ひとりで生きるって?

ひとりで生きる強さの裏側には、誰かといられない弱さがある。弱い自分は、苦手だなと感じるひとと同じ空間にいるだけで、露骨に胃腸が痛くなる。自分で自 分を護ることが難しくなる。ひとりの時間を好むことは、孤独に耐える強さではなく、そうでもしなければ生きていけない自分の弱さだ。

こんなことが、最近よく読んでる『いばや通信』というブログに書いてた。そう?やのんかぁ〜〜

ただいま、ハリーという子犬とくらしてま。子犬はトイレについてくる、寝る時についてくる、寝返りしてもついてくる。

家に帰ると猛烈歓迎。なんで犬はいつも飼い主の事みてるんやろ。猫はそこまでみてないようにおもうけど。といって猫よりも気持ちが通じやすいかというとそうでもない。

それと、シッターいく日にそこにシェアーメイトが決まって二人と一匹で暮らす事に。誰かと暮らせないかどうかここでわかるなぁ。

hurry4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

%d