野良猫ますことお嬢様猫ぐりこ

ふと、気がつけばもう1月も終わり。
きょうは、姪が野良猫ますこと、うちねこぐりこの写真送ってくれた、とよも的にはかなりいい写真だったので、みなさまにもおみせしまする。もふもふなのがぐりこ

ますこのあしあと
実家の和歌山の勝手口(勝手口開けるとそこはお寺のひろーい庭で猫達はそこでいつもあそんでた、勝手口の横に箱置いてあるのでそこで何匹かは寝てたけどほかにも寝床はあったみたい)で両親が何十年もの間、野良猫にごはんをあげてた。
近所に毒がまかれたらしい時もあってく、2日で3匹の子猫が勝手口前で死んでいて、裏山に埋めに行った事もある。冬になると猫たちがくっつき合って猫の小山(たぶん10匹以上)ができていて、おもわず写真撮ったなぁー

実家の両親も亡くなり、その後猫達には姪がご飯だけ毎日あげにいってたのだけど、またご近所さん罠をしかけたらしく、すべての猫はいなくなった。
ある日妹から電話があって、なにかあったんか!とびっくりしてると。
『ますこつれてきた』とひとこと
姪がいちばん気をかけてたますこがある日ひょっこり帰って来て、姪はその時うまくますこを家におびきよせ後ろでドアをバン!と閉めてほほえんだ(想像)
野良猫たちは、ぜったい体をさわらせないからね。
その後どうにかしてケージにますこを入れて自分のうちに連れてかえったらしい。
それから何日たって写真がおくられてきた
妹のうちには3匹の猫とクッキーという犬も室内にいる、人間より犬と猫の数のほうが多いファミリー。写真ではぐりこがますこを守りますってかんじで、毎日危険にさらされてたますこのことおもうと、よかったーとおもう。
野良猫に餌をあげるのは賛否両論あるとおもうけど、猫捨てる人間がいるから野良猫がいる。
餌与えるだけでなく、つかまえて避妊手術するとか、おとなしい猫には里親探すとか、できることしている人々もたくさんいる。
ますこよ、これからはぬくぬくのびのびくらせるね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です