let it go and let it be

田舎で猫と二人のシッター生活で、なんかおもいのほか積もり積もった感情が出てきたよぉ〜

田舎に行く前、いつも作品置いてくれてたハミングカフェが今年いっぱいで閉店するということで、作品をとりにいった。ここでのたのしみはエスプレッソのはいったバナナジューズ。おしいいー。ともうひとつアニマルメディスンカードというのがおいてあるのでそれをひくこと

今回引いたアニマルはベア。

ベアは一年の体験を昇華するために冬眠、内省。そこには ドリームロッジというところがあり、祖先たちが丸くなって座っていて助言をしてくれるという。ここでの内省で自分の心の動きをよく観察そしてよりよい生き方の気づきを得る。そして目覚め、おいしい蜂蜜を探せる強さを持つ。

 

年末に、どうでもいいようなことに凄く腹が立って、なにこれ?なんでこんなにムカつくん?と自分でもその怒りのエネルギーが不思議やったけど。それは一週間以上つづいて、ある日消えて無くなった。

ぽわーん。

なんでそんなに強い怒りが湧いてきたんか考えたら、それはのけ者にされてる感、ないがしろ感やった。

昔のはなし。中学生の時3にんともだちで、でもある日公園を通った時他の二人が遊んでるのを見て、誘ってもらえなかった自分がかなしかった、そういうことはたびたびとよもに起こってた。テニスクラブでペアを組み時もとよもはひとりになり、他の子がペアになろうと言ってくれても拒否して最後に先輩に決められた人とペアになったけど、なぜかとよもはその相手にうちとけないで、嫌な態度とってたなぁ。。

結局自分の悲しみとか怒りを、他人に静かにぶつけることでうっぷんはらしたり、夜に部屋の窓から叫んだりしてたなぁ。。。でもそれでは相手が悪いと思うまま解決にはなってないまま今に至るということ。

ここで、数日前に友達が教えてくれた動画を見る

【許し】2019年最後の言葉  びこWorld

なるほど、これはたとえも現実的ですごいよくわかる。

内省ーわいてきた感情の意味を探ってなにが自分の地雷になってるか理解してそういう考えかたからおさらばする。具体的にはのけ者感を感じた時相手をわるものにすると自分は救われる。傷ついた自分にたいして相手に罪悪感をあたえたいから怒る。

でもそのままやったら相手が悪いというねばねばなおもい(執着感)をずっと持って生きることになる。

ねばねばは相手でなく自分がだしてるやん。。。じぶんでじぶんをくるしめてる、それはすごいあほらしいこと。

なのでそこから出て新しい次元に行く。ゆるすってあいてのことについてとちがう、自分のねばねばをさっと掃除してキレイで快適なところにするということやった。

ぴこwolrd(上のリンク)によると許さないのは相手を悪者にして自分のエゴを満足させること。許すことはすなわちすべては自分のつくったこととわかってエゴをすてることによって、自分にパワーをあたえ自分の仲で調和が取れることになり、そのパワーで新しいところに進んで行けるらしい。

この動画見たのは、なんでかわからず怒りが消えてるやんって感じたあと。

きっととよもは寝てる間に、ドリームロッジに行って、そこでエルダーたちからいろいろな助言をもらってきたにちがいない。。。

 let it go ほんで let it be

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です