体と意識

今日新しいカテゴリーをつくったよ。
聞いてくださいわたしの発見。
毎日のなかでわかったで!とおもっとことはこのカテゴリーつみあげていきますねん。
さて今日のわかったで!
それは和歌山のローカルなスーパー松源に買い物に行った時、
タイムサービスウィンナー袋詰め放題100円!と言うコーナーがあって
みなぎるおばさんたちの熱い情熱を感たので、ちょっとそばでみてた。
おばさんは備え付けられたビニール袋をおもむろに手に取り
片方をぎゅってもって、もうひとつの手を袋の中にいれギュンギュンのばすの、ふくろを。
見ているとのばしかたにも人それそれで両手で袋の下から上までまんべんなくのばしてるひともありそれぞれにやり方を編み出してる模様、あなどれんのうーおばさん。
詰め放題にあらかじめの袋のばしはマストみたい。すごいね
もうこれそばで見てるだけでかなり、はらかかえてわらったけど。
シドニーに帰ったとよもはこの体験?をじんせいの教訓だ!と気づきました。
ビニール袋が自分の体
ウィンナーがポジティブな意識
体がひろがらな、ポジティブ意識もいっぱいにはいられへん。
体がひろがるということは、鍛えられるということ。
村上春樹が体を鍛えれば文体も変わるといったのはこういうことだったんだ!
ほんまかいなー
ここまで、読んでくれてありがとう。松源の熱いおばはん師匠にも感謝。
みなさん体をきたえよう。
そしたらポジティブ意識びょんびょんはいってくる。