シドニーおひとりさまこたつ

私の住んでる海辺のどくだみ壮は、暑ーい夏はすずしくて天国。
でもねぇ冬になると冷蔵庫化するんです。
古いうちで、すきまかぜしゅーしゅー、カーペットの下は板が一枚でその下は土。
底から冷気がキンキンひえるーー。ほんとうに外に出た方が暖かいんです、雨の日以外は。
それで妹の旦那さーまが。猫が使ってたお一人用こたつのあたたかいところだけはずして、シドニーに持って帰れるようにしてくれたよ。
しかし、帰ってから変圧器というのが必要な事がわかり、変圧器調べたら中古でも60ドル以上するじゃあない、それはたかいよ。ってずっとそのまましてた。
ある日ともだちがきて、こうこうしかじかはなしたら『家に使っていない変圧器あるよ』というではありませんか、それでそれを借りたらこたつのあかーい光とともにあたたかーくなり、かしこいきーつはさっとこたつのまえに。
そのあとそのともだちが、『つかってない子供用のテーブルもありますよ』とテーブルまでくれた。テーブルに自力でこたつをつけて、いつもつかってる大きなテーブルの下に。
子供用のテーブルは低すぎて膝がはいらないので、下に本をかませてなんとかセッティングできた。なかには、キーツ用のクッションもいれて、これでふたりで暖かくすごせるわー
ありがとうありかとう、妹&器用なだんなさま

“シドニーおひとりさまこたつ” への2件の返信

  1. うぉーーーいいやーん おこたー! しっかし流石やねーとよ先…変圧器必要だろーさ、ねー…(笑)

  2. まぁね、変圧器もってたけどそれは35wまでで、こたつくんはなんと600ワットソンくん、そのために、ウオンバットみたいに小さくてもおもーい変圧器必要だったのよ。ぬくいー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

%d