灼熱うさぎ小屋

今日は温度計は26度なのに、太陽かんかんですごいあっつい。
お昼過ぎにシッター中のうちに帰ってウサギ小屋に入ると、中はもんわり。うさぎ5匹はほわほわの毛皮着ていて、犬みたいにハァハァして温度調節できないので、暑さにはめっぽう弱いと聞いていたので、まず小屋の周りに水をまいてみたけど、焼け石に水とはこのこと。それから暑いときのための日よけのテントをはったけど、そうすると風がはいらないので涼しくなったのかよくわからない。そのあと、凍ったペットボトルをいくつかいれると、ウサギははなでついたり、小さい舌でなめたりしてる。これでなんとかがまんしてくれ。
部屋に入ってくつろいでると、ばーーんとバスルームで音がするので、のぞいてみたら、バスルームのケージの中にいるうさぎが棚の上のじぶんの寝床のダンボールをつついておとしてた。もとにもどして部屋でくつろいでるとまた、ばーん。
どうやらうさぎは怒ってるみたいだ。
ケージから外に出してあげたらリビングでのびーのぽーず。
「あついでーだしてくれ!」ということだったらしい。

そうこうしてるうちに、空が曇って太陽が隠れてすこしすずしくなってきたので一安心。
部屋の中にいるうさぎは、だんだんなれてきてとよもがうさぎみたいにかがむと、よってきて、服のうえで高速ほりほりをしてかぷっとかじられた。。。
昨日ここのねこ(はなぐろ)にも、すりすりしたあとに腕つかまれでかぷっとかまれ、そのあとにまた足もかぷっとかまれた。以前他の猫にかまれたみたいに、きつくはないけど、なんでこんなにかまれるのかなぁ。。。子供も動物もほとんど即座にとよものことは、自分より下のものとしてあつかうことはまちがいない。
ばんばんばん!
いよいよ明日でおわりのうさぎあんど猫シッターでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です