らしい?らしい?って

自分らしいって、なに?

分かってるっておもてた自分のことがほんまはわかってなかったという発見

もんちゃんありがとう(もんちゃんはinsutagram森田料理教室の哲学者的会話ができる息子さん)。

 

とよもは現実ドラマに翻弄されてて、その中で問題解決するまで色々頑張ったり苦しんだりしてたけど
結局みんなが違うしそれはそれでええし、進んで自分から人のことに口出しして新たなドラマ作らんでもでもええし
人がどんなふうに自分に接してもそれは自分の問題でもないから
へぇ、そうなんやとおもうだけでええんや。
今まではその子のためやとか思いながら忠告とかして
本当は自分が優位に立つ気持ち味わいたかったんやと思う。。。きゃーー
なんでそうなるのか、そのわけがわかった。
自分の小さいときから考えたら、
引っ込み思案で自分の意見とかほとんど言えなく
自分から友達にしゃべりかけることも不得意で
それで仲間はずれとかでいろいろ不安がつもってて
大人になっても愛されてない感持ち続けてた
ほんで、やっとアートとかデザインので仕事で稼げるようにはなったけど
仕事では人のうえに立つといつも厳しく下の子のきびしく詰め寄ったり、
自分の考え絶対曲げない(そのときはそれが正しいとおもてた)で問題起こしてたなぁ。相手が悪いと思うことで自分を守ってた
子供のときから積み上げた自分はダメやって考えは今までずっともってたから
いろんな方法で、いい子やなーとか言われるように仮面被って頑張るか。
いろんなシーンで、教えるという疑似餌さで、
自分が偉いという権力を振り回してた。
でもその下には不安や怒りもあったから
ここで出せる!というときにがっつり怒りが大噴火てしまい、
あらまぁひどい人!という人生。
でもそれは、愛されないこのままの自分ではだめと
強い自己否定があったから。
小さい頃はコミニュケーションが苦手だったので
はなしもしないでひとりでいて、意地悪な子にいじめられたりしてた
それは3人兄弟でいつも自分だけ成績わるくて肩身の狭い思いかってにつのらせてたから。
ほんで昨日、自己否定すてた。
自分が自分好きにならな幸せなんかありえへんことが腑に落ちて
おもわす手を叩いた。
ぱん!
これは自分の人生のはじまりかもめ。
今はいままでの自分を大変やったなって愛せるし、
もう人生ドラマからなるべく抜けてみんなひとつの楽しい生活おくるわ。笑
あーやっと自分の怒りの原因がクリアにわかってよかった。

いまおもてる自分は自分が体験したことから出来てる。

 

嫌なことだけがくっきり残ってて

自分は繊細で傷つきやすいとおもてたけど、それは多分いつも

注目から外されてるのではという不安

もしくは全然違うバイブレーションの人が周りにいると、そのなかに入って行けずにその状態をのけものと考えてしまっているネガティブ思考。そして傷ついたと感じる。そのままとじこもり、最後はやりばのない怒りがうまれてくる。。。

ずっと離れてた自分のブログを今見直して、今必要なことを過去の自分が教えてくれてる不思議。。。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

%d