ホ・オポノポノ2

私たちの潜在意識は、宇宙が創生されてからのすべての記憶にアクセスして、瞬間瞬間に膨大な記憶をたちあげています。わたしたちが認識しているのは顕在意識ですが、その100万倍の記憶が潜在意識のなかで立ち上がっているのです。(皆が’幸せになるホ・オポノポノより)
瞑想しようとしても、次々に頭の中に雑念がわき起こることみたいなかんじかな?
それを自分が認識出来ていないだけで潜在意識のなかではつねに記憶が再生されていて,その中にはたくさんのネガティブな記憶も再生されていて、わたしたちはその記憶に左右されてるらしい。
なのでその不幸な記憶をクリーニングすると、人間本来の生き方ができるらしい。
いらない記憶で一杯だったこころが空になるから、正しい考え方がするするはいってくるというかんじ?。
クリーニングの仕方はすごく簡単で
『ありがとう。ごめんなさい。許してください。愛しています』と言うだけ。
誰も悪者にせず、全て自分でひきうけて静かに自分にむかっていうだけ。
それを毎日つづけることによって、心はゼロの地点に立つ事が可能になる、そうするとあらゆる問題は自然に解決するらしい。
この方法で他の人のことも、クリーニングしてあげられるらしいよ。
ただしすべてのことは自分がひきおこしたこととしてとらえないといけないみたい。
ここが、なかなかむつかしいな。
興味ある人はじっくり読んでみてください。
このほんのなかには、作家のよしもとばななさんの体験談も載っていたよ。
とよもはけっこうホ・オポノポノの考え方ありがたかった。
だいぶ前から、喧嘩とか問題が起こったらぜったい相手が悪いと思わず、自分の悪いところサーチするようにしてたから、自分の悪いところはいっつもみつかる。
でも実際そのときにすぐ『自分のここが悪い』と気づく事はいままでなく、爆発してからだいぶ立って分かるんだけどね。
なのでまいにち、『ありがとう。ごめんなさい。許してください。愛しています』といろんな事に対して言うことは爆発しやすい自分の気をもうすこし鍛える事になる気がする。
毎朝起きたらすぐに、ありがとうございます、感謝しますというようにしてるのもホ・オポノポノの一環だったんやー
一冊の本が心にすとんとはいることってあるんだなー
ありがとう、本を貸してくれた友達。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

%d