっぱいのケースに野菜くずをいれて、堆肥にするもの)をおいてる。それでできた堆肥を庭にまくと、去年は勝手にミニトマトがいっぱいはえてきて、おいしいトマトが収穫出来た。今年はトマトははえてきたのだけど、そのあとかぼちゃらしきものもぐんぐん大きくなっている。
カボチャの葉っぱすごい勢いででかくなり、今や自分の顔より大きい。
そして友達がシソ、バジル、チリ、あと金魚の藻みたいなハーブを持ってきてくれたものだから、猫の額はいっきに農園らしくなってきた。
にんじんは種まいたけどそれから育ったのはたったいっこ。これ掘り起こすのすごいたのしみ。

朝農園にしゃがんで、水やったり、虫とったりして土に触れてるとなんともいいがたい、幸せ感が〜。わたしも自然の一部なんだと感じられる。
はぁー
農園の守り神きーつ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

%d