シーカヤックの恐怖

引っ越しを機会に、いらないものいっぱいすてた。
コムデギャルソン・トリコのスーツやエキプモンのシャツはリサイクルに。
デザインしてたカンタスの機内誌も全部すてた。
デザインの資料に残してた空輸便のエル・デコもすてた。
画集やおっきなホンやお宝ひろいものは友達が、e-bayで売ってみてくれる。
その他、古いマックや大きいモニターも友達ひきうけてくれた。
引っ越しもともだちがてつだってくれる。
よく考えたら友達も大変なときなのに。
なんと、ともだちや家族に、世話になっていることがおおいことか。
それでわかった、自分がネガティブな気をまき散らすから(急な引っ越しと制作、大きな事が2つになると頭と体がストップする単純さ)、近しい人を心配させるんや。
自分で行動するのが今年の目標やのに。
今年後2ヶ月ちょい。
瀬戸際とよも
救命ベストぬぎすてて、自力で泳ぐか。
あーシーカヤックの恐怖をおもいだしてしまった。
死ぬと思ったら(おおげさ)なにも考えず必死で漕いだ。
がんばっていきまっしょい。