荒れ地の魔女

家の家主のばあちゃん荒れ地の魔女にそっくり。
目の上のブルーのアイシャドウとぐりぐり目にながーいはなじゃらじゃら宝石。
勝ち気短気でちょっと皮肉なかんじもそのもの。
そんな荒れ地の魔女に最初はすごい、こしがひけてたとよもだったけど。
明日から一ヶ月日本に行くと言った時、前々から行くことは伝えてたのに
そんな急なこと!聞いてないよといわれて、そのあとさみしいって怒って(怒るところが荒れ地の魔女)きっともう帰って来ないんでしょうとかいいだすし。
帰ってきて部屋の中にみたら、大きなつつみがあって
ひらけると、着物の女の人が二人で並んでる写真がプリントしたクッションが出て来た
ひゃー
荒れ地の魔女からのプレゼント
カードには
あなたのオーストラリアの家マウントクーリンガイにようこそ!おかえりなさい。
わたしたちはあなたのいないことがすごくさみしい、とかびっしり文章が。
以前にプレゼントもらったときに、いらないといったら、プレゼントはうけとるものでしょう!とすごいおこられたので、ありがとう!とよろこんだ。
荒れ地の魔女はなみだもろく、いそがしいときに家賃持っていくと領収書今かけというのって
むこうのほうにいって泣くから、とよもはあわてて、あとでもいいですよっていう(こういうのなみだもろいというのか?)。
こんなひと、日本にはあまりいないよなぁ
でも、感情そのまま生きていけてるというところはなんか、いいかもなぁ。
明日行くよといったあと、荒れ地の魔女はすぐにマスタードイエローの車をはしらせ(86才なのに)とよもがすきな、えびをいっぱいかってきて、一緒に食べましょうと夕食に招待してくれた。
それで結構食べたけど、もっと食べなさいといわれ、ハァっていいながら、もう一匹たべたら
荒れ地の魔女は空気を見るように目を泳がせ
『ふーむ、あなたはもうシャイじゃなくなったのね』というた。。。
複雑なとよもの心境。
霧の日駅から森をみると霧が池みたいにみえてきれいだった
これがもんだいのプレゼント。。。

4 Replies to “荒れ地の魔女”

  1. 師匠、お帰りなさい!!!!
    荒れ地の魔女、すっごく可愛いですね:)
    着物の女性の、何やら懐かしい感じのクッションも、きっと一生懸命探してくれたんですよね!!
    今日も、ほっこり、有り難うございました:)

  2. 荒れ地の魔女は、とよもがはてしなく元気のないときには、おなかをふくらませてきて、とよもの目の前でクールな顔でおなかをへっこめて、履いてるスカートをはらり落とすという凄い技ももせてくれて(中にはすごい派手なタタイツ履いてる)、そら笑うわ〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です