そこはかとないけど通じる?

一緒に暮らしてもう1週間、朝ベットに飛び乗ってふみふみする、けどそこでは寝ない。帰ってきて呼ぶと、目の前まではこないけど、探しに行くと階段の踊り場までは来てくれてる。呼んだら、一応知らん顔してからゆっくり寄ってくる。呼ぶと膝に乗ってくれるけど、なでてる手を離せばスーッと降りていく。

ぽつねんと一人で暗い階段の踊り場で空を見つめてるときもある。そんなとき寂しいのか、お父さんをまってるのか、亡くなったポンタのこと想ってるのかと心配して、声をかけると、欠伸したり、体なめたりしてごまかす。今もひとりで3階にいってしまった。そーっとさがしにいくと、とよもの部屋の前で寝てた。なでても壁の方むいたまま、でもぐるぐるは聞こえる。fumifumiいつも、手の中に飛び込んでくるのが気持が通じてる証拠と思うことがまちがえてるんかな。そこはかとなくでも仲良しになれてるから、みみは平和に暮らしてるといえるんかな。それともすごい寂しいままなんかな。。。