奈良と京都の猫

おひさしぶりでございます。
51日間日本でおとうさんの看病あんどお葬式、初七日、49日すんで12日にシドニーにかえってきたよ。初七日はお葬式のすぐ後に、49日はお葬式から24日めにと、すべてくりあげくりあげ。。。みんな生きている私たちの都合で変更したけど、これでいいのかなぁーみたいなかんじ。
空港からのタクシー降りると10才の友達とその双子の弟たちがかわるがわるハグしにかけよってきてくれた。
10さいのともだちは、私を迎えたいから土曜日の日本語学校やすむっておかあさんに宣言したらしい。ありがとう!!!
51日間キーツのご飯とトイレの世話してくれた10才のともだちは、ほんとうに学校行く前の慌ただしい時間をやりくりしてよくやってくれた。なのでわたしは日本でやらなければいけないことに集中できたよ。ほんとありがたかった。
51日間一人でねてたきーつも、えらかった。
きーつは私の枕の上でずつと寝てたみいで、まくらは抜け毛みっしりで鳥の巣みたいになってた。。。
合間にいった奈良と京都の猫
京都は下鴨神社にすんでる黒白猫だよ、あいそないのになんだかひきつけられる猫でしたね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です