くれちゃん

くれちゃん、
最初にシッターした時、流血するくらいひどく噛まれ離してくれなかった。
そのときは、とよもは自分のことしか考えてなかったのが、今ではわかるし
くれちゃんが噛むのもわかる。
こっちのつごうで、かまいすぎて
うざい!にゃーったら
といわれたのだわ。そのあとだいぶ怖かった
それからは、相手の気持ちを読むように、いきなりさわったりしないように、声かけしてる。
もう、いつもついてくるしふとんのなかにも入ってくる。
慢性だった便秘も治って、くれちゃんは気分もいいみたいだ。
猫のあのぐるぐるいう音が特別な周波数で人間の体にもいいらしいと、どこかで読んだ、
そういえば、悲しい時でもあのぐるぐるという呼吸のようないやし音をきいてると
なんか、ふんわりらくになるよな。
やわらかい、体といい、頭をすりつけてくる態度といい
やっぱり、猫は助けの神じゃわ。

6 Replies to “くれちゃん”

  1. とよもさん、ご無沙汰してます。幸恵です。相変わらず、素敵な時間を過ごしているんですね。動物の言葉が理解できたら、どんなにいいか〜。って私、いつも思います。動物の気持ち、理解したいなあ〜。ところで、お願いしたい事があって、携帯txt送ってるのですが送れません。😢

  2. 子供の頃に、ドリトル先生の本12巻までもってて、あこがれてた。ねこ肉屋のマシューマグでなくドリトル先生に。

  3. とよもさん、お久しぶりです。誰だかわかるかな?私も道で出会って飼い主がいない三毛猫ちゃんを飼い始めました。夫も私も猫好きだけど飼うのは初めて。3ヶ月経って少しずつ慣れてきました。夜中、朝早く起こされて寝不足ですが、このぐるぐるで癒されています。こんどウチのPoppyに会いにきてくださいね。

  4. わかりまーす。
    元気なゾウさんの猫、フェイスブックで初めて見たとき、とよもが1993ねんから2012年まで一緒に暮らした、キーツとすごい似てたので、他人?のような気がしなく、見るたびにキーツをおもいだしています。ここにもキーツの写真いっぱいあるので、みてみてね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です